新着記事

ジビエ

日本のジビエを考える、そして食べる|地方が直面する問題と都市も注目する食材

『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

世代ごとのBS視聴傾向をTV局ごとに深掘り! BSファンの実態とは!?

BS放送世代別視聴率ベスト5|50代1位は「おぎやはぎの愛車遍歴」

アリ・シェフェール《フリデリク・ショパンの肖像》1847年 油彩、カンヴァス credit:Dordrechts Museum

“ピアノの詩人”の音楽と生涯をたどる【「ショパン―200年の肖像」展】

科学者が語る人生論|『138億年の人生論』

科学者が説く、トラブルに煩わされない「宇宙スケール」の考え方

山

紅葉が楽しめる!秋の登山・ハイキング人気スポットランキング

ねっとり里芋の焼きコロッケ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】栄養満点! ねっとり食感を生かした「里芋のグラタン&コロッケ」

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)獅子座~蠍座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【家族のかたち】一番下の妹を中心に回る家族。好きで長男に生まれたわけじゃない~その1~

取材・文/ふじのあやこ

【家族のかたち】一番下の妹を中心に回る家族。好きで長男に生まれたわけじゃない~その1~

昭和、平成と時代が移り変わるのと同様に、家族のかたちも大家族から核家族へと変化してきています。本連載では、親との家族関係を経て、自分が家族を持つようになって感じたこと、親について、そして子供について思うことを語ってもらい、今の家族のかたちを迫ります。

今回お話を伺ったのは、勇人さん(仮名・37歳)。現在、都内にあるデザイン事務所で働いています。勇人さんは30歳の時に結婚、現在は奥さんと1歳になる子供と3人で暮らしています。

8歳下の妹中心に回る家族。イライラして「妹なんかいらなかった」と発言したことも

勇人さんは埼玉県出身で両親と2歳下、8歳下に妹のいる5人家族。父親は親族が経営する建設関係の仕事を、母親は専業主婦で、小さい頃は厳しかった父親と優しかった母親といった、両極端な印象しかないと言います。

「小さい頃の記憶はほとんど曖昧なんですが、母親はいつも優しくて笑顔だった記憶があります。でも、父親はいつもムスっとしている顔を覚えているんです。父は妹たちには優しかったんですが、長男の僕にはこうあるべきと自身の考え方を押し付けるタイプでした」

一番下の妹が生まれたのは勇人さんが小学生の時で、その時のことはハッキリと覚えているそう。毎日妹中心に回る家族を鬱陶しく思ったこともあったとか。

「母親はそこまで体の強い人じゃなかったから、産む前から入院をしていました。だから祖母と妹と一緒に何度も母親の病院へお見舞いに行っていましたね。そして、無事に生まれてからはすべてのことが一番下の妹中心に家族が動くことになります。2つ下の妹の時は覚えていなくて、僕にとって一番下の妹のことだけ強烈に記憶に残っているんです。当時は家族5人で3部屋しかない団地に住んでいたので、泣き声とかも本当に逃げ場がなくて……。うるさくてイライラしたことを覚えています」

小学生の頃は母親と妹との3人で晩御飯の買い物に行くことが楽しみだったと語る勇人さん。一番下の妹について暴言を吐いたことで父親から鉄拳を食らった過去もあるそう。

「母親と買い物に行った時は、お菓子を買ってくれたり、好きなメニューをリクエストできたりするから、とても楽しかった。でも、一番下の妹ができたことでそれもなくなって、母親が買い物中は家で妹のことを見とかなきゃいけなくて。他にも自分がしたいことを制限されることが増えて、イライラしていました。発言したことは覚えていないんですが、晩御飯中に『妹なんていらない』と言ったみたいなんです。直後に父親から殴られたことは覚えています。今振り返るといけないことを言ったことはわかりますが、当時は両親から大切にされているのは妹だけといった気持ちが強くなっただけでしたね」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【家族のかたち】「子供の味方になれない」父の姿を見て、母が選んだ…
  2. 【家族のかたち】「子供の味方になれない」父の姿を見て、母が選んだ…
  3. 【家族のかたち】孫の面倒はどこまで見るべきか。二世帯同居の気遣い…
  4. 【家族のかたち】孫の面倒はどこまで見るべきか。二世帯同居の気遣い…
  5. 【家族のかたち】熟年離婚のきっかけは父親の早期退職。両親のすれ違…
PAGE TOP