新着記事

絞り出し・至高急須|茶葉本来の魅力を引き出す、デザインの妙

難しく考えてしまいがちな独学を身近なものに|『独学のススメ-頑張らない! 「定年後」の学び方10か条』

頑張らない独学のススメ|「定年後」の学び方

免疫力を高めるために摂取すべきだと思う野菜とは…?|免疫力向上のために取り組んでいること第1位は「食事・栄養に気を配っている」!

免疫力を高めるために摂取すべきだと思う野菜1位はブロッコリー

【ビジネスの極意】 「チーズはどこへ消えた?」から何を学ぶべきか?

【ビジネスの極意】「チーズはどこへ消えた?」から何を学ぶべきか?

姫革細工の長財布|華やかさと気品を添える、和モダン柄の美しい財布

コリン・フェルナンド、世話好きの配管工の彼の愛車は、1929年生まれのFORDだ

1929年生まれのFORDが愛車!|ニュージーランドはクラッシックカーを愛す

緑内障の要介護者、半数は自覚症状が出てから診断

中途失明の原因1位「緑内障」|約5割が「見え方の異常」から眼科受診で判明

今のうちに足元を固め、できることを始めよう|資産を運用する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後の資金を増やす!|リスクを考えながら資産を運用するポイント【今からはじめるリタイアメントプランニング】

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! トラブルメーカーの夫を変えた妻の提案~その1~

取材・文/大津恭子

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! 夫を変えた妻のアイデア~その1~

定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が直面する、環境や生活リズムの変化。ライフスタイルが変わると、どんな問題が起こるのか。また、夫婦の距離感やバランスをどのように保ち、過ごしているのかを語ってもらいます。

[お話を伺った人]

内海晴人さん(仮名・64歳)医薬品メーカーを退職。念願だった家庭菜園を始め、日々野菜作りとその研究に勤しんでいる。

内海加奈さん(仮名・56歳)薬剤師として働いていたが、出産を機に退職。子育てを終え、現在は近所の調剤薬局でパート勤めをしている。

近所の子供から注意された夫。鈍感力が仇となり、トラブル連発

勉強であれ趣味であれ、退職後にやりたいことを見つけておくのはいいことだ。内海晴人さんは、リタイア後に本格的な家庭菜園を作って過ごすのが長年の夢だったそうだ。50代半ばから、綿密に計画を立ててきた。

「父が地方公務員だったので、官舎育ちなんです。子供の頃は、自分が大人になったら一軒家を建てて、広い庭で子供と遊んだり、花を育てたりするんだろうなぁと漠然と思い描いていたんですけど、現実は全然違いました。だから余計に憧れたんですよね」(晴人さん)

晴人さんは転勤が多かったため、20年以上社宅住まいが続いた。横浜市郊外の分譲地に念願の庭付き一戸建てを構えたのは47歳のとき。ところが新築直後に海外転勤が決まり、子供の受験期とも重なったため、それから10余年もの間、単身赴任生活をしてきたそうだ。赴任先では休日にまで接待が及び、多忙な日々を送っていた。夜中に風呂に浸かり、庭のレイアウトや菜園作りの段取りをあれこれ考えることが、最大の気晴らしだったという。58歳のときに本社勤務になり、定年まで勤め上げた。

退職日まで3か月を切ったある日、晴人さんは、自宅に隣接する土地が売りに出されていることを知り、「購入したい」と妻に切り出した。理由は“広い菜園を作るため”だ。

「もちろん大反対しましたよ。主人が野菜作りをしたがっていたのは、ずっと前から知っていました。でも、子供も巣立ってふたり暮らしですし、今さら土地を買い足すなんて……。私は自給自足の暮らしをしたいわけじゃないし、今ある庭で充分じゃないかって、反対したんです」(加奈さん)

それからというもの、晴人さんによる説得が始まった。毎晩のように加奈さんに夢を語り、色塗りした設計図を広げながら、数年先の野菜収穫計画まで話したそうだ。

「最後は根負けです。だけど、老後のための蓄えを切り崩さないこと、畑仕事は私にいっさい手伝わせないことを約束してもらいました」(加奈さん)

土地購入には親の遺産相続で得たお金を充て、退職金にはいっさい手をつけなかった。幼い頃からの夢だった広い庭を手に入れた晴人さんは、新たに図面を起こし、菜園作りの計画を立て直し、退職後すぐに庭の整理に着手した。ところが……。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【夫婦の距離】駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった ~その2 【夫婦の距離】駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をか…
  2. 駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった ~その1 【夫婦の距離】駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をか…
  3. 【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! 夫を変えた妻のアイデア~その2~ 【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! トラブルメーカー…
  4. 【定年前後の夫婦バランス】夫が妻の“背後霊”に。スポーツジムで“他人の仮面”を被り続ける理由~その2 【夫婦の距離】夫が妻の“背後霊”に!? スポーツジムで“他人の仮…
  5. 【定年前後の夫婦バランス】夫が妻の“背後霊”に。スポーツジムで“他人の仮面”を被り続ける理由~その1 【夫婦の距離】夫が妻の“背後霊”に!? スポーツジムで“他人の仮…
PAGE TOP