新着記事

おこもり生活に役立つアプリ「radiko」の使い方【スマホ基本のき 第20回】

生活費が足りない、借金返済の場合は嘘をつく、親にお金を借りる理由

衝動的に東海道新幹線に飛び乗ってでかけたくなる、ニッチな一冊|『名古屋の酒場』

飲み屋が少ない、そもそも酒に弱い、知られざる「名古屋の酒場」事情

毎日出勤しても仕事が無い…「社内失業者」にならないために必要なこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

年収1000万円以上の保護者が子どもにしている「マネー教育」の中身

PTA活動はみんなやりたくない? 年齢別にみると明らかな結果が。生の声をそのまま公開します!

ボスママ、マウント、利権争い、「PTA活動」参加したくない意外な理由

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

“ながら視聴”でBGM化したテレビ。2人に1人が“聞き逃し”でストレス

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

取材・文/大津恭子

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が直面する、環境や生活リズムの変化。ライフスタイルが変わると、どんな問題が起こるのか。また、夫婦の距離感やバランスをどのように保ち、過ごしているのかを語ってもらいます。

[お話を伺った人]

林田浩一さん(仮名・64歳) 酒造メーカーで事業本部長として定年退職。同企業内での2年間の再雇用期間がまもなく終了する。

リタイアした途端、部下からの年賀状が途絶えた

新年が半月ほど過ぎた今日この頃、林田浩一さんはいじけている。
自分宛に届いた年賀状の枚数が妻よりも少なかったからだ。しかも、圧倒的に。

一昨年の春から再雇用に切り替わった林田さん宛てに来た年賀状は7通。
それに対し、6歳年下の妻・冬乃さんには50枚強の年賀状が届いていた。

「僕だって、一昨年までは100枚以上やりとりしていたんですよ。話したことのない新人からも送られてきていました。でも寂しいもんですね。定年退職した途端にほぼ3分の1、その翌年にはさらに半減。返事すらよこさない部下もいるんですから」

「このあいだまで部下だったのに不義理な奴らだなぁ」とボヤく林田さんに、妻は静かにこう言ったそうだ。
「あら、もう部下じゃなくて同僚でしょう? もしかして、上司になった人もいたりして」

妻の指摘はいつも鋭い。かつて自分がいた場所には、現在、数年前に課長だった元部下が座っている。
また、自分も現役時代、元上司へ年賀状を出すことには抵抗があった。しかし、先方がやめない限り送り続けてきた。正直なところ、年賀状リストから外す度胸がなかっただけだ。
それでも、今なお尊敬している元上司には、この先も送り続けるつもりだ。
「尊敬している元上司」といっても、ひとりだけなのだが――。

入社直後に配属されたのは、営業の部署。林田さんと共に、横浜地区を担当していたのが4期先輩のAさんだった。横浜エリアの居酒屋やバーを朝から晩まで訪問し、自社のビールをメニューに入れてもらう商談をする日々だった。営業を終えても、調査のために毎夜のように飲み屋巡りをしていた。

Aさんは、とびきり明るい人柄で、体育会アメフト部出身とあって見た目も頼もしいためか、酒場の大将に気に入られやすい人物だった。

新人の林田さんに営業の基本を教え、成績が振るわず落ち込んだ時期も「一緒に乗り切るぞ」と励まし続けてくれた。自身がやっとのことで口説いた得意先を紹介してくれたこともある。途中、異動で顔をあわせる機会がなくなったが、この歳まで会社をやめずに来られたのは彼のおかげだと言っても過言ではない。
Aさんは先にリタイアしたが、年賀状での挨拶を欠かすつもりはなかった。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【夫婦の距離】孫はかすがい。「厄介なじいじ」がコロナ禍で汚名返上~その2~ 【夫婦の距離】孫はかすがい。「厄介なじいじ」がコロナ禍で汚名返上…
  2. 【夫婦の距離】孫はかすがい。「厄介なじいじ」がコロナ禍で汚名返上~その1~ 【夫婦の距離】孫はかすがい。「厄介なじいじ」がコロナ禍で汚名返上…
  3. 【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~ 【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~…
  4. 【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その2~ 【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離…
  5. 【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その1~ 【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離…
PAGE TOP