新着記事

教育専門家が教える「スマホデビュー」する我が子とのルールの決め方

郷里に住む親の介護で自滅しないための「遠距離介護」という選択

大半の高齢の親は子との同居は望んでいない!? 遠距離介護で自滅しない選択

「宦官(かんがん)」とは何か~中国史をいろどる異形の群像【中国歴史夜話 10】

「宦官(かんがん)」とは何か~中国史をいろどる異形の群像【中国歴史夜話 10】

ルーペ付きヘッドが360度回転する爪切り|回転機構で見やすく、力を入れずに楽にカット

斎藤道三親子の対立を煽った美濃守護・土岐頼芸

美濃守護・土岐頼芸が最後に拠った大桑城跡に立つ。14㎞先に望む斎藤道三・稲葉山城に戦国の悲哀を想う【麒麟がくる 満喫リポート】

【義家族との間】夫婦生活10年目。うまく回るためには「頑張るしかない」という関係は家族なのか~その2~

【義家族との間】夫婦生活10年目。うまく回るためには「頑張るしかない」という関係は家族なのか~その1~

生前・遺品整理|しっかり話合いできていますか? 後回しにすると大変な目に…!?

心配な親の孤独死。生前・遺品整理を相談していないと大変なことに…⁉

腰椎疾患のプロが教える、脊柱管狭窄症を自分で治すセルフケア

人気整体師・白井天道が教える「脊柱管狭窄症を自分で治す」ストレッチ

masa2さんによる写真ACからの写真

親の終の棲家をどう選ぶ?|超遠距離介護を続けるシングル一人娘の今――三たび扉は開いた

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その2~

取材・文/大津恭子

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その2~

定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が直面する、環境や生活リズムの変化。ライフスタイルが変わると、どんな問題が起こるのか。また、夫婦の距離感やバランスをどのように保ち、過ごしているのかを語ってもらいます。

~その1~はコチラ】

[お話を伺った人]

長岡重樹さん(仮名・63歳) ファンドマネジャーとして再就職した投資信託会社を定年退職。今年の夏、離婚調停の末に離婚し、生まれ故郷で父親と生活している。

亡き母への怨念を病床の父にぶつけた元妻と、この先一緒に暮らせない

10年ほど前のことだ。長岡さんの母親が急逝し、一連の葬儀を終えて自宅に向かう道すがら、Aさんが突然こう言った。

「私はお義母さんと同じお墓には入らないから」

「どういう意味だろう、と思いましたね。私はひとりっ子なので、自分が入る墓のことなんて意識したことはありません。当然両親が眠る墓に入るものだと思ってきましたから、その言葉には疑問符がつきました。なぜ今なんだ、じゃあどうする気なんだ、と。でも、そのときは母を亡くした悲しみや、役所関係の事務処理やら何やらで頭がいっぱいで、追究しなかったんです。今思うと、けっこう深い意味があったようですけど」

自分の母親とAさんの折り合いが良くないのは、結婚当初からのことだ。

結婚3年目からは、盆暮れに実家に帰るのは長岡さんと子供達だけの“父子帰省”が常となった。
やんちゃ盛りの子供ふたりを連れての帰省は気が休まることがなく大変ではあったが、Aさんと母親との一触即発を避けるには最善の策だ。険悪な雰囲気を子供達に見せずにすむと思えば、多少の気疲れはやむを得なかった。

友人も同僚も「嫁姑の関係というのはそんなものだ」と口をそろえた。
しかし、そうやってやり過ごしてきた結果、両者の間には引き返せないほどの深い溝ができていたのだ。

「今となっては何がそんなに気に入らなかったのか、よくわかりません。おふくろは孫をとてもかわいがってくれましたし、七五三や入学などの節目にはけっこうな祝い金を包んでくれました。それでも、Aは御礼の電話すらしようとしない。形式的でいいから、電話くらいかけてほしかったですけどね。まあ、そんな期待もしなくなっていきました」

やがて長岡さんの母は持病の心臓病を悪化させ、1年間ほど入退院を繰り返したのちに亡くなった。
当時長岡さんは40代。大口顧客を多数抱えつつ若手の育成をする立場となり、深夜帰宅が常となっていた時期だ。また転職のタイミングとも重なり、多忙を極めた。
しかし、入院してから亡くなるまで、Aさんはとうとう一度も見舞いに行こうとしなかった。

「Aは病院からの電話連絡を私に伝言するだけです。こっちだって、拝んでまで行ってほしいわけではない。でもやっぱり、人としてそれはないだろう、と思いましたね。おふくろには、さすがに『Aが見舞いにも来なくてごめん』と謝りましたよ。もっともおふくろも、うんともすんとも言わず、嫁は以前からいないも同然でした」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~ 【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~…
  2. 【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~ 【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~…
  3. 【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その1~ 【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離…
  4. 【夫婦の距離】妻孝行のつもりは夫だけ。「旅行は女友達と」が妻の本音~その2~ 【夫婦の距離】妻孝行のつもりは夫だけ。「旅行は女友達と」が妻の本…
  5. 【夫婦の距離】妻孝行のつもりは夫だけ。「旅行は女友達と」が妻の本音~その1~ 【夫婦の距離】妻孝行のつもりは夫だけ。「旅行は女友達と」が妻の本…
PAGE TOP