新着記事

カビ専門家に聞く「梅雨時期のカビ対策」3つのポイント

朝倉館跡空撮。

「お屋形さま」と呼ばれていた朝倉義景。室町時代後期の「大名屋形」を知れば『麒麟がくる』をもっと楽しめる【麒麟がくる 満喫リポート】

エアコンの故障は冷房の使い始めに起きている! 今年の猛暑を快適に過ごすために今すべきこと

誰でも簡単腰痛改善ストレッチ!ろっ骨ほぐしで腰痛改善【川口陽海の腰痛改善教室 第42回】

誰でも簡単にできるストレッチ「ろっ骨ほぐし」で腰痛改善【川口陽海の腰痛改善教室 第42回】

趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】

趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】

クリップオン偏光サングラス|日常使いのメガネがそのまま高機能サングラスに

南部以外ではなかなかお目にかかれないグリッツ。これはインスタント商品

『ザリガニの鳴くところ』のトウモロコシ粥(グリッツ)ってどんな味?【物語のアメリカ料理】

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その2~

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その1~

右側は煮溶かしたばかりのため、サラサラで飲みやすい。 左側は、冷めてかたまってからカットしたもの。プリッとしてボリュームがある。

おこもり生活で便秘が気になるなら、水溶性食物繊維たっぷりスープを!「あったか寒天スープ」でウィルス対策!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【家族のかたち】「子供の味方になれない」父の姿を見て、母が選んだのは卒婚~その2~

取材・文/ふじのあやこ

時代の移り変わりとともに、変化していく家族のかたち。幼少期の家族との関係を振り返り、自身も家族を持つようになったからこそわかるようになった思いを語ってもらいます。~その1~はコチラ

今回お話を伺ったのは、都内にある代理店で派遣スタッフとして事務の仕事をしている雅子さん(仮名・43歳)。雅子さんは長野県出身で、両親との3人家族。祖父母が亡くなってから微妙な距離でつながる両親とは大学から別々の生活を続け、就職2年目の24歳の時に結婚します。

「両親は私の目の前でケンカすることはなかったけど、寡黙で動かない父親の世話を黙々とこなす母親といった2人の姿は決して仲良しとは言い難かった。そんな両親は私が出て行ってから2人きりでどんな生活をしていたのかまったく知りません。たまに電話で話す母親の口から父親の話題が出ることは一度もなかったから。

私は大学卒業後も地元に戻らないことを伝えても、就職して2年目で結婚を決意した時も、両親は一度も反対しませんでした。父親は反対も賛成も何のリアクションもなかったというのが正しいのかもしれませんけど」

離婚、そして再婚。側で支えてくれたのは母親だけだった

しかし、雅子さんの結婚生活は2年で破綻。原因は相手の浮気だったそう。

「夫の職場にいるお節介な女性が私に教えてくれて、夫の浮気が発覚しました。夫は最初こそ謝り続けていたのに、私があまりに責めたせいなのか、家を出ていってしまったんです。夫は私を避けるようになってしまって、お互いの両親も交えての話し合いに発展しました。幸い子供もいなかったので、揉めることもなく3か月ほどで離婚に至りました。もちろん慰謝料はいただきましたよ。

離婚協議の最中や、離婚後は少しメンタル的な不調があったんですが、私は仕事を続けていたから実家に帰ることもできず、いつも通り働き続けることしかなくて。そんな私を心配して、しばらくは母親が頻繁に東京に来てくれて、家具の処分や新居への引っ越しなどを手伝ってくれました」

それから5年以上は仕事に専念していたという雅子さん。その後、新しい出会いもあり、離婚から7年後の33歳の時に今の旦那さんと再婚することに。両親の反応はどうだったのでしょうか。

「父親は一言、『そうか』ぐらいだったかな。母親はもちろん喜んでくれましたよ。まぁもう30歳を超えた立派な大人で、24歳の時の結婚も一切反対しなかった両親なんでね。夫は4歳上の初婚の男性で、仕事関係で知り合いました。穏やかな人だったので、今度こそ幸せになれると思っていました」

当時の雅子さんは朝から夜中まで働くような激務の最中で、そんな姿を見た夫はある提案をしてきたと言います。

「夫は『僕の収入で食べていけるだろうから、そんな会社は辞めたら』と言ってきました。”そんな会社”という部分には引っかかりましたが、激務の割にお給料は安かったし、役職がついても役職手当も何もないようなところだったので、夫のアドバイスを鵜呑みにして、私は仕事を辞める選択をしました」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【家族のかたち】小さい頃は父親よりも母親が必要。子供の頃に親の離…
  2. 【家族のかたち】小さい頃は父親よりも母親が必要。子供の頃に親の離…
  3. 【家族のかたち】連れ子同士は家族であって兄妹ではない。親という接…
  4. 【家族のかたち】連れ子同士は家族であって兄妹ではない。親という接…
  5. 【家族のかたち】「子供の味方になれない」父の姿を見て、母が選んだ…
PAGE TOP