新着記事

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

おこもり生活に役立つアプリ「radiko」の使い方【スマホ基本のき 第20回】

生活費が足りない、借金返済の場合は嘘をつく、親にお金を借りる理由

衝動的に東海道新幹線に飛び乗ってでかけたくなる、ニッチな一冊|『名古屋の酒場』

飲み屋が少ない、そもそも酒に弱い、知られざる「名古屋の酒場」事情

毎日出勤しても仕事が無い…「社内失業者」にならないために必要なこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

年収1000万円以上の保護者が子どもにしている「マネー教育」の中身

PTA活動はみんなやりたくない? 年齢別にみると明らかな結果が。生の声をそのまま公開します!

ボスママ、マウント、利権争い、「PTA活動」参加したくない意外な理由

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【夫婦の距離】遺品整理で出てきた1冊のノート。そこには初めて知る亡き妻の気持ちが綴られていた~その2~

取材・文/大津恭子

恐ろしくも愛しい、亡き妻の“悪口ノート” ~その2

定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が直面する、環境や生活リズムの変化。ライフスタイルが変わると、どんな問題が起こるのか。また、夫婦の距離感やバランスをどのように保ち、過ごしているのかを語ってもらいます。

[お話を伺った人]

横井 仁さん(仮名・64歳) 脱サラ後32年にわたってコンサルタント会社を営んできたが、62歳の誕生日にリタイア。その半年後、最愛の妻・久美子さんが他界した。

~その1~はコチラ】

愛妻が急逝し、1冊のノートの存在が明らかになった。ノートの題名は“悪口ノート”

愛妻が急逝し、1冊のノートの存在が明らかになった。
ノートの題名は“悪口ノート”。見るべきではないと思いつつ、ページをめくると、そこには見慣れた筆跡で、自分への不満が書かれていた。

亡き妻・久美子さんは、誰もが認める明るいキャラクターだった。喜怒哀楽が顔に出ることもあったが、大きな声を出したり、人を責めるような発言をするタイプではなく、家庭では笑顔の絶えない女性だったという。

「1ページ目に書いてあったのが、“宣言”でした。『このノートは、2回我慢したけど3回目に同じことが起きたとき、我慢せずに書きます』みたいな(笑)。それで、最初に書いてあったのが、僕が子供の面倒を見ない、という内容でした。もう30年以上前のことなんですが、確かに数回赤ん坊を風呂に入れた記憶があるくらいですね」

横井さんが会社を興した年の年末に長男が誕生したが、その頃の横井さんは新規顧客を獲得することに必死で、1日18時間は会社にいるような状況だったそうだ。

一方の久美子さんも、出産後2か月目には電話応対や書類作成など、裏方として夫の仕事に携わっていた。夫の実家が近くにあったが、義母には甘えることができない。不慣れな育児はほぼワンオペ状態だった。自営業のため勤務態勢に融通がきいたとはいえ、久美子さんが不安を抱えつつ多忙を極めていたことは想像に難くない。

「ノートには夜泣きに悩んでいるとか、自分が泣きたいとか、そんな私を気遣いもせず夫はいびきをかいて寝ている……とか、僕に対する不満がいろいろ書き殴ってありましたよ。悪口と言うより愚痴に近いものですね。でも不思議なことに、いくら自分への不満を書かれていても、腹が立たないんですよ。もし直接言われていたら、大喧嘩していたと思いますが、よく言わずにいてくれたものだと感心しているくらいです」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【もう君はいない】山に登れば今もあなたに会える……大好きだった妻…
  2. 【もう君はいない】山に登れば今もあなたに会える……大好きだった妻…
  3. 【夫婦の距離】孫はかすがい。「厄介なじいじ」がコロナ禍で汚名返上~その2~ 【夫婦の距離】孫はかすがい。「厄介なじいじ」がコロナ禍で汚名返上…
  4. 【夫婦の距離】孫はかすがい。「厄介なじいじ」がコロナ禍で汚名返上~その1~ 【夫婦の距離】孫はかすがい。「厄介なじいじ」がコロナ禍で汚名返上…
  5. 【もう君はいない】半年前「コロナ禍」を知らずに逝った妻。笑顔と愛…
PAGE TOP