新着記事

わかさぎと小じゃがのアヒージョ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】カルシウム豊富!丸ごと食べられる「わかさぎ」を使った「カレーマヨ揚げ」「アヒージョ」

1枚でも重ね履きシルクとウールの折り返し靴下 同色2足組|シルクとウールで重ね履きの保温効果を発揮

【ビジネスの極意】夏目漱石「虞美人草」に学ぶ、働くことの意味

【ビジネスの極意】夏目漱石「虞美人草」に学ぶ、働くことの意味

『チャーリー・パーカー・ウィズ・ストリングス』

再生メディアの進歩はジャズを大きく変えた【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道43】

カードが入る小さな小銭入れ|外出時に必要な機能をコンパクトにまとめた

元気な100歳の3大秘訣「たんぱく質をしっかり摂取」「誰かと食卓を囲む」「世間の出来事に関心あり」

【お詫び】新型コロナウイルス感染症の影響による『サライ』4月号の付録変更について

孫の世話をするのは、当たり前ではない!「ばぁば」の半数以上が「孫育て」にモヤモヤしている

【嫌な部屋干しの臭い】生乾きの臭いを解消する有効な対策とは?

電動フルオートアンブレラ|開閉の途中で止められる、完全自動の電動傘

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【最後の恋】妻の遺品と決別し、徐々に気持ちが切り替わっていき、出会った運命の女性はかつての部下だった~その2~

取材・文/沢木文

【最後の恋】~その2~妻の遺品と決別し、徐々に気持ちが切り替わっていき、出会った運命の女性
仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載では、『不倫女子のリアル』(小学館新書)などの著書がある沢木文が、妻も子供もいる彼らの、秘めた恋を紹介する。

【その1はこちら

* * *

今回、お話を伺ったのは松木航太さん(仮名・63歳)。東京都世田谷区で生まれ。都立高校の同級生だった妻と、25歳で結婚してから、妻一筋だった。しかし、61歳の時に、妻は乳がんで亡くなってしまう。

「妻の死後半年で、息子夫妻と孫が家を片付けてくれてから、気持ちが切り替わっていきました。妻の気配に包まれているから彼女を忘れられなかったんですよ。今まで、隣に妻がいて、笑ってくれているという生活をしていたので、新しいパートナーが欲しいと思ったのも、この頃でした」

そこで、松木さんはシニア向けの婚活パーティに申し込んでみる。

「50~70代向けの、10人対10人のパーティでした。ふだん、女性と話したことがなかったから、どうしていいかわからず、すごく疲れてしまった。それに、料金も参加費が5000円と安かったので、経済的に困っている女性が多かったんじゃないかな。ある人なんて、『あなたは持ち家がありますか?』っていきなり聞いてきたから。昔、息子が『付き合っている子から年収を聞かれた』って嫌そうな顔をしていたことを思い出した。俺たちの世代になると、年収は年金がメインだから、みなほとんど同じ。家があるかどうかが重要なんだな、って」

金目当てという向きもあるが、女性からアプローチを受けたことで、松木さんは華やいだ気持ちになっていった。

「そのほかの婚活パーティに参加して、けっこう自分がモテるとわかった。同世代の女性と食事をするのは緊張と楽しさがある。2~3か月に1回くらい、そんなことをしていても、この人、という人はいなかったんだよね」

松木さんが女性を見る目は厳しい。亡くなった妻と同じくらいおしゃれで仕事があり、会話が楽しく、多趣味な人を求めている。

「シニア婚活で、そんな相手を探すのは無理だと思っていたし、こっちも飽きてきた。それに、あるパーティで知り合った55歳の女性から『どうしてもあなたと付き合いたい』と言われ、その人はとてもキレイな人だったので、押し切られるように男女の仲になってしまった。そしたら、態度が豹変。あれを買ってほしいとか、生活費を援助してほしいなどと言われて、お断りしてしまった。今思えば、あれが話題の“後妻業の女”だったのかもしれないね」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方…
  2. 【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方…
  3. 【最後の恋】親友の未亡人と遺児を見守り続けた10年目の愛……山が…
  4. 【最後の恋】親友の未亡人と遺児を見守り続けた10年目の愛……山が…
  5. 【最後の恋】「定年うつ」から抜け出せた、知的な友人たちとの交流。…
PAGE TOP