サライ.jp

日本の児童精神科医学のパイオニア・佐々木正美先生。半世紀以上にわたり、子どもの育ちを見続けながら子育て中の親たちに寄り添ってきた先生の著作や言葉には、子育てだけでなく人生を幸せに生きるための道標がたくさん残されています。この連載では、その珠玉のメッセージを厳選してお届けします。

構成・文/山津京子
転職を繰り返す若者たち【人生のおさらいをするために~児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

お孫さんが転職を繰り返しているとしたら、それは小学生時代に同世代の友だちとたくさん遊んでいないからかもしれません。

近年、勤め始めてすぐに会社がいやになり、仕事を辞めてしまう若者が増えています。そして、それを繰り返しているうちに、社会からドロップアウトしてしまうこともしばしばあります。

私はそうした若者たちにこれまで精神科医として何人も会ってきました。

そんな彼らが私に話すのは、「会社が合わなかった」「自分に合う仕事ではなかった」というような言葉です。

彼らはまじめで、働きたい気持ちはあるのです。しかし、会社に溶け込めず、勤勉に働くことができないのです。

その多くの原因は、小学生時代(学童期)に学ぶべきだった「勤勉性」を身につけていないことにあります。

「勤勉性」とは、まわりの人や社会から期待されていることに対して、自発的に、しかも習慣的に行動ができることです。まわりの人から強制されるのではなく、自発的に行動できる。しかも、やったりやらなかったりということではなく、社会から期待される活動を、習慣的に取り組むことができるというのが、「勤勉性」です。

人はこうした「勤勉性」を獲得することで、社会的な人格を成熟させていけるのです。

ここでいう成熟とは、人間同士の関係性を育むことであり、人間が相互に協力し合ってつくりあげてきたルールなどを守り合うという能力なども含んでいます。

「勤勉性」は幼稚園や小学生時代に、たくさんの友だちと接することで身につきます。

では、どうしたら「勤勉性」が身につけられるかといえば、それは、小学生時代に大人からではなく、たくさんの友だちと出会い、接して、そうした友だちから社会で生きていくために必要なものを与えられ、自分自身も与える体験を積み重ねていくことが必要です。

それは、例えば昆虫の飼い方だとか、サッカーボールの蹴り方だとか、算数問題の解き方だとか、なんでもいいんです。遊びだって、勉強だってなんでも構わない。友だちとの会話をするだけでもいいんです。

重要なのは、そうした体験を数多く重ねることです。

小学生時代に友だちから学ぶべきことは、「質より量」。

大人の頭や価値観で考えるような立派なことでなくていいんです。友だちからはどれだけたくさんのことを教えられ、友だちにどれだけ多くのことを教えることができるかという点が大事です。

こうした体験が豊富になればなるほど、人間というのは、人を信じる感情や自分自身を信じる機能を大きくしていくことができ、社会的機能を果たしていく力=「勤勉性」を育んでいくことができるんですね。

「勤勉性」を身につけた子どもは、社会で成熟して生きていくことができます

「勤勉性」を身につけた子どもは、社会人になったとき、職場の同僚や先輩、上司と自然な交わりができます。だから、自分に期待されていることができなかったり、わからないことがあったなら、自ら職場の仲間に聞くことができます。

また、会社や社会が自分に期待していることを理解して、習慣的に努力をすることができるので、どんな職場にもある程度なじんで、仕事をすることができます。だから、安易に転職をしたりしないんですね。

しかし、仲間と学び合い、教え合う経験が乏しい「勤勉性」を身につけていない若者は、自分に期待されていることができなかったり、わからないことがあったとき、誰にも相談できずに、悩みを話すこともできません。そして、そういった思いが大きくなって会社を辞めてしまうわけです。

そうして、そのようなことを何度も繰り返していくうちに、「会社が、社会が悪い」と考えるようになってしまう。彼らの中には、やがて「ひきこもり」や「ニート」になってしまうケースもあります。

子どもの友人関係には口を挟まない。さまざまなたくさんのお友だちと遊ばせてあげてください。

いまの親たちは、子どもの友だち関係についてあれこれ意見を言って、つきあいを制御することが多いですね。でも、それは社会で生きていくために不可欠な「勤勉性」の芽を摘んでいるのと同じです。

学童期にたくさんの友だちと遊んだ子どもは、やがて思春期になったとき、友だちを見る目が育ち、自分の性格や好みに適した友だちと上手につきあうことができるようになります。

「親」という字は、「木に立って見る」と書きますが、それは親の役割というものをよく表していると思います。

友だちと楽しそうに遊ぶ子どもの姿を見守ること。それこそが、親のもっとも重要な役目です。

この重要性を、祖父母の皆さんは、子どもを持つ親たちに伝えてあげていただきたいですね。子育てを一度経験したおじいちゃんやおばあちゃんだからこそ、伝えられることだと思うんです。

ただし、お孫さんが小学生時代に友だちとたくさん遊ぶためには、乳幼児期に「根拠のない自信」を持つことが必要です。

「根拠のない自信」とは、心理学的には「基本的信頼感(ベーシックトラスト)」と言って、自分を信じて生きていく力を持つことです。

そのためには、何度も言いますが、乳幼児期に子どものありのままを受容して、たっぷり甘えさせてあげることが必要です。

「根拠のない自信」を身につけた子どもは、相手を信じられ、その人の気持ちを思いやることができるので、多くの友だちと上手につきあい、交流することができるからです。

乳幼児期や小学生時代に十分に愛され、友だちと遊べなかった子どもは、やり残したことを、思春期、青年期になってからでも取り戻そうとします。

その変形したあらわれが、仲間との暴走とか、ブランド商品へのあこがれです。また、きわめて親しい人以外の人とつきあうのが、不安や苦痛になるというパーソナリティーを持つこともあります。

だから、乳幼児期に子どもをたっぷり甘えさせてあげることは、子育てにおいて本当に大事なことなんです。

このことも祖父母の方々は、子育てをしている娘さんや息子さんたちに伝えていただきたいと思います。

佐々木正美『人生のおさらい 自分の番を生きるということ』佐々木正美(ささき・まさみ)
児童精神科医。1935年、群馬県前橋市生まれ。新潟大学医学部卒業。ブリティッシュ・コロンビア大学留学後、国立秩父学園、東京大学、東京女子医科大学、ノースカロライナ大学などにて、子どもの精神医療に従事する。臨床医として仕事をする傍ら、全国の保育園・幼稚園・学校・児童相談所などで勉強会、講演会を半世紀以上にわたりつづけた。2017年没。深い知識と豊富な臨床経験に基づいた育児書は、いまも子育てに悩む多くの親たちの信頼と支持を得ている。『子どもへのまなざし』《正・続・完》(福音館書店)、『育てたように子は育つ』(小学館文庫)、『ひとり親でも子どもは健全に育ちます』(小学館)など著書多数。

『人生のおさらい 自分の番を生きるということ』
著/佐々木正美 書/相田みつを 監/相田一人 小学館刊
人生のおさらい 自分の番を生きるということ
佐々木正美が語る幸せな人生のしめくくり方

癒やしの精神科医が、81歳を迎えた自身の人生を振り返りながら、人生の終盤をいかに生きるかを、相田みつをの言葉と書にのせて綴る。
巻末には、相田みつを美術館館長が語る「父・相田みつをと佐々木正美さん」を収録。

詳しい情報はこちら

構成・文/山津京子(やまつ・きょうこ)
フリーランス・ライター&編集者。出版社勤務を経て、現在に至る。主に育児・食と旅の記事を担当。佐々木正美氏とは取材を通して20年余りの交流があり、『ひとり親でも子どもは健全に育ちます』(小学館)、『人生のおさらい 自分の番を生きるということ』(小学館)の構成を手掛けた。

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
9月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア