新着記事

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|夏野菜の定番!旬のトマトの甘みと旨味を生かして減塩

【管理栄養士が教える減塩レシピ】夏野菜の定番!甘みと旨味を生かした旬のトマトの料理法

退職金を受け取る前に|セカンドライフで気になるイベントやお金のこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

退職金を受け取る前にやるべきこと、やってはいけないこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

「優しいリーダー」が注目される理由

【ビジネスの極意】「優しいリーダー」が注目される理由

牛革天然藍染めの小物|手染め感が味わい深い、阿波藍染の革小物

悲しげなクルーズカイーダの像

マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れた十字架のレクイエム(ブラジル)

バランス栄養食品

朝食のかわり?お菓子のかわり?|バランス栄養食品で人気は「カロリーメイト」と「SOYJOY」

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【夫婦の距離】夫が妻の“背後霊”に!? スポーツジムで“他人の仮面”を被り続ける理由~その1~

取材・文/大津恭子

【定年前後の夫婦バランス】夫が妻の“背後霊”に。スポーツジムで“他人の仮面”を被り続ける理由~その1

定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が直面する、環境や生活リズムの変化。ライフスタイルが変わると、どんな問題が起こるのか。また、夫婦の距離感やバランスをどのように保ち、過ごしているのかを語ってもらいます。

[お話を伺った人]

夫:篠塚正さん(仮名・65歳)。長年エネルギー系の会社に勤務。昨年再雇用の契約を終了し、現在はほぼ毎日スポーツジムに通い、体力維持に努めている。

妻:篠塚まりこさん(仮名・59歳)。専業主婦。子育てが一段落した頃からジムに通い続け、15年経つ。ジム通いの主たる目的はストレス発散。

同じスポーツジムに通うたった1つの条件は、「ジム内で話しかけないこと」

篠塚正さん・まりこさん夫妻は、都内にある自宅の最寄り駅から5駅離れたスポーツジムに通っている。夫婦仲が悪いわけではないが、行きも帰りも別々で、スポーツジムでは他人のふりを続けている。理由は「背後霊になりたくないから」だそうだ。

「夫婦でジムに来ている人は大勢いるんですよ。でも、多くの夫婦が“他人の仮面”を被ってますね。だっていろいろ面倒じゃないですか」(まりこさん)

「もともと、退職したらスポーツジムに通うつもりだったんですよ。定期的に外出する場所が必要だと思っていましたしね。女房が楽しそうに通っているのも知っていたし、自分の体力維持のためも、一緒にジムに行けたらいいなぁと思っていたんです。ところが女房から『入会するのはかまわないけど、ジムでは声をかけないでほしい』って言われちゃってね」(正さん)

まりこさんが「話しかけないでほしい」と言ったのには、ジム歴15年になる彼女なりの理由がある。夫のことが恥ずかしいわけではない。しかし、いったん知られてしまうと、これまで通りに過ごしづらくなるのだそうだ。

「昼間ジムに来ている人は、シニアばっかりでしょう。それも8:2で女性。男の人が少ないから、女性の間ですぐにあだ名がつけられちゃうんですよ。もちろん本人に直接言ったりはしないですよ。加山雄三に似ているから『若大将』とか、いつも赤いパンツを履いているから『赤パン』とか……そういう明るいあだ名なら全然問題ないんだけど、中には、自分の亭主につけられたら笑えないなぁ、というのもあって」(まりこさん)

そこで、実際に“笑えなかったあだ名”を教えてもらった。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【夫婦の距離】駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった ~その2 【夫婦の距離】駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をか…
  2. 駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった ~その1 【夫婦の距離】駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をか…
  3. 【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! 夫を変えた妻のアイデア~その2~ 【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! トラブルメーカー…
  4. 【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! 夫を変えた妻のアイデア~その1~ 【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! トラブルメーカー…
  5. 【定年前後の夫婦バランス】夫が妻の“背後霊”に。スポーツジムで“他人の仮面”を被り続ける理由~その2 【夫婦の距離】夫が妻の“背後霊”に!? スポーツジムで“他人の仮…
PAGE TOP