新着記事

【第85回人形町らくだ亭】8月27日開催「納涼公演」春風亭一朝が『野ざらし』を口演します

「姓→名」へ変更は必要?「名→姓」ローマ字表記は、実はとても日本的【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編15】

「姓→名」へ変更は必要?「名→姓」ローマ字表記は、実はとても日本的【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編15】

7位:ANA機体工場見学【東京都】

行ってみたい「工場見学」ランキングTOP10|人気スポットは、「お菓子」「ビール」「飛行機」

【ビジネスの極意】「報酬」それとも「やりがい」? あなたの働くモチベーションは何ですか?

【ビジネスの極意】「報酬」それとも「やりがい」? あなたの働くモチベーションは何ですか?

西京漬けは焼いて食す。魚の旨みと味噌床の旨みが溶け合う。手前は食用菊の酢漬け。西京焼きには、酸味のあるあしらいが合う。

「鯛の西京漬け」と「鯛の松前漬け」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング

「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽しく歩くためにすべきこと

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリストの美学」がわかる宿

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリズム」なライフスタイルを体験できる宿

エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策

今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

毛もないが、前臼歯もない不思議な犬種

身体にあてると痛みが止まった! 犬の特殊な能力を信じた人々

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった。そんな戸惑いに義父は子育ての思い出話を繰り返し話してくれた~その2~

取材・文/ふじのあやこ

【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった。そんな戸惑いに義父は子育ての思い出話を繰り返し話してくれた~その2~

時代の移り変わりとともに、変化していく家族のかたち。幼少期の家族との関係を振り返り、自身も子供を持つようになったからこそわかるようになった思いを語ってもらいます。~その1~はコチラ

今回お話を伺ったのは、都内にある会計事務所で働いている健太郎さん(仮名・35歳)。健太郎さんは埼玉県出身で母親との2人暮らし。小さい頃に離婚した父親のことは薄っすらと覚えているのみ。母親との生活に寂しさを感じたことはなく、反抗期もなく、仲は良好だったとのこと。

「友人からマザコンと呼ばれないようにするために母親を外では避けていた時期もありますが、僕は反抗期もなかったし、自分でいうのもおかしいんですが、いい息子だったんじゃないかなって。僕は親に迷惑をかけないことをモットーにしていましたし、どんなに忙しくても僕との約束を必ず守ってくれていた母親もいい親にならなくてはという思いがあった気がします」

大学進学は母親が加入してくれていた学資保険で。一人暮らしを勧めるのも僕のことを思ってだった

健太郎さんは大学に進学し、その後商社の営業職に就職。大学進学をためらった時期もあったそうですが、母親が入っていてくれた学資保険のおかげで大学に通うことができたと言います。

「大学進学前に満期で学資金がおりるもので、いつから入ってくれていたのか、本当にありがたかったです。大学は実家から通って、通学がややしんどかったぐらいで忙しいこともなかったから、家の家事は分担制になっていました。高校から始めたアルバイトも継続して、サークルなどに入ったりはしなかったけど、大学生活はお酒も覚えて、みんなと朝まで騒いでいたこともしばしば。まぁ娘じゃないし、その時も母親から怒られたりはしませんでした」

就職して2年間は実家から都内の会社に通い、3年目を迎えた時、母親からは一人暮らしを勧められます。独立を機に彼女と同棲を始め、そのまま結婚に。結婚が決まった時に母親はとても喜んでくれたそうです。

「一人暮らしをしろって言われた時は、もしかして母親にいい人ができたのかもと少し動揺しましたが、それは取り越し苦労でした(苦笑)。最初は自立してほしかったんだと思いますが、僕は家を出てすぐに高校から付き合っている彼女と同棲を始めてしまって。そのまま3年ほど同棲期間を経て、自分からというより、お互いの親から何度も言われたことで結婚することになりました。僕だけじゃなく彼女もまだ結婚するつもりもなかったみたいでしたが、まぁお互いの親が喜んでくれたからいいかなって。

彼女とは高校からの付き合いなので彼女の両親ともずっと昔からお世話になっていたし、社会人になりたての時期にお互いの家族全員で一度食事会をしたこともあったから、母親も彼女の両親と面識があって。今はそうじゃないかもしれないけど、親世代だと、母子家庭にちょっとマイナスなイメージを抱く人もいるけど、彼女の両親は受け入れてくれて。向こうのご両親から結婚を勧められた時はプレッシャーというより、純粋に嬉しかったんです」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【家族のかたち】母子家庭でも寂しかった記憶は一切なし。一度した約束は最後まで守ってくれる母親だった~その1~ 【家族のかたち】母子家庭でも寂しかった記憶は一切なし。一度した約…
  2. 【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~ 【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人…
  3. 【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。前後で家族の仲に変化はないように見えていた~その1~ 【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。家族の仲に…
  4. 【家族のかたち】母子家庭は貧しくも、2人の兄のおかげで寂しさを感じることはなかった~その1~ 【家族のかたち】不妊治療に非協力的な夫との離婚。次に進めなかった…
  5. 【家族のかたち】不妊から離婚を経験。もう一回拒否されたらと次に進めなかった気持ちを家族が救ってくれた~その2~ 【家族のかたち】母子家庭は貧しくも、2人の兄のおかげで寂しさを感…
PAGE TOP