新着記事

水晶彫りの酒器|水晶のような小窓からのぞく美酒を愛でつつ一献

活用しないともったいない! 自治体独自のサービスや「ふるさと納税」で離れて暮らす親を見守ろう

活用しないともったいない「見守りサービス」! 「自治体独自の活動」や「ふるさと納税」で離れて暮らす親を見守る方法

獣医さんに聞く、なぜ秋にこそペットの健康診断なのか

獣医さんに聞く、なぜ秋にこそペットの健康診断が必要なのか?

現代人の3人に1人が孤独死しやすい?

現代人の3人に1人が可能性あり!孤独死しやすい人の共通点とは?

尾戸焼の酒器セット|酒を愛する土佐人たちの宴を盛り上げる伝統の酒器

アクセサリーソケットを活用

車内でアロマテラピーから炊飯までできる、アクセサリーソケット活用術【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

ダイエット

「食事制限ダイエット」で目標を達成した人が明かす成功の秘訣

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

イニシャル入りロックグラス|いつもの一杯を極上の一杯にするマイグラス

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【最後の恋】突然の妻との死別で落胆する日々。シニア婚活で出会ったのは“後妻業の女”だった……~その1~

取材・文/沢木文

【最後の恋】~その1~妻との死別と“後妻業の女”の罠……愛妻家が選んだ最後の恋の相手は?

仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載では、『不倫女子のリアル』(小学館新書)などの著書がある沢木文が、妻も子供もいる彼らの、秘めた恋を紹介する。

今回、お話を伺ったのは松木航太さん(仮名・63歳)。東京都世田谷区で生まれ育ち、都内の中堅私立大学経済学部に進学。卒業後は、中堅商社に勤務し、食品関連の業務に携わってきた。組織で働くことが向いていないと知っていたので、松木さんは40代半ばから、飲食店のコンサル会社を妻とともに起業。会社は60歳で定年退職したものの、自分の会社は続けていた。

2年前に妻は乳がんで命を落としてしまった

「起業してから約15年間、妻は管理栄養士の資格を持っていたので、平日は妻が、土日は夫婦で仕事を二人三脚で回してきました。でも無理がたたったのでしょうね。2年前に妻は乳がんで命を落としてしまったのです」

発見したときは、全身に転移していて、もうダメだと言われた。あの時の絶望感は、今でも忘れられない。

「理想的な夫婦だったんですよ。都立高校在学時から付き合い始めて、そのままずっと一緒でした。一時期別れたこともあったのですが、25歳で結婚。なかなか子供ができなかったことが苦労と言えば苦労でした。ともに支え合い、けんかをすることもなく、一緒にいると心から安心できる。浮気なんてしたこともないし、考えたこともなかった。妻と結婚できたことは、私の人生最大の喜びだと思っています」

しかし、妻はたった61歳であの世へ旅立ってしまう。

「私が妻にべったりだったから、妻はストレスを溜めていたのかな……とも思います。亡くなる4年前に、一度、妻が友達のフラダンスの発表会に行くというので『俺も一緒に……』と言いかけたら、『あなた、私の事情もあるのよ』とやんわりと断られたことがありました。そういうことが重なって、病気になっちゃったのかな。私が定年になったから、ずっと行きたかったスペインやロシアを旅行しようと言っていたのに……」

妻が亡くなってから数日間の記憶がないという。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【最後の恋】20代後半の再会と、60代の再会……純粋な恋心が老い…
  2. 【最後の恋】見合い結婚した企業戦士、初恋の同級生は客室乗務員に……
  3. 【最後の恋】オクテ同士のアラカンカップルが、男女の関係になったのは、彼女のリードから~その2~ 【最後の恋】妻以外の女性と関係が進んだのは、自分の話を真剣に聞い…
  4. 【最後の恋】20年の夫婦レス生活の果てに再会した、高校時代のマドンナと心通わせて~その1~ 【最後の恋】妻以外の女性と関係が進んだのは、自分の話を真剣に聞い…
  5. 【最後の恋】63歳からの恋活は「バレない」SNSカン違いが引き寄せた最後の恋~その2~ 【最後の恋】シニアの恋活パーティーもお見合いもうまく行かず。SN…
PAGE TOP