新着記事

ゴルフで仕事がうまくいった人は6割! 会社員500名のゴルフ事情

【ビジネスの極意】「ライバル企業に転職する」と言った部長の話からわかること

【ビジネスの極意】「ライバル企業に転職する」と言った部長の話からわかること

巨大な名峰『立川談志山』登頂のためのガイドブック|『談志語辞典』

自分の欲望をカネで解決するのを、恥ずかしいこととしてやらないのが「江戸っ子の品」|弟子だからこそ知っている「談志のことば」

【車検ははなんでこんなに高い…?】半数以上の方が車検の内容をよく理解せずに受けていることが判明!?知らずに損をしている現状を打破するために見極めなければいけない事とは?

車検はなんでこんなに高い!? 知らないと損をする「車検」の中身

お母さんが1番大変だと感じる「朝ごはんの準備」どう乗り切っている?

ビル・エヴァンス&ジム・ホール『アンダーカレント』

音楽のキャッチボール「デュオ」演奏の楽しみ方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道36】

人間関係が幸せの道すじ【人生のおさらいをするために――児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

人間は人間関係の中でしか、自分の存在や価値を見出せない【人生のおさらいをするために――児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

429人にアンケート調査!|子どもが医学部受験をしたことのある母親へ質問しました! 当時お子様のために何をしていましたか? 医学部受験のコツとは…!?

子どもが医学部受験をしたことのある母親429人に聞いた「医学部合格のコツ」

海苔の佃煮

【管理栄養士が教える減塩レシピ】新海苔の季節!旨味たっぷり海苔を使った佃煮&おかずレシピ

今年のノーベル賞「低酸素応答」乳癌の検査や治療への応用は?

今年のノーベル賞「低酸素応答」|乳癌の検査や治療への応用は?

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  2. 鴨鍋
  3. 宝塚歌劇

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【最後の恋】妻以外の女性と関係が進んだのは、自分の話を真剣に聞いてくれる“奥ゆかしい昭和の女”だったから~その1~

「私も同世代の男たち同様、家庭を女房に任せっきりにして、わき目も振らずに働いていた。だから定年後は、女房と旅行したり、庭の一部を菜園にしたり、妻の実家から譲られた那須の別荘に行ったりして、夫婦の時間を楽しもうと思っていた。女房は学生時代に知り合って恋愛結婚したんだけれど、私が仕事中心だったから、新婚旅行も満足に行けなかった。定年後の生活の夢を語った時に、妻も『楽しみね』と言ってくれていたんだ。でも、やっぱり私と行くより、娘と行った方が楽しいみたいだね」

奥様は、松田さんと過ごす時間よりも、娘と孫との3人でいたほうが楽しいらしく、出かける頻度は増していく。そして、ここ2年ほどは何も言わずに出かけることが多くなっていった。

「これは私も悪いとは思うんだけれど、妻が『娘と旅行に行く』と言う時に、いい顔をしなかったんだ。娘にやきもちを焼いていたんだね。すると黙って出かけるようになっちゃったんだ。あるときなんて、木曜日の夕方に帰ってきたら書置きがあって『3人で台湾に行ってきます。月曜日朝に帰ります』って。冷蔵庫には3日分の総菜がタッパーに入っておいてある。それをチンして食べているとむなしくなるよね。一緒に食べて、喜び合う人がいるから食事は楽しいのに。だから女房には『適当に買って食べるから、作らなくていいよ』って言ったら、『お金がもったいない。あなたは血圧が高いんだから、塩分が……』などと言われちゃって、ムッとするよね。でもそれを言ったら終わっちゃうから『はいはい、ごめんなさい』って。35年前に女房の実家の土地に家を建てさせてもらってから、私に反論できる余地はない。そんな時に、同窓会で彼女に出会ったんだ」

【高校時代のマドンナは離婚歴があるキャリアウーマン。喜びと悲しみをうけいれられる喜びに心が満たされていく。~その2~へ続きます】

取材・文/沢木文
1976年東京都足立区生まれ。大学在学中よりファッション雑誌の編集に携わる。恋愛、結婚、出産などをテーマとした記事を担当。著書に『貧困女子のリアル』『不倫女子のリアル』(小学館新書)がある。

  1. 【最後の恋】親友の未亡人と遺児を見守り続けた10年目の愛……山が繋げた心の絆~その2~

  2. 【最後の恋】親友の未亡人と遺児を見守り続けた10年目の愛……山が繋げた心の絆~その1~

  3. 【最後の恋】「定年うつ」から抜け出せた、知的な友人たちとの交流。新たな居場所で育んだ一回り年下の元文学少女との逢瀬~その2~

  4. 【最後の恋】「定年うつ」から抜け出せた、知的な友人たちとの交流。新たな居場所で育んだ一回り年下の元文学少女との逢瀬~その1~

  5. 【最後の恋】役職定年で終わった仕事人生と妻との離婚。故郷に帰って見つけた生きがいと女性との新たな出会い~その2~

  6. 【最後の恋】役職定年で終わった仕事人生と妻との離婚。故郷に帰って見つけた生きがいと女性との新たな出会い~その1~

  7. 【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その2~

  8. 【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その1~

  9. 【最後の恋】情が深い彼女に家庭を壊される恐れを抱きつつ、積極的なアプローチに再び気持ちが傾いてしまい……~その2~

  10. 【最後の恋】「家族第一」の仕事人間が心を寄せたのは、妻とは雰囲気が違う10歳年下の既婚女性~その1~

  11. 【最後の恋】「うちでお昼はいかが?」高級マンションでひとり暮らしをする4歳年下の未亡人の誘惑~その2~

  12. 【最後の恋】偶然入った昼間のカラオケスナック。「いい声ね」と言われ、人生初のモテ期が始まり……~その1~

  13. 【最後の恋】20代後半の再会と、60代の再会……純粋な恋心が老いる体を鼓舞していく~その2~

  14. 【最後の恋】見合い結婚した企業戦士、初恋の同級生は客室乗務員に……再会は飛行機内だった~その1~

  15. 【最後の恋】オクテ同士のアラカンカップルが、男女の関係になったのは、彼女のリードから~その2~

    【最後の恋】妻以外の女性と関係が進んだのは、自分の話を真剣に聞いてくれる“奥ゆかしい昭和の女”だったから~その2~

  16. 【最後の恋】20年の夫婦レス生活の果てに再会した、高校時代のマドンナと心通わせて~その1~

    【最後の恋】妻以外の女性と関係が進んだのは、自分の話を真剣に聞いてくれる“奥ゆかしい昭和の女”だったから~その1~

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【最後の恋】親友の未亡人と遺児を見守り続けた10年目の愛……山が…
  2. 【最後の恋】親友の未亡人と遺児を見守り続けた10年目の愛……山が…
  3. 【最後の恋】「定年うつ」から抜け出せた、知的な友人たちとの交流。…
  4. 【最後の恋】「定年うつ」から抜け出せた、知的な友人たちとの交流。…
  5. 【最後の恋】役職定年で終わった仕事人生と妻との離婚。故郷に帰って…
PAGE TOP