新着記事

新型コロナウイルスによる「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

新型コロナウイルスの「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

アスパラの豆乳レモンクリームスパゲティ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガスを使ったレシピ2品

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態調査

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態

樺細工の三段小ダンス|2種の桜の皮を使い豊かな表情。手練の樺細工職人が丹精込めた

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【もう君はいない】妻の病から逃げ続けた、ある男の後悔。妻が最後に言った「わがまま」とは……~その2~

取材・文/沢木文

結婚25年の銀婚式を迎えるころに、夫にとって妻は“自分の分身”になっている。本連載では、『不倫女子のリアル』(小学館新書)などの著書がある沢木文が、妻と突然の別れを経験した男性にインタビューし、彼らの悲しみの本質をひも解いていく。

お話を伺った、花岡哲司さん(仮名・65歳・会社役員)の1歳年上の妻が、乳がんで64歳の生涯を閉じたのは2年前のこと。

【その1はこちら】 

手術後の経過は悪くなかったが……

しこりがあるとわかってから通院を続けていた妻は、それから乳房の切除手術を行うことになった。

「一切の相談をしなかったんですよ。さらっと『パパ、明日から手術だから』って言う。何も知らないから仕事も入れている。妻の妹が医師の説明などに同席し、同意書も書いたという。『切った方がいいというから。それから放射線療法と、抗がん剤治療だって。すぐに家に帰ってくるから大丈夫』と言う」

多忙を極めていた哲司さんは、「まあ妻のことだから大丈夫だ」と思い、仕事に集中した。退院後も、「妻は私がいると気を遣ってしまう。だから、なるべく家にいないようにしよう」と夜中まで帰らない日々を続けた。

「妻は、茶道、着物、ダイビングなど趣味の活動も積極的に行っていた。乳がんは、術後の体調がいいケースが多く、妻は日常を取り戻していき、とても安心した。私が家にいないほうが、妻が楽しく過ごせると思った」

経営者とはいえ、還暦近くの男性が、徹夜状態で仕事をしていたのか……と聞くと、そうではないという。

「妻の病気から逃げていた。これは本当に申し訳ないと思う。乳房がなくなり、髪も生えそろわず、痩せている妻を見ていると、どうしても泣いてしまう。私にとって妻は心の支えだった。切除だとわかってから、私なりに乳がんを調べたら、再発や転移が命取りになると知った。だから、怖くて向き合えなかった。私は、ある宗教団体にお願いして、お祈りしていたんです」

【妻の病気から逃げる過程で、妻を大きく裏切ってしまう。次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【もう君はいない】山に登れば今もあなたに会える……大好きだった妻…
  2. 【もう君はいない】山に登れば今もあなたに会える……大好きだった妻…
  3. 【もう君はいない】半年前「コロナ禍」を知らずに逝った妻。笑顔と愛…
  4. 【もう君はいない】半年前「コロナ禍」を知らずに逝った妻。笑顔と愛…
  5. 【もう君はいない】妻の病から逃げ続けた、ある男の後悔。妻が最後に…
PAGE TOP