新着記事

もしお孫さんが「もの」ばかり要求するとしたら、心が満たされていないからです。【人生のおさらいをするために~児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

子どもの心は日々の食事で満たされる【人生のおさらいをするために~児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

新型コロナウイルスで外出自粛、巣ごもり消費で増えたもの、減ったもの

【ビジネスの極意】優秀な若手社員はなぜ退職するのか?

【ビジネスの極意】優秀な若手社員はなぜ退職するのか?

時代を超えて大きな説得力を持つ言葉の数々|『倉本聰の言葉 ドラマの中の名言』

時代を超えて大きな説得力を持つ「倉本聰の言葉 ドラマの中の名言」

【ASD(自閉症スペクトラム)と子育て実態調査】ASD理解ギャップ編|ASDに対する認知・理解の実態とそのギャップについて

その特性が正しく理解されていない「ASD(自閉症スペクトラム)」と子育ての実態

大人女子の半数が「イボに悩んだ」経験あり! 30歳以上の女性が選んだ対処法と理想の対策

(1)ビル・エヴァンス『自己との対話』(ヴァーヴ) 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ) 録音:1963年2月6、9日、5月20日 最初の試みを「3台」で考えたところがじつに大胆。バラードの「ラウンド・ミッドナイト」などはピアノ3台では少々賑やかすぎる感じも受けますが、どうせやるなら狙いは明確に出そうということでしょう。なお、このアルバムはエヴァンス初のグラミー賞受賞作品となりました。

ビル・エヴァンスが3人いる!? 「自己との対話」という挑戦【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道48】

【瞑想に興味のある女性1,053人に聞きました!】実際に瞑想したことがある?、ない?

瞑想に興味がある女性1,053人に聞いた「瞑想と出会ったきっかけ」

50歳以上は対策が必要⁉ 免疫力を上げるために効果的なこと

味噌カレー牛乳ラーメン

【管理栄養士が教える減塩レシピ】 食事にも牛乳を取り入れて上手に減塩!「じゃがいもとアスパラのグラタン」「味噌カレー牛乳ラーメン」

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

思春期のお孫さんのいらだちは順調に育っている証です【人生のおさらいをするために~児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

日本の児童精神科医学のパイオニア・佐々木正美先生。半世紀以上にわたり、子どもの育ちを見続けながら子育て中の親たちに寄り添ってきた先生の著作や言葉には、子育てだけでなく人生を幸せに生きるための道標がたくさん残されています。この連載では、その珠玉のメッセージを厳選してお届けします。

構成・文/山津京子

思春期はなぜいらだつのか【人生のおさらいをするために~児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】
思春期のいらだちは順調に育っている証です。思春期のお孫さんの変わりように戸惑わないでください。

今回は、子どもが育つなかで、思春期とはどういうものなのかということをお話しようと思います。

小さいころは甘えて、親にべったりだった子どもが、中学生ぐらいになって第二次成長期に入ると、無口になって家族と口をきかなくなったり、ちょっとしたことでいらだち、乱暴な言葉を言い放ったりして、その荒れた変わりように不安になる親が多いものです。

子育てを経験した祖父母世代なら、その時期の子どもがどんなふうだったのか、そして、そうした子どもと接する親の気持ちもよくわかるのではないでしょうか。

けれども、そうした行動をするのは、子どもが正常に成長し、無事思春期に入った証拠で、心配する必要はありません。

むしろ、その荒れようを子どもの周囲にいる親や祖父母は、喜ぶくらいの気持ちで見守ってほしいと私は思います。

思春期は自分についてのさまざまなことに思い悩む季節です。

思春期に入ると、子どもは自分が将来どんな人間になりたいのか悩むと同時に、どういう人間になれるのかということに思い悩みます。

そのため、この期間の子どもは高望みをして、誰もが背伸びをしたり、多少無理をして自分の個性を追求しようとしたりして、葛藤の日々を過ごします。

そうして少しずつですが、自分の理想と現実の自分というものを比べ、いい意味で折り合いをつけていき、最終的に自己を確立していくのです。

「自分はどんな個性をもった人間だろうか」
「どんな特徴や能力があるのだろうか」

そんなふうに自身のことを見つめて、「自分は将来どんな社会的役割を負うことができるのか」「どんな職業選択が可能なのか」ということも考えるのです。

そして、ときにはなりたいものになれない自分にも気づく。

だから、苦しんだり、いらだちやすかったり、親の発言に対して高圧的な態度をとったりするわけです。

しかし、こうしたとまどいを経験する中で、子どもは「自分というもの」=「アイデンティティー」を確立していくことができます。

思春期は子どもが成長していく過程で欠かせない通過点であり、ひとつの儀式ともいえる時間なんです。

アイデンティティーは、親でなく友だちとふれあいながら確立していく

では、思春期の子どもがどんなふうにアイデンティティーを確立していくかといえば、それは、自分に対して客観的な目を持つ他者という存在を通して行なわれます。

具体的には、自分と価値観を共有できる友だちとの交流によって、自己を認識していくのです。

自分と親しくしている友だちが自分の能力や個性に対してどのような評価を下してくれるのか、思春期にその反応をたくさん得ることで、自分はどんな人間なのかが少しずつわかってくるんですね。

いわば友だちというのは、客観的に自分を洞察するための鏡みたいな存在なのです。

祖父母世代の方たちも、かつての自身の思春期を思い返してみてください。

中学生から高校生にかけては仲間や親友と呼べるような友だちができて、長電話をしたり、学校で放課後ずっと話をしたりして親密な関係を持っていませんでしたか。

でも、そうした関係を重ねながら、子どもたちはお互いを認め合い、ときには困難な壁を一緒に乗り越える。そして、もしその壁を乗り越えることに失敗しても、挫折することなく、友とアイデンティティーを補強し合いながら成長していくことができるのです。

気の合う仲間とふれあうことは、いわばアイデンティティーを得るためのプロセスなのです。

いまは、中学生が部活のあとや塾帰りなどにコンビニエンスストアの前や公園などで、友だちと遅くまで話し込んでいる場面に出逢うことがありますが、あれは友だちと過ごす時間が少なくなってしまった現代の子どもたちの少しでも長くみんなといっしょにいたいというあらわれではないでしょうか。

思春期の子どもには、意見は言わずに黙って見守ることが大切です。

だから、こうした思春期の子どもに対しては、親は黙ってじっとその子を見守ってあげることが大切です。

なぜなら、この時期に子どもが悩んでいる問題は、親が意見を言ったとしても解決できるような問題ではないからです。そして、そのことは子ども自身がいちばんよくわかっています。

