新着記事

犬の散歩は犬のためだけに行うのではない。人の健康にも大きな効果。

犬は最高のパーソナルトレーナー。犬の散歩は人の健康寿命を延ばす

明智光秀像 滋賀県・坂本城址公園

明智光秀の妻【にっぽん歴史夜話26】

83歳にして現役。「見終わって、字なんて読んでいないような意識、あたかも主人公たちが自分のわかる言葉で喋しやべったような錯覚を起こさせるのが“いい字幕”です」

【インタビュー】戸田奈津子(字幕翻訳家・83歳)「人間って、感情の動物だもの。エモーションを揺すぶられないとつまらないですよね」

尾張統一に10年以上かかった信長。

織田信長 苦難の尾張統一への戦いが始まる【麒麟がくる 満喫リポート】

【義家族との間】両親と義両親が結託した離婚阻止。家庭内別居は6年を経過~その2~

【義家族との間】両親と義両親が結託した離婚阻止。家庭内別居は6年を経過~その1~

医師が教えるパンデミックからの護身術! 今できる新型コロナウイルス対策

医師が教える、今できる新型コロナウイルス対策|「暮らしの中での感染予防」5つのポイント

「定年70歳以上」は元気で健康的でいるためのチャンス!|『新装版 学術的に「正しい」若い体のつくり方 - なぜあの人だけが老けないのか?』

学術的に「正しい」若い体のつくり方|老けない、病気にならないための食事のコツ

【子どもの自宅待機】子どものYouTube利用は7割・2人に1人が1日2時間未満の利用

新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大(オーバーシュート)対策を阻む「困った人たち」について(前編)【異文化リテラシー レッスン3】

新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大(オーバーシュート)対策を阻む「困った人たち」について(前編)【異文化リテラシー レッスン3】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【独身女性50代の岐路】仕事一途の30年。挫折をしても最後に誇れるのは「仕事をする自分」だった~その2~

取材・文/ウルトラフォース

しばしば人生訓として取り上げられる論語では、40歳を「不惑」、50歳は「知命」と表されています。「40で惑いがなく、50では人生を振り返り、天命として自らの役割を知る」という意味です。“人生100年時代”となった現代の50代はどんな“天命”を受け、定年までの坂道を上っているのか。働く50代女性を取材し、それぞれの辿った人生のストーリーとともに現在の心境を聞いてみました。

今回はアパレル企業に勤務する52歳の人生を追っています。仕事に没頭し“30歳までに結婚”という理想はかなわず、しかも当の仕事で、30代半ばに挫折を経験。一念発起でマンションを購入し、人生をリセットし、40代を迎えました。

~その1~はこちら】

マンションを買って開けた新たな人生プランがまさかの展開に!

結婚を断念したわけではなかったが、マイホームを購入したことで、若い頃に描いた結婚、子育て、夫婦の老後という人生の設計図は書き換えざるを得なかった。新たな人生プランは、定年前にローンを完済。退職金は老後の貯えとし、定年後もできる限り働き続けるというシナリオだった。

「マイホームを買った効果なのか、40代に入り、婦人服の担当に戻ることができました。F3といわれる50代以上の富裕層女性が主な顧客で、接客もやりがいがありましたね。一人暮らしで休日も時間を自由に使えるので、顧客と食事に出かけ、プライベートでも親交を深めるなど私にしかできない営業が功を奏し、会社からも評価される結果を残せました。なるべくスタイルを維持しようとパーソナルトレーニングを始めたり、卒業した短大で一般向けのファッション講座を受講したり、今、改めて当時を振り返っても充実していたなと思います」

こんな日々がずっと続けばいい。そう願っていた矢先、アパレル不況によって会社の業績が悪化し、大がかりなリストラによって、良き理解者だった同年代の多くが会社を去ることになった。

「バブル入社組は給与体系が高いこともあって“肩たたき”に遭いやすいんです。私としては“せめてローンが終わるまで待って(笑)”という思いでしたが、50歳の節目で担当していたブランドが廃止。またしても居場所がなくなり、もう潮時かなと感じていました」

30代で経験した挫折とは違っていた。長引く不況の影響はあまりにも大きく、不安を感じた若い社員が次々に退職していった。今後は配置換えという生易しいものでは済まず、社員全体が最悪倒産もありうると覚悟したほどだ。50の坂を上り始めたタイミングで、笙子さんは、30年間働いた会社を辞める決心をする。

「会社からは販売以外の部署への異動をすすめられました。ローン返済まで居座れることに心は揺れましたが、30年間、販売一筋でやってきたプライドもあり、このスキルをどこかで活かしたいという思いの方が強く、身を引く決心をしました。もちろん会社の経営がさらに悪化する前に、退職金を満額もらって去りたいという気持ちもありました」

【退職に駆り立てたのは、転職の法則“55歳の壁”だった。次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【独身女性50代の岐路】仕事一途の30年。挫折をしても最後に誇れ…
PAGE TOP