新着記事

江戸切子 蓋ちょこ|伝統と現代の趣向を合わせたモダンな切子グラス

本の土偶と埴輪にハマりすぎてしまった、一人の愛すべきフランス人

一体なぜ? 「縄文土偶」にハマりすぎたフランス人

【娘のきもち】依存し合う母娘。「私のようになってはいけない」という母の意思を受け継いだ娘が持つ結婚観とは~その2~

【娘のきもち】依存し合う母娘。「私のようになってはいけない」という母の意思を受け継いだ娘が持つ結婚観とは~その1~

75歳以上の“粗食”は“フレイル”(加齢による心身の衰弱)と関連|必要な食事量が摂れていない高齢者が多く存在

75歳以上は痩せている人の方が高リスク!? 高齢者の2人に1人が“フレイル”(加齢による心身の衰弱)の疑いあり

ヘルニア・腰痛・坐骨神経痛 朝起きる時の腰の痛みを改善するセルフケア&ストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第26回】

水晶彫りの酒器|水晶のような小窓からのぞく美酒を愛でつつ一献

活用しないともったいない! 自治体独自のサービスや「ふるさと納税」で離れて暮らす親を見守ろう

活用しないともったいない「見守りサービス」! 「自治体独自の活動」や「ふるさと納税」で離れて暮らす親を見守る方法

獣医さんに聞く、なぜ秋にこそペットの健康診断なのか

獣医さんに聞く、なぜ秋にこそペットの健康診断が必要なのか?

現代人の3人に1人が孤独死しやすい?

現代人の3人に1人が可能性あり!孤独死しやすい人の共通点とは?

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【家族のかたち】孫の面倒はどこまで見るべきか。二世帯同居の気遣いが生んだ負の連鎖~その2~

取材・文/ふじのあやこ

時代の移り変わりとともに、変化していく家族のかたち。幼少期の家族との関係を振り返り、自身も子供を持つようになったからこそわかるようになった思いを語ってもらいます。~その1~はコチラ

今回お話を伺ったのは、都内にあるインターネット広告を扱う企業でデザイナーとして働いている広樹さん(仮名・38歳)。広樹さんは東京の23区内出身で、家族は両親と4歳上に兄、2歳下に妹のいる5人家族。仕事人間の父親と大雑把でおおらかな母親の下で育ち、家族仲も良好。就職後も実家から通っていた広樹さんですが、兄が結婚後に実家で同居を始めたことにより、家を出る決意をします。

「今まで何も気を遣うことなく、パンツ一丁でウロウロしていた我が家が急に親族の家に居候している気分というか、少し気を使う空間になりました。兄とは夫婦かもしれないけど、僕には義姉といってもまだまだ気を遣う存在です。当時はまだ20歳過ぎぐらいだったこともあり、自分の居心地が悪くなったことばかりに気が行っていましたね」

孫の面倒を見るため、母親は仕事を手放していた

広樹さんが一人暮らしを始めたのは就職してから1年ほど経った頃。その頃には兄の子供も生まれたことで、実家には少し顔を出すぐらいになっていたそう。

「一人小さい子がいると、どうしてもその子メインにすべてが回るようになってしまう。それは悪いことではもちろんなくて、僕自身も何度か見た甥っ子は、とてもかわいかった。でも、実際どう接すればいいのかわからないし、義姉との仲も悪くはないけど仲良しではなかったので、会いに行きづらいというのも正直ありました。そんな感じで徐々に疎遠になっていって、妹とも元から個人で連絡を取ったりする関係じゃなかったので、家族の近況はあまり知らない時期が長く続きました」

それから数年は疎遠なままの生活が続いたそうですが、妹の結婚の顔合わせである事実を知ることになります。

「妹は結婚式をしない代わりに、互いの親族を集めて、ホテルのレストランの個室で顔合わせをしたんです。そこに行った時に妹からある話を聞かされました。それは母親がずっと孫の面倒を義姉に任され続けて、今は仕事も辞めて家のことを全部請け負っているということ。僕が母親から聞いていたのは、『体がしんどくなってきたから、仕事を辞めた』という話だったから衝撃でしたね。義姉は出産後すぐに仕事に復帰していたので、多少は仕方ないとは思いますが、週末も子供を預けて友人と出かけたり、夫婦で出かけることも多いんだとか。それを誰にも相談できずに母親はずっと我慢していたみたいなんです」

その事実を知って、広樹さんはすぐに兄に伝えたと言います。しかし、回答はまるで他人事だったそうです。

「『子育ての息抜きをさせてあげないといけない』と義姉の肩を持つばかりで。嫁の立場からしたらいい旦那なのかもしれないですけど、僕は母の家族としての立場にどうしてもなってしまいます。毎日孫の世話や家事をしていて、働くことが大好きだった母親から仕事まで奪ったくせに!と、怒りがこみ上げてきましたね。でも、厳しい口調で伝えたとしても、兄は話をのらりくらりとかわすばかり。埒が明かないと思い、妹とともに母親に、兄夫婦も入れて話し合いをしようと提案したんですが……」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【家族のかたち】孫の面倒はどこまで見るべきか。二世帯同居の気遣い…
  2. 【家族のかたち】熟年離婚のきっかけは父親の早期退職。両親のすれ違…
  3. 【家族のかたち】熟年離婚のきっかけは父親の早期退職。両親のすれ違…
  4. 【家族のかたち】働かない妹に、それを庇い続ける父親。助けることが正しいことではないと選んだ“絶縁”~その2~ 【家族のかたち】働かない妹に、それを庇い続ける父親。助けることが…
  5. 【家族のかたち】一番下の妹を中心に回る家族。好きで長男に生まれたわけじゃない~その1~ 【家族のかたち】一番下の妹を中心に回る家族。好きで長男に生まれた…
PAGE TOP