新着記事

時代を超えて大きな説得力を持つ言葉の数々|『倉本聰の言葉 ドラマの中の名言』

時代を超えて大きな説得力を持つ「倉本聰の言葉 ドラマの中の名言」

【ASD(自閉症スペクトラム)と子育て実態調査】ASD理解ギャップ編|ASDに対する認知・理解の実態とそのギャップについて

その特性が正しく理解されていない「ASD(自閉症スペクトラム)」と子育ての実態

大人女子の半数が「イボに悩んだ」経験あり! 30歳以上の女性が選んだ対処法と理想の対策

(1)ビル・エヴァンス『自己との対話』(ヴァーヴ) 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ) 録音:1963年2月6、9日、5月20日 最初の試みを「3台」で考えたところがじつに大胆。バラードの「ラウンド・ミッドナイト」などはピアノ3台では少々賑やかすぎる感じも受けますが、どうせやるなら狙いは明確に出そうということでしょう。なお、このアルバムはエヴァンス初のグラミー賞受賞作品となりました。

ビル・エヴァンスが3人いる!? 「自己との対話」という挑戦【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道48】

【瞑想に興味のある女性1,053人に聞きました!】実際に瞑想したことがある?、ない?

瞑想に興味がある女性1,053人に聞いた「瞑想と出会ったきっかけ」

50歳以上は対策が必要⁉ 免疫力を上げるために効果的なこと

味噌カレー牛乳ラーメン

【管理栄養士が教える減塩レシピ】 食事にも牛乳を取り入れて上手に減塩!「じゃがいもとアスパラのグラタン」「味噌カレー牛乳ラーメン」

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(3/30~4/5)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(3/30~4/5)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(3/30~4/5)牡羊座~蟹座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【夫婦の距離】妻孝行のつもりは夫だけ。「旅行は女友達と」が妻の本音~その1~

取材・文/大津恭子

【夫婦の距離】妻孝行のつもりは夫だけ。「旅行は女友達と」が妻の本音~その1~

定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が直面する、環境や生活リズムの変化。ライフスタイルが変わると、どんな問題が起こるのか。また、夫婦の距離感やバランスをどのように保ち、過ごしているのかを語ってもらいます。

[お話を伺った人]

倉田洋二さん(仮名・60歳)57歳で長年勤めた商社を早期退社。その後、元同僚が経営するコンサルティング会社の顧問として、週に2日だけ出勤するセミリタイア生活を送っている。
倉田さとみさん(仮名・60歳)25歳で結婚・出産後、子育てに専念。40歳のときに医療事務の資格を取得。以後、大学病院でパート勤めを続けている。

新婚旅行で早朝から釣り。旅行先で釣り最優先の夫に辟易

倉田さんご夫妻は、高校時代の同級生カップル。大学卒業後も交際が続き、25歳で結婚した。10代から数えると、かれこれ40年以上連れ添ってきたことになる。
ふたりは50歳を過ぎたあたりから、定年後の理想的な過ごし方について何度か話す機会があった。その都度妻の口から出た言葉が「ゆっくり旅行に出かけたい」だった。

洋二さんが会社の早期退職優遇制度を利用し、定年間際の57歳で退職した際、さとみさんは驚いた表情を見せたものの、翌日には「あなたが決断したことだから」と受け入れてくれた。そして、減収分を少しでも補おうと自身のパート勤務日を増やしたそうだ。

洋二さんは、しっかり者で自分を立ててくれる妻を、同志のように思ってきたという。

妻が58歳の誕生日を迎えた日、洋二さんは58本のバラを用意した。
「10代の頃から世話になってきたし、自分がリタイアしたら、感謝の花束ってやつをやってみようと思っていたんです。花なんてプレゼントしたのは初めてですよ。渡すときより買うときのほうが恥ずかしかったです」(洋二さん)

花束作戦は大成功。さとみさんは涙で目を潤ませながら「ありがとう」と言ってくれた。
そこで、「沖縄にでも行かないか? セミリタイアしたんだし、時間はある。これからは3か月に1回、旅行に出かけようよ!」と切り出したところ、「3年に1度でいいわよ」と返され、言葉を失った。

洋二さんは首をかしげる。

「僕だって、別に3年に1度でもいいんですよ。でも、流れ的に、ちょっとねぇ。こっちははしごを外されたような感じですよ。今まで『旅行、旅行』って言ってたのは何だったんだよ、ってね」

妻の願いを叶えようと張り切る夫に対し、そっけない妻。
その理由を、妻本人に聞いてみた。

「だって、沖縄ですよ。私は閉所恐怖症だし、高所恐怖症だし、昔から飛行機が苦手なんです。これまでも、旅行は電車か自家用車で行けるところを選んできたのに、どうして今さら沖縄なの? って」

妻の飛行機嫌いを忘れていたとは、うっかりミスにしろ、痛い失敗だ。
とはいえ、行き先を変更すればいい話ではないかと思うが……。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~ 【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~…
  2. 【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~ 【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~…
  3. 【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その2~ 【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離…
  4. 【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その1~ 【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離…
  5. 【夫婦の距離】妻孝行のつもりは夫だけ。「旅行は女友達と」が妻の本音~その2~ 【夫婦の距離】妻孝行のつもりは夫だけ。「旅行は女友達と」が妻の本…
PAGE TOP