新着記事

初めて大河ドラマの主人公になる明智光秀(長谷川博己)。脱「信長史観」のドラマの展開が気になってしょうがない。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】明智光秀が主役の本格戦国大河 オープンセットに持ち込まれた岩の総量が半端ない

堀文子 太神楽柄ショール|孤高の日本画家、堀文子の代表作を描いたストール

『太平記』以来の大河登板の池端俊策さん。『麒麟がくる』も早くも「伝説の大河」の再来と期待が高まる。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】脚本家・池端俊策氏インタビュー「描きたかったのは、従来のイメージとは異なる光秀と信長」

2020年「開運×絶景スポットランキング」|3位 箱根神社(神奈川県)、2位 高屋神社(香川県)、1位は?

Google カレンダーの超基本的な使い方(2)|予定を削除や変更する方法【スマホ基本のき 第11回】

プロが教える、正月太り解消法|働く女性の8割が正月太りしている!?

【ビジネスの極意】ネガティブに考えることは、それほど悪いことではない

【ビジネスの極意】ネガティブに考えることは、それほど悪いことではない

美容ミネラル「マグネシウム」が大注目

生活習慣病対策に効果がある、現代美容ミネラル「マグネシウム」のスゴイ実力

テッケン(Tekken)網にかかったCRB Photo courtesy of Aubrey Moore, PhD, University of Guamurtesy of Aubrey Moore, PhD, University of Guam

常夏の島のココナッツが絶滅の危機! 最強の害虫・カブトムシ(CRB)の恐怖(グアム)

歴史と文化を知ることで将棋はもっと面白くなる|『教養としての将棋 おとなのための「盤外講座」』

歴史と文化を知ることで将棋はもっと面白くなる|教養としての将棋 おとなのための「盤外講座」

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【夫婦の距離】妻孝行のつもりは夫だけ。「旅行は女友達と」が妻の本音~その2~

「リタイアしたらゆっくり旅行がしたい」と言ったのは、主人のリタイアではなく“私がリタイアしたら”の話

さとみさんの真意はこうだ。
「たしかに、『リタイアしたらゆっくり旅行がしたい』と言いましたよ。でもそれは“私がリタイアしたら”の話です。今は週3日ですけど、仕事をしていますし、パートとはいえ、そうそう自由に休みが取れるわけではないんです。医療事務の仕事って、頻繁に医療制度が変わるし、現場のシステムもどんどん新しくなっていくので、知識も上書きし続けないといけなくて、私なんてついていくのに必死なんですよ。それに……」

誇りとやりがいをもって医療事務の仕事を続けてきたさとみさん。
そんな妻に対し、「大変なら、やめればいいじゃないか」と言った夫の言葉を許しがたいのだそうだ。

「もともと『どうせパートだろう?』という見下した気持ちがあるんですよ。それに、大変そうに見えるのなら、せめて自分のことは自分でやってくれと言いたい。『やめたら?』と言われたとき、『やめたいのは、あんたのお世話のほうだ!』って言ってやりたかったくらいですよ」

さらに、旅行をしたい相手は“女友達”であることを、洋二さんは気付いていない。

「主人と行ったところで、現地集合・現地解散みたいな結果になるのは目に見えていますから。本当に私のためと言うなら、旅行は女友達と行かせてほしいですね。これまでも、友達とは何度か旅行に行きました。でも、主人に遠慮して日帰りか、せいぜい一泊どまり。ちょうど、そろそろ3泊くらいしてもいいんじゃないかって、みんなでLINEで話していたところなんですよ」(さとみさん)

あらためてご主人との旅行について確認してみると、「3年に1回、日帰りで十分です」ときっぱり。
言わずもがな、夫婦水入らずの沖縄旅行は当面先延ばしとなった。

取材・文/大津恭子
出版社勤務を経て、フリーエディター&ライターに。健康・医療に関する記事をメインに、ライフスタイルに関する企画の編集・執筆を多く手がける。著書『オランダ式簡素で豊かな生活の極意』ほか。

  1. 【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その2~

    【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その2~

  2. 【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その1~

    【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その1~

  3. 【夫婦の距離】妻孝行のつもりは夫だけ。「旅行は女友達と」が妻の本音~その2~

    【夫婦の距離】妻孝行のつもりは夫だけ。「旅行は女友達と」が妻の本音~その2~

  4. 【夫婦の距離】妻孝行のつもりは夫だけ。「旅行は女友達と」が妻の本音~その1~

    【夫婦の距離】妻孝行のつもりは夫だけ。「旅行は女友達と」が妻の本音~その1~

  5. 【夫婦の距離】かわいい愛犬にケガをさせた粗暴な犬は、上司宅の犬!~その2~

    【夫婦の距離】かわいい愛犬にケガをさせた粗暴な犬は、お世話になっている上司宅のペット!~その2~

  6. 【夫婦の距離】かわいい愛犬にケガをさせた粗暴な犬は、上司宅の犬!~その1~

    【夫婦の距離】かわいい愛犬にケガをさせた粗暴な犬は、お世話になっている上司宅のペット!~その1~

  7. 恐ろしくも愛しい、亡き妻の“悪口ノート” ~その2

    【夫婦の距離】遺品整理で出てきた1冊のノート。そこには初めて知る亡き妻の気持ちが綴られていた~その2~

  8. 【夫婦の距離】恐ろしくも愛しい、亡き妻の“悪口ノート” ~その1

    【夫婦の距離】遺品整理で出てきた1冊のノート。そこには初めて知る亡き妻の気持ちが綴られていた~その1~

  9. 【夫婦の距離】駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった ~その2

    【夫婦の距離】駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった ~その2~

  10. 駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった ~その1

    【夫婦の距離】駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった~その1~

  11. 【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! 夫を変えた妻のアイデア~その2~

    【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! トラブルメーカーの夫を変えた妻の提案~その2~

  12. 【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! 夫を変えた妻のアイデア~その1~

    【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! トラブルメーカーの夫を変えた妻の提案~その1~

  13. 【定年前後の夫婦バランス】夫が妻の“背後霊”に。スポーツジムで“他人の仮面”を被り続ける理由~その2

    【夫婦の距離】夫が妻の“背後霊”に!? スポーツジムで“他人の仮面”を被り続ける理由~その2~

  14. 【定年前後の夫婦バランス】夫が妻の“背後霊”に。スポーツジムで“他人の仮面”を被り続ける理由~その1

    【夫婦の距離】夫が妻の“背後霊”に!? スポーツジムで“他人の仮面”を被り続ける理由~その1~

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その2~ 【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離…
  2. 【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その1~ 【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離…
  3. 【夫婦の距離】妻孝行のつもりは夫だけ。「旅行は女友達と」が妻の本音~その1~ 【夫婦の距離】妻孝行のつもりは夫だけ。「旅行は女友達と」が妻の本…
  4. 【夫婦の距離】かわいい愛犬にケガをさせた粗暴な犬は、上司宅の犬!~その2~ 【夫婦の距離】かわいい愛犬にケガをさせた粗暴な犬は、お世話になっ…
  5. 【夫婦の距離】かわいい愛犬にケガをさせた粗暴な犬は、上司宅の犬!~その1~ 【夫婦の距離】かわいい愛犬にケガをさせた粗暴な犬は、お世話になっ…
PAGE TOP