新着記事

明智光秀像 滋賀県・坂本城址公園

明智光秀の妻【にっぽん歴史夜話26】

83歳にして現役。「見終わって、字なんて読んでいないような意識、あたかも主人公たちが自分のわかる言葉で喋しやべったような錯覚を起こさせるのが“いい字幕”です」

【インタビュー】戸田奈津子(字幕翻訳家・83歳)「人間って、感情の動物だもの。エモーションを揺すぶられないとつまらないですよね」

尾張統一に10年以上かかった信長。

織田信長 苦難の尾張統一への戦いが始まる【麒麟がくる 満喫リポート】

【義家族との間】両親と義両親が結託した離婚阻止。家庭内別居は6年を経過~その2~

【義家族との間】両親と義両親が結託した離婚阻止。家庭内別居は6年を経過~その1~

医師が教えるパンデミックからの護身術! 今できる新型コロナウイルス対策

医師が教える、今できる新型コロナウイルス対策|「暮らしの中での感染予防」5つのポイント

「定年70歳以上」は元気で健康的でいるためのチャンス!|『新装版 学術的に「正しい」若い体のつくり方 - なぜあの人だけが老けないのか?』

学術的に「正しい」若い体のつくり方|老けない、病気にならないための食事のコツ

【子どもの自宅待機】子どものYouTube利用は7割・2人に1人が1日2時間未満の利用

新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大(オーバーシュート)対策を阻む「困った人たち」について(前編)【異文化リテラシー レッスン3】

新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大(オーバーシュート)対策を阻む「困った人たち」について(前編)【異文化リテラシー レッスン3】

今話題の“高級食パン”、 最も食べている都道府県は?|食パンの気になるあれこれを調査

“高級食パン”食べたことある人は5割以上⁉ 食パンの気になるあれこれ

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【もう君はいない】専業主婦だった妻の異変に気付いた夫。妻の身辺調査を依頼された探偵が出した報告書の衝撃~その1~

取材・文/沢木文

結婚当初は他人だった。しかし、25年の銀婚式を迎えるころに、夫にとって妻は“自分の分身”になっている。本連載では、『不倫女子のリアル』(小学館新書)などの著書がある沢木文が、死や離婚など、妻と突然の別れを経験した男性にインタビューし、彼らの悲しみの本質をひも解いていく。

お話を伺った、大石光男さん(仮名・62歳・会社役員)の7歳年下の妻に異変があったのは1年前。外出の回数が増え、帰宅が遅くなったことで、探偵に素行調査を依頼。見知らぬ男性と笑顔で歩く妻がいた。

夫の食事の用意をしなくなった妻

「それまでも社交的な人で、外出はよくしていたんだけれど、遅くても19時には帰ってきていた。1年くらい前から、22時、24時と徐々に遅くなっていった。それまでは、何があっても僕の夕飯を用意していたのに、それもなくなった」

朝・昼・夜の食事は、なるべく妻の作ったものを食べたい、と続ける光男さん。

「それは妻として母として当たり前のことだと思う。ウチの息子たちは3人とも有名な国立大学に行っているんだけれど、それは妻が毎日、食事の支度をして、いい加減なものを食べさせなかったからだと思う。誤解されては困るんだけど、妻に食事の支度を強制していたわけではない。それに、妻にも都合があることもわかっているから、友達とのランチや外食など自由に行かせてあげていたよ」

妻は結婚30年間、専業主婦をしていた。32歳の光男さんが、当時勤務していた会社の近くのフルーツパーラーで働いていた妻を見初めたのだ。

「妻は短大卒業後、千葉県内にある信用金庫に就職するも1年で辞めて上京。その後、いろんな仕事をして、あるアーティストのファンクラブを運営する会社に落ち着いた。出会った頃は、そのアーティストの人気に陰りが見えて、給料も出勤時間も減らされた。そこでフルーツパーラーで働き始めて2か月目に僕と出会ったんです」

当時25歳の妻は美しく、華やかだった。

「僕の周囲にいた女性は、自分で稼いでるというプライドがあり、自立している人が多かった。でも、妻は食べたいものや欲しいものを僕にねだってきた。それがとても新鮮で楽しかった。僕は小金を持っていたから、好きな女にお金を使うのが楽しく、ますます好きになってしまった」

光男さんは東京都北区で生まれ育つ。名門都立高校から、有名な私立大学に進学。卒業後、証券会社に勤務するも、バブル経済が終わる直前に会社をスパッと辞める。営業マネージャーをしていた経験で、人材マネージメント会社を起業。その後、会社を買収しながら拡大していく。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【もう君はいない】妻の病から逃げ続けた、ある男の後悔。妻が最後に…
  2. 【もう君はいない】妻の病から逃げ続けた、ある男の後悔。妻が最後に…
  3. 【もう君はいない】専業主婦だった妻の異変に気付いた夫。妻の身辺調…
  4. 【もう君はいない】「行ってきます」が永遠の別れ、事故死した妻と悲…
  5. 【もう君はいない】「行ってきます」が永遠の別れ、事故死した妻と悲…
PAGE TOP