新着記事

「優しいリーダー」が注目される理由

【ビジネスの極意】「優しいリーダー」が注目される理由

牛革天然藍染めの小物|手染め感が味わい深い、阿波藍染の革小物

悲しげなクルーズカイーダの像

マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れた十字架のレクイエム(ブラジル)

バランス栄養食品

朝食のかわり?お菓子のかわり?|バランス栄養食品で人気は「カロリーメイト」と「SOYJOY」

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【最後の恋】妻以外の女性と関係が進んだのは、自分の話を真剣に聞いてくれる“奥ゆかしい昭和の女”だったから~その1~

取材・文/沢木文

【最後の恋】20年の夫婦レス生活の果てに再会した、高校時代のマドンナと心通わせて~その1~

仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載では、『不倫女子のリアル』(小学館新書)などの著書がある沢木文が、妻も子供もいる彼らの、秘めた恋を紹介する。

* * *

“恋”をするアラカン男性の多くは、ショルダーバッグの斜め掛けをしていない

今回、お話を伺ったのは松田大和さん(仮名・64歳)。山口県で生まれ育ち、東京の国立大学に進学。卒業後は大手企業に勤務し、エンジニアとして活躍。現在も再雇用先の企業で顧問として後進の育成に携わっている。

松田さんは趣味で声楽をやっているので、美しいバリトンボイスの持ち主だ。体型は中肉中背だが、背筋がピシッと伸びていて、若々しい印象を受ける。

ファッションはレモンイエローのポロシャツにチノパンツ。いずれも有名ブランドのもので、パリッとしておりクリーニングに出していることがわかる。バッグは若者に人気のブランドのナイロン素材のトートバッグだ。このインタビューを続けていて感じるのは、“恋”をするアラカン男性の多くは、ショルダーバッグの斜め掛けをしていない人が多い。

「服は出戻りの娘のアドバイス通りに着ているんだよ。今、4歳の孫娘と、34歳の娘、同じ年の女房の4人で暮らしているんだけれど、私と女房で孫の保育園のお迎えや、行事でてんやわんやしているよ。どうも娘は“おしゃれなジイジ”でいてほしいらしくて、あれこれと服を買ってきてくれて『パパ、運動会の時はこれ着て来て』と強引に押し付けてくるんだよ」

松田さんのお嬢さんは大手企業でマーケティングの仕事をしている。

「まあ誰に似たんだか気が強くて(笑)。子供作ってすぐ離婚して、ウチに転がり込んできた。最初は『みっともない』なんて言っていたウチの女房は、自分そっくりの見栄っ張りで都会的な娘がかわいいみたいで、よきサポーターとして大活躍している。孫の小学校受験のための塾通いだ、習い事だと躍起になって、最近はグッと若返ったよ。私のような老人の世話をするよりもやりがいはあるだろうからね。娘は金も稼いでいるし、頭もいいし、リーダーシップもある」

老後の計画が大きく変わってしまった出戻りの娘との同居

3年前にお嬢さんが、23区内にある松田さんの家に娘を連れて帰ってきてからは、老後の計画が大きく変わってしまった。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【最後の恋】オクテ同士のアラカンカップルが、男女の関係になったのは、彼女のリードから~その2~ 【最後の恋】妻以外の女性と関係が進んだのは、自分の話を真剣に聞い…
  2. 【最後の恋】63歳からの恋活は「バレない」SNSカン違いが引き寄せた最後の恋~その2~ 【最後の恋】シニアの恋活パーティーもお見合いもうまく行かず。SN…
  3. 【最後の恋】63歳からの“恋活”は慎重第一。「金目当て」を排除し、運命の女性と会うまでの道のり~その1~ 【最後の恋】定年後の“恋活”は慎重第一。「金目当て」の相手を排除…
  4. 【最後の恋】~その2~妻の遺品と決別し、徐々に気持ちが切り替わっていき、出会った運命の女性 【最後の恋】妻の遺品と決別し、徐々に気持ちが切り替わっていき、出…
  5. 【最後の恋】~その1~妻との死別と“後妻業の女”の罠……愛妻家が選んだ最後の恋の相手は? 【最後の恋】突然の妻との死別で落胆する日々。シニア婚活で出会った…
PAGE TOP