新着記事

日本の「クリスマス」のおかしな常識【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編34】

日本の「クリスマス」のおかしな常識とは?【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編34】

ゴルフで仕事がうまくいった人は6割! 会社員500名のゴルフ事情

【ビジネスの極意】「ライバル企業に転職する」と言った部長の話からわかること

【ビジネスの極意】「ライバル企業に転職する」と言った部長の話からわかること

巨大な名峰『立川談志山』登頂のためのガイドブック|『談志語辞典』

自分の欲望をカネで解決するのを、恥ずかしいこととしてやらないのが「江戸っ子の品」|弟子だからこそ知っている「談志のことば」

【車検ははなんでこんなに高い…?】半数以上の方が車検の内容をよく理解せずに受けていることが判明!?知らずに損をしている現状を打破するために見極めなければいけない事とは?

車検はなんでこんなに高い!? 知らないと損をする「車検」の中身

お母さんが1番大変だと感じる「朝ごはんの準備」どう乗り切っている?

ビル・エヴァンス&ジム・ホール『アンダーカレント』

音楽のキャッチボール「デュオ」演奏の楽しみ方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道36】

人間関係が幸せの道すじ【人生のおさらいをするために――児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

人間は人間関係の中でしか、自分の存在や価値を見出せない【人生のおさらいをするために――児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

429人にアンケート調査!|子どもが医学部受験をしたことのある母親へ質問しました! 当時お子様のために何をしていましたか? 医学部受験のコツとは…!?

子どもが医学部受験をしたことのある母親429人に聞いた「医学部合格のコツ」

海苔の佃煮

【管理栄養士が教える減塩レシピ】新海苔の季節!旨味たっぷり海苔を使った佃煮&おかずレシピ

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  2. 鴨鍋
  3. 宝塚歌劇

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【もう君はいない】定年の日に突然失踪した妻へ……企業戦士だった夫の悔恨~その2~

取材・文/沢木文

結婚25年の銀婚式を迎えるころに、夫にとって妻は“自分の分身”になっている。本連載では、『不倫女子のリアル』(小学館新書)などの著書がある沢木文が、妻と突然の別れを経験した男性にインタビューし、彼らの悲しみの本質をひも解いていく。

お話を伺った、坂本文明さん(仮名・62歳・介護施設職員)は2年前に結婚30年の妻が突然失踪した。文明さんは家事育児の一切を妻に丸投げしてきた。

【その1はこちら

男は「我が子」という確信が持てない

「家事も子育ても一切したことがなかった。子供はかわいいとは思いましたが、なんでしょうね……男は女性と違って、“自分の子供”という確信が持てないものだと思います」

子供が生まれてから、ますます仕事に邁進した。そんな文明さんを気遣い、妻は子供の成長を写真に撮っては、報告してきた。

「タッチ(赤ちゃんが立つ)とかアンヨ(赤ちゃんが歩く)とか、3回くらいまでは聞きましたが、興味が持てないんですよ。ある日『結論がない話はしないで欲しい』と妻に怒鳴ってしまった。その後、一切子供の話はしなくなり、気が付けば娘も息子も大学を出ていました。自分としては、家族に欲しいものを買ってやり、いい生活をさせて、殴ったり叩いたりすることはなかった。いい父親だと思いますよ」

文明さんが55歳の時に、娘が大学を卒業し就職。妻と二人だけになる。その頃に、会社の業績に黒雲が漂い始める。

「仕事量が減り、18時30分には家に帰るようになりました。今まで妻と一緒にいてやれなかったから、喜ぶかと思っていたら、残念そうな顔をしたんです。だから『俺のメシは気にするな』と言っても、シチューやカレー、ハンバーグなんかを作る。私はあまり洋食が好きではないので、自分でイワシの梅煮を作ったら、妻が泣きながら怒ってくる。まったく理解ができなかった」

その後、奥様は和食を作るようになったという。食卓の会話はほとんどなく、テレビだけが流れていた。18時30分に帰ってきても、文明さんが家事をすることはなかった。

「洗濯、掃除、ワイシャツのクリーニング出しをやったんです。すると『あなたがやるとさらに汚くなる』とか『ワイシャツはポイントが2倍の日に出している』などと怒られて、やる気がなくなってしまった。その頃には、私もすっかりヘソを曲げていたと思います」

文明さんが定年退職した日、それでも妻への感謝を込めて、花束を購入して家に帰ってきたら、テーブルの上に記入済みの離婚届が置いてあった。離婚の証人は見知らぬ女性が名を連ねていた。

【子供に連絡しようとしても、携帯電話の番号さえわからない。次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【もう君はいない】定年の日に突然失踪した妻へ……企業戦士だった夫…
  2. 【もう君はいない】がんで亡くなった妻への深い愛、死後につむいだ3…
  3. 【もう君はいない】がんで亡くなった妻への深い愛、死後につむいだ3…
  4. 恐ろしくも愛しい、亡き妻の“悪口ノート” ~その2 【夫婦の距離】遺品整理で出てきた1冊のノート。そこには初めて知る…
  5. 【夫婦の距離】恐ろしくも愛しい、亡き妻の“悪口ノート” ~その1 【夫婦の距離】遺品整理で出てきた1冊のノート。そこには初めて知る…
PAGE TOP