新着記事

現役キャバ嬢1000人に聞いた、お酒の席で好かれる人・嫌われる人

おこもり生活に役立つアプリ「dマガジン」の使い方【スマホ基本のき 第19回】

『まさか!の高脂質食ダイエット』

「高脂質食ダイエット」に学ぶ、食べてよい脂肪、食べてはいけない脂肪

新型コロナウイルスによる「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

新型コロナウイルスの「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【最後の恋】突然の妻との死別で落胆する日々。シニア婚活で出会ったのは“後妻業の女”だった……~その1~

取材・文/沢木文

【最後の恋】~その1~妻との死別と“後妻業の女”の罠……愛妻家が選んだ最後の恋の相手は?

仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載では、『不倫女子のリアル』(小学館新書)などの著書がある沢木文が、妻も子供もいる彼らの、秘めた恋を紹介する。

今回、お話を伺ったのは松木航太さん(仮名・63歳)。東京都世田谷区で生まれ育ち、都内の中堅私立大学経済学部に進学。卒業後は、中堅商社に勤務し、食品関連の業務に携わってきた。組織で働くことが向いていないと知っていたので、松木さんは40代半ばから、飲食店のコンサル会社を妻とともに起業。会社は60歳で定年退職したものの、自分の会社は続けていた。

2年前に妻は乳がんで命を落としてしまった

「起業してから約15年間、妻は管理栄養士の資格を持っていたので、平日は妻が、土日は夫婦で仕事を二人三脚で回してきました。でも無理がたたったのでしょうね。2年前に妻は乳がんで命を落としてしまったのです」

発見したときは、全身に転移していて、もうダメだと言われた。あの時の絶望感は、今でも忘れられない。

「理想的な夫婦だったんですよ。都立高校在学時から付き合い始めて、そのままずっと一緒でした。一時期別れたこともあったのですが、25歳で結婚。なかなか子供ができなかったことが苦労と言えば苦労でした。ともに支え合い、けんかをすることもなく、一緒にいると心から安心できる。浮気なんてしたこともないし、考えたこともなかった。妻と結婚できたことは、私の人生最大の喜びだと思っています」

しかし、妻はたった61歳であの世へ旅立ってしまう。

「私が妻にべったりだったから、妻はストレスを溜めていたのかな……とも思います。亡くなる4年前に、一度、妻が友達のフラダンスの発表会に行くというので『俺も一緒に……』と言いかけたら、『あなた、私の事情もあるのよ』とやんわりと断られたことがありました。そういうことが重なって、病気になっちゃったのかな。私が定年になったから、ずっと行きたかったスペインやロシアを旅行しようと言っていたのに……」

妻が亡くなってから数日間の記憶がないという。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方…
  2. 【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方…
  3. 【最後の恋】親友の未亡人と遺児を見守り続けた10年目の愛……山が…
  4. 【最後の恋】親友の未亡人と遺児を見守り続けた10年目の愛……山が…
  5. 【最後の恋】「定年うつ」から抜け出せた、知的な友人たちとの交流。…
PAGE TOP