新着記事

犬の散歩は犬のためだけに行うのではない。人の健康にも大きな効果。

犬は最高のパーソナルトレーナー。犬の散歩は人の健康寿命を延ばす

明智光秀像 滋賀県・坂本城址公園

明智光秀の妻【にっぽん歴史夜話26】

83歳にして現役。「見終わって、字なんて読んでいないような意識、あたかも主人公たちが自分のわかる言葉で喋しやべったような錯覚を起こさせるのが“いい字幕”です」

【インタビュー】戸田奈津子(字幕翻訳家・83歳)「人間って、感情の動物だもの。エモーションを揺すぶられないとつまらないですよね」

尾張統一に10年以上かかった信長。

織田信長 苦難の尾張統一への戦いが始まる【麒麟がくる 満喫リポート】

【義家族との間】両親と義両親が結託した離婚阻止。家庭内別居は6年を経過~その2~

【義家族との間】両親と義両親が結託した離婚阻止。家庭内別居は6年を経過~その1~

医師が教えるパンデミックからの護身術! 今できる新型コロナウイルス対策

医師が教える、今できる新型コロナウイルス対策|「暮らしの中での感染予防」5つのポイント

「定年70歳以上」は元気で健康的でいるためのチャンス!|『新装版 学術的に「正しい」若い体のつくり方 - なぜあの人だけが老けないのか?』

学術的に「正しい」若い体のつくり方|老けない、病気にならないための食事のコツ

【子どもの自宅待機】子どものYouTube利用は7割・2人に1人が1日2時間未満の利用

新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大(オーバーシュート)対策を阻む「困った人たち」について(前編)【異文化リテラシー レッスン3】

新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大(オーバーシュート)対策を阻む「困った人たち」について(前編)【異文化リテラシー レッスン3】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【独身女性50代の岐路】仕事一途の30年。挫折をしても最後に誇れるのは「仕事をする自分」だった~その1~

取材・文/ウルトラフォース

しばしば人生訓として取り上げられる論語では、40歳を「不惑」、50歳は「知命」と表されています。「40で惑いがなく、50では人生を振り返り、天命として自らの役割を知る」という意味です。“人生100年時代”となった現代の50代はどんな“天命”を受け、定年までの坂道を上っているのか。働く50代女性を取材し、それぞれの辿った人生のストーリーとともに現在の心境を聞いてみました。

寿退社を思い描いたあの頃の人生設計ははかなく消えたけれど

今回紹介する横山笙子さん(仮名)は現在52歳。服飾系短大入学を機に地方から上京し、新卒で中堅アパレル企業に入社。30年間、販売員一筋で勤め上げてきた。身長が高く、流行をさりげなく取り入れた着こなしもサマになる。身のこなしや、饒舌で笑顔の絶えない人懐っこい人柄からも、ファッション業界で働く女性の才気が伝わってくる。

「入社した時はバブルの真っ只中。社会全体の風潮がいわゆる“イケイケ”で、仕事もプライベートも楽しく毎日がキラキラ輝いていました。市場リサーチと称して、上司や同僚と夜な夜な芝浦や六本木、銀座のトレンドスポットに繰り出していましたし、経費でディスコに出かけ、お立ち台で踊っていても、会社からとやかくいわれませんでしたから、ユルくて、いい時代でしたね」

もともと笙子さんはデザイナー志望だったが、自分より才能のある人でさえふるいにかけられる高倍率の狭き門であることを知り、この夢をあっさり断念。「アパレルで働けるなら」と、ノリ半分で販売員の道を選んだが、彼女自身が驚くほど接客が性に合い、同期の中でも頭角を現していった。

「入社当時はまだ“ハウスマヌカン”人気の名残があり、夜遊びにいくとチヤホヤされていました。25歳の時、別のアパレルで働く、学生時代からつきあっていた男性にプロポーズされましたが、彼の写真を見た父に“こんなチャラチャラした男に娘がやれるか”と反対され、二の足を踏んでいるうちに彼との関係も自然消滅。その後も、お店が入居していた百貨店の方や、仕事関連、遊び仲間の男性とおつきあいしましたが、いずれも泡のように短期間で終わり、結婚に結びつくような恋愛はこの1度きりでした。理想が高いわけではないんですよ。今考えると、同じ業界の人じゃない方がよかったかもしれませんね。自然と話が仕事のことになってしまうので、自分も相手も疲れたのかもしれません」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【独身女性50代の岐路】仕事一途の30年。挫折をしても最後に誇れ…
PAGE TOP