サライ.jp

「私も同世代の男たち同様、家庭を女房に任せっきりにして、わき目も振らずに働いていた。だから定年後は、女房と旅行したり、庭の一部を菜園にしたり、妻の実家から譲られた那須の別荘に行ったりして、夫婦の時間を楽しもうと思っていた。女房は学生時代に知り合って恋愛結婚したんだけれど、私が仕事中心だったから、新婚旅行も満足に行けなかった。定年後の生活の夢を語った時に、妻も『楽しみね』と言ってくれていたんだ。でも、やっぱり私と行くより、娘と行った方が楽しいみたいだね」

奥様は、松田さんと過ごす時間よりも、娘と孫との3人でいたほうが楽しいらしく、出かける頻度は増していく。そして、ここ2年ほどは何も言わずに出かけることが多くなっていった。

「これは私も悪いとは思うんだけれど、妻が『娘と旅行に行く』と言う時に、いい顔をしなかったんだ。娘にやきもちを焼いていたんだね。すると黙って出かけるようになっちゃったんだ。あるときなんて、木曜日の夕方に帰ってきたら書置きがあって『3人で台湾に行ってきます。月曜日朝に帰ります』って。冷蔵庫には3日分の総菜がタッパーに入っておいてある。それをチンして食べているとむなしくなるよね。一緒に食べて、喜び合う人がいるから食事は楽しいのに。だから女房には『適当に買って食べるから、作らなくていいよ』って言ったら、『お金がもったいない。あなたは血圧が高いんだから、塩分が……』などと言われちゃって、ムッとするよね。でもそれを言ったら終わっちゃうから『はいはい、ごめんなさい』って。35年前に女房の実家の土地に家を建てさせてもらってから、私に反論できる余地はない。そんな時に、同窓会で彼女に出会ったんだ」

【高校時代のマドンナは離婚歴があるキャリアウーマン。喜びと悲しみをうけいれられる喜びに心が満たされていく。~その2~へ続きます】

取材・文/沢木文
1976年東京都足立区生まれ。大学在学中よりファッション雑誌の編集に携わる。恋愛、結婚、出産などをテーマとした記事を担当。著書に『貧困女子のリアル』『不倫女子のリアル』(小学館新書)がある。

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
7月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア