新着記事

ナット・キング・コール『ザ・クリスマス・ソング』

「クリスマス・ジャズ」はなぜこんなに楽しいのか【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道33】

玉の輿婚

「玉の輿」に乗った女性たち、出会いの場はどこ?|3位は学校、2位は職場、1位は?

大賞と各部門賞の選考を終え、記念のカメラに収まる審査員のみなさん。「あったらいいな」の視点から、議論を戦わせた。

第18回 2019年 「サライ大賞」発表|読者が選んだ「サライ世代に優しい商品」

退職時・退職後の税金の申告は?【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

会社員でも要注意! 退職時・退職後に税金の申告が必要になる場合とは?【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

鶏肉とじゃがいものローズマリーグリル

【管理栄養士が教える減塩レシピ】春だけじゃない!秋も旬のじゃがいもを使った料理2品

副業

年収800万円以上のビジネスマンの約2割が副業している!|副業での年収は「100万円以上~499万円以下」が最多

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(11/18~11/24)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(11/18~11/24)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(11/18~11/24)牡羊座~蟹座編

【ビジネスの極意】「報連相」「CC文化」が招く弊害

【ビジネスの極意】「報連相」「CC文化」が招く弊害

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  2. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  3. 写真手前が「ラム串五本セット」1000円。レバー、ショルダー、ランプ、ネックの炭火串焼き。左上「よだれラム」800円。羊のすね肉をロール状にして麻マー辣ラーのタレに漬ける。“赤の泡”と好相性。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【最後の恋】妻以外の女性と関係が進んだのは、自分の話を真剣に聞いてくれる“奥ゆかしい昭和の女”だったから~その2~

取材・文/沢木文

【最後の恋】オクテ同士のアラカンカップルが、男女の関係になったのは、彼女のリードから~その2~
仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載では、『不倫女子のリアル』(小学館新書)などの著書がある沢木文が、妻も子供もいる彼らの、秘めた恋を紹介する。

【その1はこちら

* * *

高校の同窓会で、クラスのマドンナと再会

今回、お話を伺ったのは元大手企業のエンジニアで、現在も再雇用先で活躍している松田大和さん(仮名・64歳)。山口県の高校の同窓会で、彼女に出会う。

「あれは1年前だった。東京にいる同級生同士で集まろうという話になって、みんなで日比谷のビストロに集まったんだよ。それで、ある女の子から……といっても、もう63歳だけど、『ヤマちゃんでしょ?』と呼びかけられてドキっとしちゃってね。私を下の名前で呼ぶのは、高校時代までの友人のみ。当時のあだ名で呼ばれると時間がグッと巻き戻るというか……」

その女性は、勉強ができて美貌のクラスのマドンナだった。関西地方の国立大学に進学し、就職し、30歳で結婚をする。その後、2年足らずで離婚してから上京し、外資系の金融関連会社に再就職する。そこに30年近く勤務して悠々自適のシニアライフを送っている。

「当時と変わらない体型とぱっちりした目が印象的だった。妻と娘がアンチエイジングだ、流行のブランドだとワーキャー言っているのに食傷気味だったから、素材にこだわっていることが一目でわかるコットン素材のネイビーのワンピースという上品な出で立ちも素敵に思えたんだよね。化粧も薄くて、思考と性格と趣味や嗜好がシンプルに整理されている感じがよかった。それで、同窓会の後に、バーに誘ったんだ」

自分の話を真剣に聞いてくれて、仕事の愚痴や不安にも耳を傾けてくれた

そこで、自分の話を真剣に聞いてくれて、仕事の愚痴や不安にも耳を傾けてくれて、受け入れて励ましてくれる同世代の異性に、胸がときめくようになる。

「去年の夏に、生の甘夏とミントを使ったモヒートを飲んでいたんだよね。『みずみずしい、夏の香りだね』と彼女が言い、いかに自分が人の気持ちや季節の移り変わりに鈍感な、味気ない生活を送っていたかがわかった。もちろん、娘も孫もいて、ありあまる幸せがあるのはわかっている。妻にも娘にも、アメリカにいる長男にも感謝している。でも、自分が欲しかったのは、日常の喜びや、他人には言えない不安や怒り、イライラを分かち合える相手だったんだとわかった」

帰りに手を握りたいと思ったけれど、妻以外の女性とほとんど関係したことがない松田さんは躊躇する。また、彼女も“奥ゆかしい昭和の女”なので、関係が進んだのは、3回目のデートだった。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【最後の恋】役職定年で終わった仕事人生と妻との離婚。故郷に帰って…
  2. 【最後の恋】役職定年で終わった仕事人生と妻との離婚。故郷に帰って…
  3. 【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロ…
  4. 【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロ…
  5. 【最後の恋】情が深い彼女に家庭を壊される恐れを抱きつつ、積極的な…
PAGE TOP