新着記事

カビ専門家に聞く「梅雨時期のカビ対策」3つのポイント

朝倉館跡空撮。

「お屋形さま」と呼ばれていた朝倉義景。室町時代後期の「大名屋形」を知れば『麒麟がくる』をもっと楽しめる【麒麟がくる 満喫リポート】

エアコンの故障は冷房の使い始めに起きている! 今年の猛暑を快適に過ごすために今すべきこと

誰でも簡単腰痛改善ストレッチ!ろっ骨ほぐしで腰痛改善【川口陽海の腰痛改善教室 第42回】

誰でも簡単にできるストレッチ「ろっ骨ほぐし」で腰痛改善【川口陽海の腰痛改善教室 第42回】

趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】

趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】

クリップオン偏光サングラス|日常使いのメガネがそのまま高機能サングラスに

南部以外ではなかなかお目にかかれないグリッツ。これはインスタント商品

『ザリガニの鳴くところ』のトウモロコシ粥(グリッツ)ってどんな味?【物語のアメリカ料理】

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その2~

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その1~

右側は煮溶かしたばかりのため、サラサラで飲みやすい。 左側は、冷めてかたまってからカットしたもの。プリッとしてボリュームがある。

おこもり生活で便秘が気になるなら、水溶性食物繊維たっぷりスープを!「あったか寒天スープ」でウィルス対策!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【夫婦の距離】夫が妻の“背後霊”に!? スポーツジムで“他人の仮面”を被り続ける理由~その1~

「若い女の子にばっかり話しかけてるから『ちょっかいおやじ』とかね(笑)。あと、ありがちなのは『モト〇〇』。退職したての男の人は『じつはこの前まで〇〇会社で専務やってましてね……』とか挨拶する人がけっこういるんですよ。そうすると、一発で『モトセン』(元専務の略)に決まり。ウチのジムには『モトセン』だけでも3人くらいいますよ。昔の肩書きってジム仲間のコミュニティには不要というか、むしろ邪魔なものだから、『ああ、そうですか。それで?』って感じになって……恥ずかしいでしょう? だからウチの主人には、『くだらないから、昔の手柄話はしないように』って釘をさしてるんですよ」

「昔の手柄話はくだらない」とは、なかなか手厳しい。以前の職業が何であれ、下ろした肩書きを振りかざすような自己紹介は不評なのだそうだ。

「それと、奥さんがかわいそうだなぁと思ったのは、『背後霊』。それまでいつも話題の中心にいた奥さんが、旦那さんと通うようになってから、すっかりおとなしくなっちゃって」

『背後霊』とは、推定年齢70歳の男性・Nさんのことだ。ある日、ジムの常連だった妻と一緒に、Nさんもエアロビクスのクラスに現れるようになった。初めてのエアロビに戸惑う姿は愛らしくもあり、さほど気に留められなかったのだが、日が経つにつれ、Nさんの様子が女性陣の話題に上るようになったという。

「奥さんはとっても活発な人で、いろんなプログラムに参加されていたんですよ。旦那さんは正反対で、本当に無口な人。青白い顔をして、いつも奥さんの後ろに隠れるように立っているんです。で、ついたあだ名が『背後霊』」

横で聞いていた正さんが、苦々しい表情で口を開いた。

「そんな話を聞かされたら、自分も何言われるかわからないなぁと思うよね。入会するのをやめようかとも思ったんだけど、近場で手頃に通えるジムが他になくて、他人のふりをするほうを選んだわけですよ」

ところが、いざ入会した正さんは、あやうく背後霊の仲間入りをしそうになり、まりこさんにたしなめられたという。

~その2~に続きます。】

取材・文/大津恭子
出版社勤務を経て、フリーエディター&ライターに。健康・医療に関する記事をメインに、ライフスタイルに関する企画の編集・執筆を多く手がける。著書『オランダ式簡素で豊かな生活の極意』ほか。

  1. 【夫婦の距離】孫はかすがい。「厄介なじいじ」がコロナ禍で汚名返上~その2~

    【夫婦の距離】孫はかすがい。「厄介なじいじ」がコロナ禍で汚名返上~その2~

  2. 【夫婦の距離】孫はかすがい。「厄介なじいじ」がコロナ禍で汚名返上~その1~

    【夫婦の距離】孫はかすがい。「厄介なじいじ」がコロナ禍で汚名返上~その1~

  3. 【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

    【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

  4. 【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

    【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

  5. 【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その2~

    【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その2~

  6. 【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その1~

    【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その1~

  7. 【夫婦の距離】妻孝行のつもりは夫だけ。「旅行は女友達と」が妻の本音~その2~

    【夫婦の距離】妻孝行のつもりは夫だけ。「旅行は女友達と」が妻の本音~その2~

  8. 【夫婦の距離】妻孝行のつもりは夫だけ。「旅行は女友達と」が妻の本音~その1~

    【夫婦の距離】妻孝行のつもりは夫だけ。「旅行は女友達と」が妻の本音~その1~

  9. 【夫婦の距離】かわいい愛犬にケガをさせた粗暴な犬は、上司宅の犬!~その2~

    【夫婦の距離】かわいい愛犬にケガをさせた粗暴な犬は、お世話になっている上司宅のペット!~その2~

  10. 【夫婦の距離】かわいい愛犬にケガをさせた粗暴な犬は、上司宅の犬!~その1~

    【夫婦の距離】かわいい愛犬にケガをさせた粗暴な犬は、お世話になっている上司宅のペット!~その1~

  11. 恐ろしくも愛しい、亡き妻の“悪口ノート” ~その2

    【夫婦の距離】遺品整理で出てきた1冊のノート。そこには初めて知る亡き妻の気持ちが綴られていた~その2~

  12. 【夫婦の距離】恐ろしくも愛しい、亡き妻の“悪口ノート” ~その1

    【夫婦の距離】遺品整理で出てきた1冊のノート。そこには初めて知る亡き妻の気持ちが綴られていた~その1~

  13. 【夫婦の距離】駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった ~その2

    【夫婦の距離】駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった ~その2~

  14. 駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった ~その1

    【夫婦の距離】駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった~その1~

  15. 【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! 夫を変えた妻のアイデア~その2~

    【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! トラブルメーカーの夫を変えた妻の提案~その2~

  16. 【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! 夫を変えた妻のアイデア~その1~

    【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! トラブルメーカーの夫を変えた妻の提案~その1~

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【夫婦の距離】孫はかすがい。「厄介なじいじ」がコロナ禍で汚名返上~その2~ 【夫婦の距離】孫はかすがい。「厄介なじいじ」がコロナ禍で汚名返上…
  2. 【夫婦の距離】孫はかすがい。「厄介なじいじ」がコロナ禍で汚名返上~その1~ 【夫婦の距離】孫はかすがい。「厄介なじいじ」がコロナ禍で汚名返上…
  3. 【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~ 【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~…
  4. 【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~ 【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~…
  5. 【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その2~ 【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離…
PAGE TOP