新着記事

明智光秀像 滋賀県・坂本城址公園

明智光秀の妻【にっぽん歴史夜話26】

83歳にして現役。「見終わって、字なんて読んでいないような意識、あたかも主人公たちが自分のわかる言葉で喋しやべったような錯覚を起こさせるのが“いい字幕”です」

【インタビュー】戸田奈津子(字幕翻訳家・83歳)「人間って、感情の動物だもの。エモーションを揺すぶられないとつまらないですよね」

尾張統一に10年以上かかった信長。

織田信長 苦難の尾張統一への戦いが始まる【麒麟がくる 満喫リポート】

【義家族との間】両親と義両親が結託した離婚阻止。家庭内別居は6年を経過~その2~

【義家族との間】両親と義両親が結託した離婚阻止。家庭内別居は6年を経過~その1~

医師が教えるパンデミックからの護身術! 今できる新型コロナウイルス対策

医師が教える、今できる新型コロナウイルス対策|「暮らしの中での感染予防」5つのポイント

「定年70歳以上」は元気で健康的でいるためのチャンス!|『新装版 学術的に「正しい」若い体のつくり方 - なぜあの人だけが老けないのか?』

学術的に「正しい」若い体のつくり方|老けない、病気にならないための食事のコツ

【子どもの自宅待機】子どものYouTube利用は7割・2人に1人が1日2時間未満の利用

新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大(オーバーシュート)対策を阻む「困った人たち」について(前編)【異文化リテラシー レッスン3】

新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大(オーバーシュート)対策を阻む「困った人たち」について(前編)【異文化リテラシー レッスン3】

今話題の“高級食パン”、 最も食べている都道府県は?|食パンの気になるあれこれを調査

“高級食パン”食べたことある人は5割以上⁉ 食パンの気になるあれこれ

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【もう君はいない】専業主婦だった妻の異変に気付いた夫。妻の身辺調査を依頼された探偵が出した報告書の衝撃~その2~

取材・文/沢木文

結婚当初は他人だった。しかし、25年の銀婚式を迎えるころに、夫にとって妻は“自分の分身”になっている。本連載では、『不倫女子のリアル』(小学館新書)などの著書がある沢木文が、死や離婚など、妻と突然の別れを経験した男性にインタビューし、彼らの悲しみの本質をひも解いていく。

お話を伺った、大石光男さん(仮名・62歳・会社役員)の7歳年下の妻に異変があったのは1年前。外出の回数が増え、帰宅が遅くなったことで、探偵に素行調査を依頼。見知らぬ男性と笑顔で歩く妻がいた。

【その1はこちら】 

専業主婦なのだから、食事を作って当たり前

探偵の報告してきた動画には、見知らぬ男性と「ホーッホッホッ」と特徴的な明るく大きな声で笑う妻の声も録音されていた。

「結婚する前、彼女はよく笑っていたんだけれど、3人の息子の子育てと家事に追われるうちに、前のようには笑わなくなってしまった。でも妻には経済的に何一つとして不安を与えていない。やりたいことは何でもさせて、ほしいというものは何でも買ってやった。ママ友とやらに『大石さんはいいわね~』と言われたと何度も言っていた」

妻の行きたいところはどこにでも行かせる。ただし、食事の支度をしていれば。

「それは専業主婦なんだから当たり前。それにウチの妻は料理が好きなんだ」

大石さんの息子たちは、29歳、27歳、24歳。今では全員一人暮らしをしている。子供たちが巣立ってから、妻は若返り始めた。

「あれは男ができたからなんだとわかった。探偵に頼んでよかったと思う反面、30年間、家庭を温かく守ってくれた妻はもう戻ってこない。分かれ道はどこにあったのか、全くわからない」

妻が浮気していた相手は、妻がかつて勤務していたファンクラブ運営会社の同僚ではないかと推測している。

「追加でその男の素行を調べる見積もりをとったら200万円と言われてやめたよ。妻の浮気の事実は消せないからね。相手は背が高く50代前半くらいの優男でね、ピンク色のセーターなんか着て、キザったらしい感じのヤツだよ」

写真を見せてもらうと、すらりとした長身で、軽くパーマをかけた栗色の髪の男性が映っていた。コートは英国ブランドのもので、温かそうで上品。洗練された優雅な雰囲気をまとっており、女性からモテそうだ。

「こいつなら女性を選びたい放題だろうに、なぜ妻なんだ。妻はとっくに閉経を迎えているし、57歳で3人の息子を産んでいて、お腹もたるんで、背中にたっぷり肉も付いている。本当にただのオバサン」

息子たちが巣立ち、穏やかな生活を2人で送ろうとしていた矢先にわかった妻の浮気。活動的で明るく社交的、よき母で貞淑な妻だった妻はもういない。

妻の浮気がわかった日から、猛烈な浪費が始まった…次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【もう君はいない】妻の病から逃げ続けた、ある男の後悔。妻が最後に…
  2. 【もう君はいない】妻の病から逃げ続けた、ある男の後悔。妻が最後に…
  3. 【もう君はいない】専業主婦だった妻の異変に気付いた夫。妻の身辺調…
  4. 【もう君はいない】「行ってきます」が永遠の別れ、事故死した妻と悲…
  5. 【もう君はいない】「行ってきます」が永遠の別れ、事故死した妻と悲…
PAGE TOP