新着記事

現役キャバ嬢1000人に聞いた、お酒の席で好かれる人・嫌われる人

おこもり生活に役立つアプリ「dマガジン」の使い方【スマホ基本のき 第19回】

『まさか!の高脂質食ダイエット』

「高脂質食ダイエット」に学ぶ、食べてよい脂肪、食べてはいけない脂肪

新型コロナウイルスによる「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

新型コロナウイルスの「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【もう君はいない】「行ってきます」が永遠の別れ、事故死した妻と悲しみの夜明け~その2~

取材・文/沢木文

結婚当初は他人だった。しかし、25年の銀婚式を迎えるころに、夫にとって妻は“自分の分身”になっている。本連載では、『不倫女子のリアル』(小学館新書)などの著書がある沢木文が、死や離婚など、妻と突然の別れを経験した男性にインタビューし、彼らの悲しみの本質をひも解いていく。

お話を伺った、北条康夫さん(仮名・62歳・会社経営)の妻が、交通事故で命を落としたのは4年前。

【その1はこちら

世間の常識など意に介さない妻

康夫さんが結婚したいとアピールを続けても、奥様はなかなかなびかなかった。

「子供ができても、結婚に渋っている。妻の両親に説得してもらって、結婚したのです。お義母さんは『ウチの子頑固でゴメンね。昔から”常識”が嫌いなのよ』と。入籍、結婚式、出産まではスムーズで、妻も仕事の規模を縮小。実家の手を借りながら育児しつつ、仕事も細々と続けていた」

しかし、家事も育児もしない康夫さんと奥様はしばしば対立。何も言わずに奥様が実家に行ってしまうことが度々あった。

「彼女はフェアネス(公平)を求めていた。でもこっちは“女がやるもの”だと思っていた。1年くらいは言い争いもしましたが、なんとなく妻が何も言ってこなくなり、関係が落ち着いた。私の方には悪い変化がありました。2人目の子供を流産してしまったあたりから、遊びで浮気を繰り返した。浮気相手が妻のところに怪文書を送ったこともあった。それなのに妻は何も言わなかった。妻に詫びの言葉を言えなかったことも、本当に後悔しています」

お話を伺うほど、奥様の賢さがわかってくる。沈黙は金だと腹の底から感じていたのだ。今も昔も、女性は“妻”の座を得て、それを維持して生活は安定する。それは経済面だけではなく、社会的信用もついてくる。それがあれば、自己実現などいくらでも可能だ。

夫の浮気に大騒ぎする妻の多くは、騒ぎ立てて溜飲は下がるかもしれないが、その後に不利益を被ることが多々ある。夫婦という“社会”において、最終的に“勝ち”となる妻は、鈍さを装い、真実を追求しない傾向がある。人は見栄も張るしウソもつく。そこを徹底して暴こうとせず、鷹揚に構えていたからこそ、康夫さんの奥様は亡くなってから4年間も愛され続けているのではないだろうか。

「そうなんです。たぶん、妻は気付いていた。様々なことに気が付いているのに、言葉にしなかった。妻は突然命を落としてしまったので、支度ができなかったんでしょう。これから遺品の話をしますが、本当にいろいろあったんです。その中には、私が浮気相手の家に出入りしている証拠写真、離婚という言葉も書かれていた、思いのたけを綴った日記など、“我慢の重さ”のようなものを感じるものがありました。なんでもう少し気を配ってあげられなかったのかと思います」

4年前の事故当日、康夫さんは会社にいた。見慣れぬ番号がケータイにかかり、出ると警察だった。「奥さまが事故に遭いました」。相手が何を言っているか全くわからなかった。

「その日は、妻の仕事が直前にキャンセルになった。朝『行ってきます』と言い、いつものように『気を付けてね』と送り出してくれたのが、最後の言葉。妻は自宅で菓子とピクルスを作ろうとしたようで、テーブルの上に道具と材料を出し、足りないものを見つけた妻は、愛用のスクーターに乗り、買い物に出かけた。免許を取ってから40年間、無事故・無違反でした。しかし、その日は、交通標識を見落とし、一方通行を逆走するクルマがいた。それを予想せず慣れた道を走っていた妻は、交差点で出会い頭に命を落としました。医師は即死だったと言っていました。苦しまなくて本当に良かった。それがせめてもの救いです」

【自宅の中に妻の痕跡は残っているが、肝心の本人がいない…次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【もう君はいない】山に登れば今もあなたに会える……大好きだった妻…
  2. 【もう君はいない】山に登れば今もあなたに会える……大好きだった妻…
  3. 【もう君はいない】半年前「コロナ禍」を知らずに逝った妻。笑顔と愛…
  4. 【もう君はいない】半年前「コロナ禍」を知らずに逝った妻。笑顔と愛…
  5. 【もう君はいない】妻の病から逃げ続けた、ある男の後悔。妻が最後に…
PAGE TOP