サライ.jp

取材・文/大津恭子

【定年前後の夫婦バランス】夫が妻の“背後霊”に。スポーツジムで“他人の仮面”を被り続ける理由~その1

定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が直面する、環境や生活リズムの変化。ライフスタイルが変わると、どんな問題が起こるのか。また、夫婦の距離感やバランスをどのように保ち、過ごしているのかを語ってもらいます。

[お話を伺った人]

夫:篠塚正さん(仮名・65歳)。長年エネルギー系の会社に勤務。昨年再雇用の契約を終了し、現在はほぼ毎日スポーツジムに通い、体力維持に努めている。

妻:篠塚まりこさん(仮名・59歳)。専業主婦。子育てが一段落した頃からジムに通い続け、15年経つ。ジム通いの主たる目的はストレス発散。

同じスポーツジムに通うたった1つの条件は、「ジム内で話しかけないこと」

篠塚正さん・まりこさん夫妻は、都内にある自宅の最寄り駅から5駅離れたスポーツジムに通っている。夫婦仲が悪いわけではないが、行きも帰りも別々で、スポーツジムでは他人のふりを続けている。理由は「背後霊になりたくないから」だそうだ。

「夫婦でジムに来ている人は大勢いるんですよ。でも、多くの夫婦が“他人の仮面”を被ってますね。だっていろいろ面倒じゃないですか」(まりこさん)

「もともと、退職したらスポーツジムに通うつもりだったんですよ。定期的に外出する場所が必要だと思っていましたしね。女房が楽しそうに通っているのも知っていたし、自分の体力維持のためも、一緒にジムに行けたらいいなぁと思っていたんです。ところが女房から『入会するのはかまわないけど、ジムでは声をかけないでほしい』って言われちゃってね」(正さん)

まりこさんが「話しかけないでほしい」と言ったのには、ジム歴15年になる彼女なりの理由がある。夫のことが恥ずかしいわけではない。しかし、いったん知られてしまうと、これまで通りに過ごしづらくなるのだそうだ。

「昼間ジムに来ている人は、シニアばっかりでしょう。それも8:2で女性。男の人が少ないから、女性の間ですぐにあだ名がつけられちゃうんですよ。もちろん本人に直接言ったりはしないですよ。加山雄三に似ているから『若大将』とか、いつも赤いパンツを履いているから『赤パン』とか……そういう明るいあだ名なら全然問題ないんだけど、中には、自分の亭主につけられたら笑えないなぁ、というのもあって」(まりこさん)

そこで、実際に“笑えなかったあだ名”を教えてもらった。

【次ページに続きます】

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア