新着記事

退職金・企業年金・私的年金も忘れずに。セカンドライフの収支もチェック【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後にもらえるお金はいくら!?|年金だけでなく、退職金・企業年金・私的年金の受け取れる総額を知る【今からはじめるリタイアメントプランニング】

【ビジネスの極意】管理職の仕事とは何か?

【ビジネスの極意】管理職の仕事とは何か?

常滑焼の炭化焼成の急須と湯呑み2客組|コクがあり柔らかな味が楽しめる炭化焼成のセット

佐世保鎮守府関連の日本遺産を巡る特別な徒歩ツアー|長崎県佐世保・日本近代化の躍動を体感できる街【1】

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする? 両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【後編】

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする?|両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【後編】

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする? 両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする?|両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【前編】

同窓会で気になること第1位は「友人のおばさん化」!?

高校時代、あんなにキレイだったのに……|同窓会で気になったこと第1位は「友人のおばさん化」

八幡堀に沿って白壁の土蔵や旧家が立ち並び、往時の賑わいが偲ばれる

水運で潤う城下町を全国に残す|三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城【田中吉政編】

関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵

「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」】

岡山県産綿布の雪駄|素足に心地よい伝統の綿布を使用。普段着でさくさく歩きたい

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【最後の恋】突然の妻との死別で落胆する日々。シニア婚活で出会ったのは“後妻業の女”だった……~その1~

取材・文/沢木文

【最後の恋】~その1~妻との死別と“後妻業の女”の罠……愛妻家が選んだ最後の恋の相手は?

仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載では、『不倫女子のリアル』(小学館新書)などの著書がある沢木文が、妻も子供もいる彼らの、秘めた恋を紹介する。

今回、お話を伺ったのは松木航太さん(仮名・63歳)。東京都世田谷区で生まれ育ち、都内の中堅私立大学経済学部に進学。卒業後は、中堅商社に勤務し、食品関連の業務に携わってきた。組織で働くことが向いていないと知っていたので、松木さんは40代半ばから、飲食店のコンサル会社を妻とともに起業。会社は60歳で定年退職したものの、自分の会社は続けていた。

2年前に妻は乳がんで命を落としてしまった

「起業してから約15年間、妻は管理栄養士の資格を持っていたので、平日は妻が、土日は夫婦で仕事を二人三脚で回してきました。でも無理がたたったのでしょうね。2年前に妻は乳がんで命を落としてしまったのです」

発見したときは、全身に転移していて、もうダメだと言われた。あの時の絶望感は、今でも忘れられない。

「理想的な夫婦だったんですよ。都立高校在学時から付き合い始めて、そのままずっと一緒でした。一時期別れたこともあったのですが、25歳で結婚。なかなか子供ができなかったことが苦労と言えば苦労でした。ともに支え合い、けんかをすることもなく、一緒にいると心から安心できる。浮気なんてしたこともないし、考えたこともなかった。妻と結婚できたことは、私の人生最大の喜びだと思っています」

しかし、妻はたった61歳であの世へ旅立ってしまう。

「私が妻にべったりだったから、妻はストレスを溜めていたのかな……とも思います。亡くなる4年前に、一度、妻が友達のフラダンスの発表会に行くというので『俺も一緒に……』と言いかけたら、『あなた、私の事情もあるのよ』とやんわりと断られたことがありました。そういうことが重なって、病気になっちゃったのかな。私が定年になったから、ずっと行きたかったスペインやロシアを旅行しようと言っていたのに……」

妻が亡くなってから数日間の記憶がないという。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【最後の恋】オクテ同士のアラカンカップルが、男女の関係になったのは、彼女のリードから~その2~ 【最後の恋】妻以外の女性と関係が進んだのは、自分の話を真剣に聞い…
  2. 【最後の恋】20年の夫婦レス生活の果てに再会した、高校時代のマドンナと心通わせて~その1~ 【最後の恋】妻以外の女性と関係が進んだのは、自分の話を真剣に聞い…
  3. 【最後の恋】63歳からの恋活は「バレない」SNSカン違いが引き寄せた最後の恋~その2~ 【最後の恋】シニアの恋活パーティーもお見合いもうまく行かず。SN…
  4. 【最後の恋】63歳からの“恋活”は慎重第一。「金目当て」を排除し、運命の女性と会うまでの道のり~その1~ 【最後の恋】定年後の“恋活”は慎重第一。「金目当て」の相手を排除…
  5. 【最後の恋】~その2~妻の遺品と決別し、徐々に気持ちが切り替わっていき、出会った運命の女性 【最後の恋】妻の遺品と決別し、徐々に気持ちが切り替わっていき、出…
PAGE TOP