新着記事

江戸切子 蓋ちょこ|伝統と現代の趣向を合わせたモダンな切子グラス

本の土偶と埴輪にハマりすぎてしまった、一人の愛すべきフランス人

一体なぜ? 「縄文土偶」にハマりすぎたフランス人

【娘のきもち】依存し合う母娘。「私のようになってはいけない」という母の意思を受け継いだ娘が持つ結婚観とは~その2~

【娘のきもち】依存し合う母娘。「私のようになってはいけない」という母の意思を受け継いだ娘が持つ結婚観とは~その1~

75歳以上の“粗食”は“フレイル”(加齢による心身の衰弱)と関連|必要な食事量が摂れていない高齢者が多く存在

75歳以上は痩せている人の方が高リスク!? 高齢者の2人に1人が“フレイル”(加齢による心身の衰弱)の疑いあり

ヘルニア・腰痛・坐骨神経痛 朝起きる時の腰の痛みを改善するセルフケア&ストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第26回】

水晶彫りの酒器|水晶のような小窓からのぞく美酒を愛でつつ一献

活用しないともったいない! 自治体独自のサービスや「ふるさと納税」で離れて暮らす親を見守ろう

活用しないともったいない「見守りサービス」! 「自治体独自の活動」や「ふるさと納税」で離れて暮らす親を見守る方法

獣医さんに聞く、なぜ秋にこそペットの健康診断なのか

獣医さんに聞く、なぜ秋にこそペットの健康診断が必要なのか?

現代人の3人に1人が孤独死しやすい?

現代人の3人に1人が可能性あり!孤独死しやすい人の共通点とは?

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【夫婦の距離】遺品整理で出てきた1冊のノート。そこには初めて知る亡き妻の気持ちが綴られていた~その1~

取材・文/大津恭子

【夫婦の距離】恐ろしくも愛しい、亡き妻の“悪口ノート” ~その1

定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が直面する、環境や生活リズムの変化。ライフスタイルが変わると、どんな問題が起こるのか。また、夫婦の距離感やバランスをどのように保ち、過ごしているのかを語ってもらいます。

[お話を伺った人]

横井 仁さん(仮名・64歳) 脱サラ後32年にわたってコンサルタント会社を営んできたが、62歳の誕生日にリタイア。その半年後、最愛の妻・久美子さんが他界した。

救急隊員が駆けつけたときには妻はすでに亡くなっていた

横井さんが妻・久美子さんを失ってから2年が過ぎた。
20代半ばに知り合い、30代で結婚。その後脱サラし、経営コンサルタントとして独立すると、副社長として仕事場でも横井さんを支え続けてきたのが妻の久美子さん(享年60歳)だった。

「お義母さんのところに行ってくるね」――それが、横井さんが最後に聞いた久美子さんの言葉となった。
当時、久美子さんは92歳の義母・初枝さんが入居する特別養護老人ホームを頻繁に訪れ、介護士から病状を聞いたり、下着の洗濯をしたりして、身の回りの世話をしていた。
入所当初は話し相手になっていたものの、初枝さんの認知症は徐々に深刻になり、5~6年前から、嫁はおろか、息子の仁さんの顔さえわからなくなっていたそうだ。

「それでも2~3日にいっぺんは行っていたはずです。おふくろと女房とは最初っから折が合わなくて、昔はよく家で泣いていましたよ。でもなぜか、おふくろの所にはまめに通ってくれていたんですよ」

久美子さんが倒れたのは、初枝さんの部屋。施設の職員によると、初枝さんがベッド脇にある緊急用のベルを鳴らし、異変を知らせたのだそうだ。それまで一度も使用したことのない緊急ボタンを押し、駆けつけた職員に「この人が急に動かなくなった」と伝えたらしい。
初枝さんの通報にもかかわらず、救急隊員が駆けつけたときには久美子さんはすでに亡くなっていたという。くも膜下出血だった。

久美子さんの葬儀を終えて数日後、横井さんが母親の元を訪ねると、「仁、おまえの嫁はなぜ来ない」と聞いてきたそうだ。

「正直驚きましたね。一瞬だけでしたが、僕のことも女房のこともはっきり認識していたわけですから。ひょっとしたら、これまで自分の世話をしていたのが女房だってことは、理解していたんじゃないでしょうか。『久美子は死んじゃったんだよ。葬式も済ませたよ』と伝えると、キョトンとしていました。しばらくしたら、『帰れ!』と怒り出して……。もしかしたら、母親として『お前は何をやっているんだ!』と僕を叱ったのかもしれませんけど」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 恐ろしくも愛しい、亡き妻の“悪口ノート” ~その2 【夫婦の距離】遺品整理で出てきた1冊のノート。そこには初めて知る…
  2. 【夫婦の距離】駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった ~その2 【夫婦の距離】駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をか…
  3. 駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった ~その1 【夫婦の距離】駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をか…
  4. 【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! 夫を変えた妻のアイデア~その2~ 【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! トラブルメーカー…
  5. 【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! 夫を変えた妻のアイデア~その1~ 【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! トラブルメーカー…
PAGE TOP