だから自分の問題に親から口出しされればされるほど、子どもはわずらわしく、うっとうしく思い、最悪の場合はそのいらだちが家庭内暴力となってしまうこともあるのです。

もし、子どもがいらだつ姿を目にしたら「ああ、この子は苦しんでいる、葛藤しているのだな」と思い、黙って見守ってあげてほしいですね。

子どもが何か尋ねてきたら、そのことに一生懸命答えてあげればいいと思います。しかし、求められていないのに、心配したり意見を言ったりする必要はありません。

親がすべきことは、ただひとつだけ。「見守っているよ」というメッセージを子どもに伝えていくことです。

そうすることで、大嵐のあとに快晴の日々が訪れるように、子どもの心が安定する時期は必ずやってきます。

そうして、荒れた日々を送った子どもというのは、社会と自分との接点も見出すことができるようになります。そのため、ニートやひきこもりにはなりません。

だから、親や周囲のご家族は、子どもの想い悩む姿を嘆かずに、むしろ、その時期を楽しむぐらいの気持ちで見守ってほしいのです。

思春期のお孫さんに意見してばかりいる息子さんや娘さんを見かけたら、おじいちゃんやおばあちゃんは、今まで解説してきたことを伝えていただきたいですね。

息子さんや娘さんの思春期を見守ってきた祖父母世代だからこそ言える、メッセージやアドバイスがあるんじゃないでしょうか。

思春期に親密な友人をつくるためには、学童期にたくさんの友だちとふれあい、遊ぶ体験が必要です。

ただし、思春期に親密な友だちをつくるためには、小学生時代にいろいろな友だちと遊びながら、さまざまな経験をしておくことが必要です。

小学生時代に広く浅く、友だちと多くの経験をして、友だちに教えたり、教えられたりしていくうちに、自分はどういった仲間と意見が合うのか、価値観の波長が合う友だちというのはどんな人間なのかがわかるようになり、思春期に入ってから、自分と合う人間と深くつきあうことができるようになるからです。

ですから、小さなお子さんがいる家庭では、小学生のうちにできるだけたくさん、さまざまな友だちと遊べる環境づくりをしてほしいですね。

もし仮に、多くの友だちと接して遊ぶ体験が乏しく、思春期に気の合う仲間を探せない、つくれない場合は、精神神経症や心身症に陥るケースもあります。

佐々木正美『人生のおさらい 自分の番を生きるということ』佐々木正美(ささき・まさみ)
児童精神科医。1935年、群馬県前橋市生まれ。新潟大学医学部卒業。ブリティッシュ・コロンビア大学留学後、国立秩父学園、東京大学、東京女子医科大学、ノースカロライナ大学などにて、子どもの精神医療に従事する。臨床医として仕事をする傍ら、全国の保育園・幼稚園・学校・児童相談所などで勉強会、講演会を半世紀以上にわたりつづけた。2017年没。深い知識と豊富な臨床経験に基づいた育児書は、いまも子育てに悩む多くの親たちの信頼と支持を得ている。『子どもへのまなざし』《正・続・完》(福音館書店)、『育てたように子は育つ』(小学館文庫)、『ひとり親でも子どもは健全に育ちます』(小学館)など著書多数。

『人生のおさらい 自分の番を生きるということ』
著/佐々木正美 書/相田みつを 監/相田一人 小学館刊
人生のおさらい 自分の番を生きるということ
佐々木正美が語る幸せな人生のしめくくり方

癒やしの精神科医が、81歳を迎えた自身の人生を振り返りながら、人生の終盤をいかに生きるかを、相田みつをの言葉と書にのせて綴る。
巻末には、相田みつを美術館館長が語る「父・相田みつをと佐々木正美さん」を収録。

詳しい情報はこちら

構成・文/山津京子(やまつ・きょうこ)
フリーランス・ライター&編集者。出版社勤務を経て、現在に至る。主に育児・食と旅の記事を担当。佐々木正美氏とは取材を通して20年余りの交流があり、『ひとり親でも子どもは健全に育ちます』(小学館)、『人生のおさらい 自分の番を生きるということ』(小学館)の構成を手掛けた。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. もしお孫さんが「もの」ばかり要求するとしたら、心が満たされていないからです。【人生のおさらいをするために~児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】 子どもの心は日々の食事で満たされる【人生のおさらいをするために~…
  2. 転職を繰り返す若者たち【人生のおさらいをするために~児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】 お孫さんが転職を繰り返しているとしたら、小学生時代に友だちとたく…
  3. エリクソンのライフサイクル【人生のおさらいをするために――児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】 エリクソンの「ライフサイクル・モデル」は、人生を幸せに送るための…
  4. 孫と祖父母の関係【人生のおさらいをするために――児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】 お孫さんをかわいがってあげてください。とてもいい子に育ちます【人…
  5. 人間関係が幸せの道すじ【人生のおさらいをするために――児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】 人間は人間関係の中でしか、自分の存在や価値を見出せない【人生のお…
PAGE TOP