新着記事

もしお孫さんが「もの」ばかり要求するとしたら、心が満たされていないからです。【人生のおさらいをするために~児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

子どもの心は日々の食事で満たされる【人生のおさらいをするために~児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

新型コロナウイルスで外出自粛、巣ごもり消費で増えたもの、減ったもの

【ビジネスの極意】優秀な若手社員はなぜ退職するのか?

【ビジネスの極意】優秀な若手社員はなぜ退職するのか?

時代を超えて大きな説得力を持つ言葉の数々|『倉本聰の言葉 ドラマの中の名言』

時代を超えて大きな説得力を持つ「倉本聰の言葉 ドラマの中の名言」

【ASD(自閉症スペクトラム)と子育て実態調査】ASD理解ギャップ編|ASDに対する認知・理解の実態とそのギャップについて

その特性が正しく理解されていない「ASD(自閉症スペクトラム)」と子育ての実態

大人女子の半数が「イボに悩んだ」経験あり! 30歳以上の女性が選んだ対処法と理想の対策

(1)ビル・エヴァンス『自己との対話』(ヴァーヴ) 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ) 録音:1963年2月6、9日、5月20日 最初の試みを「3台」で考えたところがじつに大胆。バラードの「ラウンド・ミッドナイト」などはピアノ3台では少々賑やかすぎる感じも受けますが、どうせやるなら狙いは明確に出そうということでしょう。なお、このアルバムはエヴァンス初のグラミー賞受賞作品となりました。

ビル・エヴァンスが3人いる!? 「自己との対話」という挑戦【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道48】

【瞑想に興味のある女性1,053人に聞きました!】実際に瞑想したことがある?、ない?

瞑想に興味がある女性1,053人に聞いた「瞑想と出会ったきっかけ」

50歳以上は対策が必要⁉ 免疫力を上げるために効果的なこと

味噌カレー牛乳ラーメン

【管理栄養士が教える減塩レシピ】 食事にも牛乳を取り入れて上手に減塩!「じゃがいもとアスパラのグラタン」「味噌カレー牛乳ラーメン」

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【もう君はいない】「行ってきます」が永遠の別れ、事故死した妻と悲しみの夜明け~その1~

取材・文/沢木文

結婚当初は他人だった。しかし、25年の銀婚式を迎えるころに、夫にとって妻は“自分の分身”になっている。本連載では、『不倫女子のリアル』(小学館新書)などの著書がある沢木文が、死や離婚など、妻と突然の別れを経験した男性にインタビューし、彼らの悲しみの本質をひも解いていく。

最愛の妻との出会いは、逆ナンパだった

お話を伺った、北条康夫さん(仮名・62歳・無職)の妻が、亡くなったのは4年前。

「妻は4歳年上だったので、生きていたら今の私と同じ年だと思い、いまだに思い出して涙が出てきます。亡くなる直前は、毎晩のように晩酌していたこともあり、時間が経つほど悲しみが募ってくる。大学時代の悪友も2年前に妻を亡くし、『シニア婚活パーティに行ってみないか』と誘われるけれど、全くそんな気になれない」

康夫さんの妻の死因は交通事故だった。

「予想外すぎて、わからないんですよ。ある日突然、いなくなっちゃう。冗談みたいですよ。死んじゃった、っていつまでもわからないんです。今だってどこかに生きている気がする。今も冷蔵庫には、妻が作ったレーズンクッキーがタッパーに入れて、そのまま置いてあるんです」

奥様はどのような人生を歩まれてきたのだろうか。

「都心近郊で生まれ育ち、名門私立高校から、女子大に進学しました。結婚するまでは、テレビ関係の仕事をしていて、彼女が33歳、僕が29歳の時に結婚しました。出会いは銀座のスナック。妻を含む女性3人がグループで飲んでいて、向こうから声をかけてきたのです。こちらは男2人で会社の同期と飲んでいて、積もる話もあったのに向こうは強引。『変なお姉さんに絡まれちゃったな』と思い、しぶしぶ飲んだのですが、それが僕の人生を変える出会いだったんです」

康夫さんはハンサムだ。名のある企業に60歳まで勤務しており、さぞや女性からモテたであろう。美男美女夫婦だったのかと想像し、奥様の写真を拝見すると、庶民的でふくよかで、瞳の力が強い女性が微笑んでいた。

「声をかけてきたのは、妻ではなく、彼女の仕事の先輩。この先輩は信楽焼の狸にそっくりな容姿とアクが強い性格なんですが、ホントに楽しい人なんです。妻をかわいがってくれて、私たちの結婚式でもスピーチし、息子が生まれた時も駆けつけてくれた。妻が亡くなるまで『康夫君、あなた、私のおかげで幸せになったのよ!』って大きな声で恩を着せてきた。今でもよくお線香を上げに来てくれるのですが、『私がいたから、こんなに悲しい思いをさせてしまった』と言う。それに対して、『いやいや、ホントに私は幸せですよ』と答えるのが“お約束”のやり取りになっています」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【もう君はいない】妻の病から逃げ続けた、ある男の後悔。妻が最後に…
  2. 【もう君はいない】妻の病から逃げ続けた、ある男の後悔。妻が最後に…
  3. 【もう君はいない】専業主婦だった妻の異変に気付いた夫。妻の身辺調…
  4. 【もう君はいない】専業主婦だった妻の異変に気付いた夫。妻の身辺調…
  5. 【もう君はいない】「行ってきます」が永遠の別れ、事故死した妻と悲…
PAGE TOP