サライ.jp

取材・文/沢木文

【最後の恋】~その2~妻の遺品と決別し、徐々に気持ちが切り替わっていき、出会った運命の女性
仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載では、『不倫女子のリアル』(小学館新書)などの著書がある沢木文が、妻も子供もいる彼らの、秘めた恋を紹介する。

【その1はこちら

* * *

今回、お話を伺ったのは松木航太さん(仮名・63歳)。東京都世田谷区で生まれ。都立高校の同級生だった妻と、25歳で結婚してから、妻一筋だった。しかし、61歳の時に、妻は乳がんで亡くなってしまう。

「妻の死後半年で、息子夫妻と孫が家を片付けてくれてから、気持ちが切り替わっていきました。妻の気配に包まれているから彼女を忘れられなかったんですよ。今まで、隣に妻がいて、笑ってくれているという生活をしていたので、新しいパートナーが欲しいと思ったのも、この頃でした」

そこで、松木さんはシニア向けの婚活パーティに申し込んでみる。

「50~70代向けの、10人対10人のパーティでした。ふだん、女性と話したことがなかったから、どうしていいかわからず、すごく疲れてしまった。それに、料金も参加費が5000円と安かったので、経済的に困っている女性が多かったんじゃないかな。ある人なんて、『あなたは持ち家がありますか?』っていきなり聞いてきたから。昔、息子が『付き合っている子から年収を聞かれた』って嫌そうな顔をしていたことを思い出した。俺たちの世代になると、年収は年金がメインだから、みなほとんど同じ。家があるかどうかが重要なんだな、って」

金目当てという向きもあるが、女性からアプローチを受けたことで、松木さんは華やいだ気持ちになっていった。

「そのほかの婚活パーティに参加して、けっこう自分がモテるとわかった。同世代の女性と食事をするのは緊張と楽しさがある。2~3か月に1回くらい、そんなことをしていても、この人、という人はいなかったんだよね」

松木さんが女性を見る目は厳しい。亡くなった妻と同じくらいおしゃれで仕事があり、会話が楽しく、多趣味な人を求めている。

「シニア婚活で、そんな相手を探すのは無理だと思っていたし、こっちも飽きてきた。それに、あるパーティで知り合った55歳の女性から『どうしてもあなたと付き合いたい』と言われ、その人はとてもキレイな人だったので、押し切られるように男女の仲になってしまった。そしたら、態度が豹変。あれを買ってほしいとか、生活費を援助してほしいなどと言われて、お断りしてしまった。今思えば、あれが話題の“後妻業の女”だったのかもしれないね」

【次ページに続きます】

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
11月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア