サライ.jp

取材・文/沢木文

【最後の恋】20年の夫婦レス生活の果てに再会した、高校時代のマドンナと心通わせて~その1~

仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載では、『不倫女子のリアル』(小学館新書)などの著書がある沢木文が、妻も子供もいる彼らの、秘めた恋を紹介する。

* * *

“恋”をするアラカン男性の多くは、ショルダーバッグの斜め掛けをしていない

今回、お話を伺ったのは松田大和さん(仮名・64歳)。山口県で生まれ育ち、東京の国立大学に進学。卒業後は大手企業に勤務し、エンジニアとして活躍。現在も再雇用先の企業で顧問として後進の育成に携わっている。

松田さんは趣味で声楽をやっているので、美しいバリトンボイスの持ち主だ。体型は中肉中背だが、背筋がピシッと伸びていて、若々しい印象を受ける。

ファッションはレモンイエローのポロシャツにチノパンツ。いずれも有名ブランドのもので、パリッとしておりクリーニングに出していることがわかる。バッグは若者に人気のブランドのナイロン素材のトートバッグだ。このインタビューを続けていて感じるのは、“恋”をするアラカン男性の多くは、ショルダーバッグの斜め掛けをしていない人が多い。

「服は出戻りの娘のアドバイス通りに着ているんだよ。今、4歳の孫娘と、34歳の娘、同じ年の女房の4人で暮らしているんだけれど、私と女房で孫の保育園のお迎えや、行事でてんやわんやしているよ。どうも娘は“おしゃれなジイジ”でいてほしいらしくて、あれこれと服を買ってきてくれて『パパ、運動会の時はこれ着て来て』と強引に押し付けてくるんだよ」

松田さんのお嬢さんは大手企業でマーケティングの仕事をしている。

「まあ誰に似たんだか気が強くて(笑)。子供作ってすぐ離婚して、ウチに転がり込んできた。最初は『みっともない』なんて言っていたウチの女房は、自分そっくりの見栄っ張りで都会的な娘がかわいいみたいで、よきサポーターとして大活躍している。孫の小学校受験のための塾通いだ、習い事だと躍起になって、最近はグッと若返ったよ。私のような老人の世話をするよりもやりがいはあるだろうからね。娘は金も稼いでいるし、頭もいいし、リーダーシップもある」

老後の計画が大きく変わってしまった出戻りの娘との同居

3年前にお嬢さんが、23区内にある松田さんの家に娘を連れて帰ってきてからは、老後の計画が大きく変わってしまった。

【次ページに続きます】

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア