新着記事

年収1000万円以上の保護者が子どもにしている「マネー教育」の中身

PTA活動はみんなやりたくない? 年齢別にみると明らかな結果が。生の声をそのまま公開します!

ボスママ、マウント、利権争い、「PTA活動」参加したくない意外な理由

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

“ながら視聴”でBGM化したテレビ。2人に1人が“聞き逃し”でストレス

新型コロナウイルスの影響で進路が変わる受験生多数!?|受験生への新型コロナウイルスの影響に関する調査

新型コロナの影響で進路が変わる? 入試を控える高校3年生の不安

ポークソテーシャリアピンソース

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みじん切り、すりおろしで活性化! 旬のにんにくの栄養を逃さない調理法

サンブロックアンブレラ|遮光、遮熱に優れたアウトドア仕様の日傘

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)獅子座~蠍座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【夫婦の距離】遺品整理で出てきた1冊のノート。そこには初めて知る亡き妻の気持ちが綴られていた~その2~

怒りの矛先は7:3で自分。家族愛溢れる怒りに、妻の顔が浮かぶ

横井さんが心を痛めながらも読み進めると、「7:3で僕への不満です(笑)」とのこと。3割については、ママ友との確執や、娘の学校の担任との軋轢、反抗期にさしかかった息子の暴言……等々だそうで、若かりし妻の不満や悩みが綴られていた。

「あの頃こんなことで傷ついていたのか、とか、そんなひと言で腹が立ったんだ、とか、今さらながら女房の気持ちがわかっておもしろいですね。もちろん僕が反省しなきゃならないことが多いんですけど、仕事や人間関係で、そんなことをひとりで抱えて悩んでいたんだね、ごめんな、って気持ちのほうが強いですね」

それと同時に「彼女は自分のことよりも、僕や子供がバカにされることが我慢ならなかったようですね」と分析する。

「たとえば、ある顧客が僕を小馬鹿にするような言い方をしたとか、娘が部活で先輩にいじめられているみたいだとか、そういう場面では個人名を記して、『いつか天罰が下る!』とか書いてあるんですよ。プンプン怒った顔してノートを開いて、書き終わったらスッキリしている姿が目に浮かびます。やっていることが子供っぽくて笑っちゃいますよね」

小さなノートに不満を書き連ねることで、日々の小さな憂さ晴らしをしていた久美子さん。書いたあとは何事もなかったように振る舞っていたことを思うと、横井さんは愛おしい気持ちになるそうだ。

「こんなこと、何十年も経ってから知ってもどうにもならないんですけどね、でも、そうか、そうだったのか。ごめんな、ありがとうなって、素直に墓前で言うことができましたよ」

横井さんは今、その“悪口ノート”を捨てることができず、困っているという。
「こればっかりはパソコンにでも打ち込んでくれていたほうがよかった。一発で消去できますからね。ノートは三回忌後の整理のときに、そっと処分してしまおうと思っています。でないと、女房に『人の秘密、いつまで握っているつもりなの!』って怒られそうですから」

取材・文/大津恭子
出版社勤務を経て、フリーエディター&ライターに。健康・医療に関する記事をメインに、ライフスタイルに関する企画の編集・執筆を多く手がける。著書『オランダ式簡素で豊かな生活の極意』ほか。

  1. 【夫婦の距離】孫はかすがい。「厄介なじいじ」がコロナ禍で汚名返上~その2~

    【夫婦の距離】孫はかすがい。「厄介なじいじ」がコロナ禍で汚名返上~その2~

  2. 【夫婦の距離】孫はかすがい。「厄介なじいじ」がコロナ禍で汚名返上~その1~

    【夫婦の距離】孫はかすがい。「厄介なじいじ」がコロナ禍で汚名返上~その1~

  3. 【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

    【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

  4. 【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

    【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

  5. 【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その2~

    【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その2~

  6. 【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その1~

    【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その1~

  7. 【夫婦の距離】妻孝行のつもりは夫だけ。「旅行は女友達と」が妻の本音~その2~

    【夫婦の距離】妻孝行のつもりは夫だけ。「旅行は女友達と」が妻の本音~その2~

  8. 【夫婦の距離】妻孝行のつもりは夫だけ。「旅行は女友達と」が妻の本音~その1~

    【夫婦の距離】妻孝行のつもりは夫だけ。「旅行は女友達と」が妻の本音~その1~

  9. 【夫婦の距離】かわいい愛犬にケガをさせた粗暴な犬は、上司宅の犬!~その2~

    【夫婦の距離】かわいい愛犬にケガをさせた粗暴な犬は、お世話になっている上司宅のペット!~その2~

  10. 【夫婦の距離】かわいい愛犬にケガをさせた粗暴な犬は、上司宅の犬!~その1~

    【夫婦の距離】かわいい愛犬にケガをさせた粗暴な犬は、お世話になっている上司宅のペット!~その1~

  11. 恐ろしくも愛しい、亡き妻の“悪口ノート” ~その2

    【夫婦の距離】遺品整理で出てきた1冊のノート。そこには初めて知る亡き妻の気持ちが綴られていた~その2~

  12. 【夫婦の距離】恐ろしくも愛しい、亡き妻の“悪口ノート” ~その1

    【夫婦の距離】遺品整理で出てきた1冊のノート。そこには初めて知る亡き妻の気持ちが綴られていた~その1~

  13. 【夫婦の距離】駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった ~その2

    【夫婦の距離】駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった ~その2~

  14. 駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった ~その1

    【夫婦の距離】駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった~その1~

  15. 【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! 夫を変えた妻のアイデア~その2~

    【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! トラブルメーカーの夫を変えた妻の提案~その2~

  16. 【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! 夫を変えた妻のアイデア~その1~

    【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! トラブルメーカーの夫を変えた妻の提案~その1~

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【もう君はいない】山に登れば今もあなたに会える……大好きだった妻…
  2. 【もう君はいない】山に登れば今もあなたに会える……大好きだった妻…
  3. 【夫婦の距離】孫はかすがい。「厄介なじいじ」がコロナ禍で汚名返上~その2~ 【夫婦の距離】孫はかすがい。「厄介なじいじ」がコロナ禍で汚名返上…
  4. 【夫婦の距離】孫はかすがい。「厄介なじいじ」がコロナ禍で汚名返上~その1~ 【夫婦の距離】孫はかすがい。「厄介なじいじ」がコロナ禍で汚名返上…
  5. 【もう君はいない】半年前「コロナ禍」を知らずに逝った妻。笑顔と愛…
PAGE TOP