新着記事

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

画像では見えませんが、ブレーキにはポルシェ用のブレーキポッドとローターが奢られています

【私のクルマ遍歴】スカイラインとカローラレビンを売却し、ついに出会った、BMW『E36』の高性能チューニングカー『M3』(後編)

程度の悪さのおかげで、遠慮することなく未舗装路も走れたそう

【私のクルマ遍歴】“ダルマセリカ”から始まり、カローラレビンにチェイサー。トヨタエンジンの気持ちよさにこだわった青年期(前編)

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【家族のかたち】不妊治療に非協力的な夫との離婚。次に進めなかった気持ちを家族が救ってくれた~その2~

取材・文/ふじのあやこ

【家族のかたち】不妊から離婚を経験。もう一回拒否されたらと次に進めなかった気持ちを家族が救ってくれた~その2~

時代の移り変わりとともに、変化していく家族のかたち。幼少期の家族との関係を振り返り、自身も子供を持つようになったからこそわかるようになった思いを語ってもらいます。~その1~はコチラ

今回お話を伺ったのは、大阪にある飲食店で働いている直美さん(仮名・38歳)。直美さんは母親と7歳上、5歳上に兄のいる4人家族。生まれた頃から父親はおらず、働きに出ている母に代わって面倒を見てくれたのは一番上のお兄さんでした。2人の兄が社会人になり、直美さんも高校生になった時、妊娠が発覚します。

「生理が来ないなってくらいしか考えてなかったんですけど、中学校からの付き合いの友人に思い当たることがあるなら調べてみたほうがいいと言われて。軽い気持ちで調べたら、妊娠が発覚してしまって……。自分が母親になることよりも、この事実をどう隠したらいいのか、バレたら兄が行かせてくれた高校をやめなくてはいけなくなると、そんなことばかり考えていました」

助けられる度に、兄は正しくて、自分は正しくない。そんな気持ちを抱くようになっていった

友人に相談し、総合病院を受診。妊娠が確定になり、パニックになってしまった直美さんは同居している兄に相談したと言います。

「兄にはめちゃくちゃ怒られました。それに、相手を呼んでこいと。まだ彼には話してなかったけど、彼には母親がいない時に家に来てもらって、3人で話し合った結果、中絶することになりました。そのぐらいから徐々に赤ちゃんがいること、いなくなることについて現実になっていったというか。そこから手術まで、あっという間でした。お金は兄が出してくれて、社会人になったら2人で少しずつ返していこうと話し合ったんです。でも、私がアルバイトをやめてしまったことで、彼とは別れるという言葉さえなく、疎遠になりました。結局それっきりです」

その後体調が回復したことで、別の場所でアルバイトをスタート。毎月5万ほどのお給料の中から、2万円を兄への返済にあてていたそうです。

「兄は一度怒っただけで、その後は相変わらず優しくて、母親やもう一人の兄にも一切話さずに、私が黙っていてほしいといった約束をずっと守ってくれていました。それに手術後に少し痩せてしまったんですが、そのことを気にして、仕事終わりによくお菓子やケーキなどを買ってきてくれるようになりましたね。その優しさが嬉しかったけど、自分と兄との人間の出来の違いを見せつけられているようで、家に居たくない思いからアルバイトを必死でしていた記憶があります。当時は母親の顔を見るのも、罪悪感があったから余計に……」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【家族のかたち】熟年離婚のきっかけは父親の早期退職。両親のすれ違…
  2. 【家族のかたち】熟年離婚のきっかけは父親の早期退職。両親のすれ違…
  3. 【家族のかたち】働かない妹に、それを庇い続ける父親。助けることが正しいことではないと選んだ“絶縁”~その2~ 【家族のかたち】働かない妹に、それを庇い続ける父親。助けることが…
  4. 【家族のかたち】一番下の妹を中心に回る家族。好きで長男に生まれたわけじゃない~その1~ 【家族のかたち】一番下の妹を中心に回る家族。好きで長男に生まれた…
  5. 【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった。そんな戸惑いに義父は子育ての思い出話を繰り返し話してくれた~その2~ 【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった…
PAGE TOP