新着記事

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

画像では見えませんが、ブレーキにはポルシェ用のブレーキポッドとローターが奢られています

【私のクルマ遍歴】スカイラインとカローラレビンを売却し、ついに出会った、BMW『E36』の高性能チューニングカー『M3』(後編)

程度の悪さのおかげで、遠慮することなく未舗装路も走れたそう

【私のクルマ遍歴】“ダルマセリカ”から始まり、カローラレビンにチェイサー。トヨタエンジンの気持ちよさにこだわった青年期(前編)

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【家族のかたち】母子家庭は貧しくも、2人の兄のおかげで寂しさを感じることはなかった~その1~

取材・文/ふじのあやこ

【家族のかたち】母子家庭は貧しくも、2人の兄のおかげで寂しさを感じることはなかった~その1~

昭和、平成と時代が移り変わるのと同様に、家族のかたちも大家族から核家族へと変化してきています。本連載では、親との家族関係を経て、自分が家族を持つようになって感じたこと、親について、そして子供について思うことを語ってもらい、今の家族のかたちを迫ります。

今回お話を伺ったのは、直美さん(仮名・38歳)。現在、大阪にある飲食店で働いています。直美さんは25歳の時に一度結婚しており、その後離婚。そして36歳の時に再婚して、今は旦那さんと2人暮らしをしています。

生まれたときから母子家庭。面倒は祖父母と兄が見てくれていた

直美さんは京都府出身で、母親と7歳上、5歳上に兄のいる4人家族。生まれた時から父親はおらず、小さい頃の面倒は一番上のお兄さんが見てくれていたと言います。

「母親はバツ2で、兄2人と私はお父さんが違います。でも、私はどちらの父とも会ったことがないので、いまいち実感がないんです。2人の兄は私にずっと優しかったから寂しくもなかったし。母親はさまざまな仕事を転々としていてあまり家にいなかったから、昔の思い出はあまりないんですよ。昔はまったく一緒にいてくれない母親が少し嫌いでした。今なら、女手一つで3人もの子供を育てた苦労がわかるんですけどね」

母親の実家は隣の滋賀県にあり、夏休みなどの長期休暇の時は祖父母の家に預けられていました。祖父母は面倒を見てくれたと言いますが、優しかった記憶はあまりないそう。

「私が預けられるようになったのは、小学校に入ってから。それまでは兄が面倒を見てくれていたんですが、中学に入って部活動が忙しくなったからじゃないかな。預けられていたのは私一人です。

祖父母はちゃんと3食用意してくれたし、洗濯などもしてくれました。でも、楽しくワイワイ過ごした記憶はあまりなくて……。『もう歳でしんどいのに……』というような言葉とともに迷惑そうにされることが多かったですね。それでも母親に行けって言われたらどうしようもなかったから。小学校4年生からは一人で留守番ができると直談判をして、祖父母宅に預けられることはなくなりました」

直美さんは勉強が苦手で、成績も年々下がり続けたものの、家族の誰にも言えず。友人を頼って勉強を教えてもらっていたと言います。

「小学校の頃に一度つまずくと、中学からは新しいことも習うけど、応用になってくるじゃないですか。私は基礎ができていないから、成績は下がる一方でした。中学に入ると、成績が順位で示されるようになって、あまりの自分の頭の悪さに愕然としましたよ……。もう数学なんて、異国の記号にしか見えませんでしたから。でも、家は兄の2人もあまり成績が良くなかったし、母親も忙しそうだったから勉強を教えてほしいとかは言えなかった。勉強は宿題を友人と一緒にやる時に教えてもらっていました。ありがたいことに友人には恵まれたんです。友人は嫌な顔を一切せずに毎回一生懸命教えてくれました。その子とは高校で別々になるんですが、今でも友達ですよ」

【次のページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【家族のかたち】熟年離婚のきっかけは父親の早期退職。両親のすれ違…
  2. 【家族のかたち】熟年離婚のきっかけは父親の早期退職。両親のすれ違…
  3. 【家族のかたち】働かない妹に、それを庇い続ける父親。助けることが正しいことではないと選んだ“絶縁”~その2~ 【家族のかたち】働かない妹に、それを庇い続ける父親。助けることが…
  4. 【家族のかたち】一番下の妹を中心に回る家族。好きで長男に生まれたわけじゃない~その1~ 【家族のかたち】一番下の妹を中心に回る家族。好きで長男に生まれた…
  5. 【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった。そんな戸惑いに義父は子育ての思い出話を繰り返し話してくれた~その2~ 【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった…
PAGE TOP