サライ.jp

「リタイアしたらゆっくり旅行がしたい」と言ったのは、主人のリタイアではなく“私がリタイアしたら”の話

さとみさんの真意はこうだ。
「たしかに、『リタイアしたらゆっくり旅行がしたい』と言いましたよ。でもそれは“私がリタイアしたら”の話です。今は週3日ですけど、仕事をしていますし、パートとはいえ、そうそう自由に休みが取れるわけではないんです。医療事務の仕事って、頻繁に医療制度が変わるし、現場のシステムもどんどん新しくなっていくので、知識も上書きし続けないといけなくて、私なんてついていくのに必死なんですよ。それに……」

誇りとやりがいをもって医療事務の仕事を続けてきたさとみさん。
そんな妻に対し、「大変なら、やめればいいじゃないか」と言った夫の言葉を許しがたいのだそうだ。

「もともと『どうせパートだろう?』という見下した気持ちがあるんですよ。それに、大変そうに見えるのなら、せめて自分のことは自分でやってくれと言いたい。『やめたら?』と言われたとき、『やめたいのは、あんたのお世話のほうだ!』って言ってやりたかったくらいですよ」

さらに、旅行をしたい相手は“女友達”であることを、洋二さんは気付いていない。

「主人と行ったところで、現地集合・現地解散みたいな結果になるのは目に見えていますから。本当に私のためと言うなら、旅行は女友達と行かせてほしいですね。これまでも、友達とは何度か旅行に行きました。でも、主人に遠慮して日帰りか、せいぜい一泊どまり。ちょうど、そろそろ3泊くらいしてもいいんじゃないかって、みんなでLINEで話していたところなんですよ」(さとみさん)

あらためてご主人との旅行について確認してみると、「3年に1回、日帰りで十分です」ときっぱり。
言わずもがな、夫婦水入らずの沖縄旅行は当面先延ばしとなった。

取材・文/大津恭子
出版社勤務を経て、フリーエディター&ライターに。健康・医療に関する記事をメインに、ライフスタイルに関する企画の編集・執筆を多く手がける。著書『オランダ式簡素で豊かな生活の極意』ほか。

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
5月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品