新着記事

越後亀田縞ハンチング|伝統織物で仕立てた小粋な木綿ハンチング帽

失敗を恐れずに進むことが特効薬|『「感情の老化」を防ぐ本』

40代から始まる「感情の老化」を食い止める方法|『「感情の老化」を防ぐ本』

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

【ビジネスの極意】「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

ペーパーグラス|眼鏡作りの聖地が生んだ驚異の薄型軽量読書眼鏡

仏像曼荼羅イメージ 東寺蔵

空海発案の立体曼荼羅21体のうち、15体が集合【特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」】

災害時に愛猫がPTSDに陥ったら!|知っておきたい「猫のPTSD」治療法

竹製のスタンドにヤシの葉のうちわを常備。和室はエアコンを設置せずに、うちわや扇風機で涼をとります。網戸がなく、窓を開けっ放しにしているため、家中のいたるところに置いている蚊取り線香入れは、バリ島でつくられたもの。

春過ぎて夏を待つ日に葉山の家へ【桐島かれん『KAREN’s』】

50代夫婦1000名に聞いた定年対策 実態調査!|「定年退職後も夫には外で働いてほしい」は9割近く!!

妻の9割は「定年退職後も夫には外で働いてほしい」|50代夫婦1000名に聞いた「定年後のライフスタイル」

SIWA長財布|障子紙の里から生まれた優しい手触りの軽量財布

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【家族のかたち】いがみ合う両親を見て育ったことで見つけた答え、無理して一緒に暮らすことが家族の正解ではない~その2~

取材・文/ふじのあやこ

【家族のかたち】いがみ合う両親を見て育ったことで見つけた答え、無理して一緒に暮らすことが家族の正解ではない~その2~

時代の移り変わりとともに、変化していく家族のかたち。幼少期の家族との関係を振り返り、自身も子供を持つようになったからこそわかるようになった思いを語ってもらいます。~その1~はコチラ

今回お話を伺ったのは、都内の企業で派遣社員として働きながら小学校4年生の子どもを育てている妙子さん(仮名・42歳)。妙子さんは埼玉県出身で両親との3人家族ですが、小学校の時に両親が離婚。その後祖母との3人暮らしがスタートしますが、高校生の時に祖母が他界してしまい、母親との2人暮らしに。高校卒業後に就職した妙子さんは学生時代にはなかった反抗期を社会人で経験することになります。

「母親の些細なことでイライラしていました。社会人になって、もう立派な大人なのに学生時代と変わらない接し方をされることにも納得がいかなくて。当時は本当に自分勝手で、何でもひとりでできると思い込んでいました」

20代で結婚を急かす母親に嫌気がさし、友人との同居を始めるものの……

イライラはするものの母親に強くは言えなかった妙子さん。距離を取ることでその関係を修復しようとしていたそうですが、20代半ばになりプライベートのことにも首を突っ込んでくる母親に嫌気がさし、友人宅に居候を始めたと言います。

「まだ20代半ばなのに、結婚はどうなっているとかを言ってくるようになったんです。今まで彼氏はいたこともありますが親に紹介したことはなかったので、私にまったく男っ気がないことを不安に思ったんじゃないですかね。あまりにしつこいので、怒りの勢いで一方的に友人とのルームシェアを伝え、翌日に家を出ました。母親はびっくりしていたけど、特に反対もしなかったんですよ。止めてくれると思っていたから、その行為も輪をかけてイライラしてしまっていました」

友人宅での居候は3か月弱で終了。他人と暮らすことの難しさをそこで学んだそう。実家に戻り、母親との暮らしが再開します。

「母親とはずっと一緒に暮らしていたから、母親のペースが私のペースというか、部屋の片づける順番などが一緒なんです。私が似ただけなんですけど。でも、友人とはすべてが違って、どっちが正しいとかがないから言いだせずに悶々してしまって。このままだと仲が悪くなってしまうと思い、3か月弱で実家に戻りました。母親は普通でしたよ。数か月だからもちろん家具もそのままで出ていたので、少し出かけて帰ってきたような態度でした」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【家族のかたち】母子家庭は貧しくも、2人の兄のおかげで寂しさを感じることはなかった~その1~ 【家族のかたち】不妊治療に非協力的な夫との離婚。次に進めなかった…
  2. 【家族のかたち】不妊から離婚を経験。もう一回拒否されたらと次に進めなかった気持ちを家族が救ってくれた~その2~ 【家族のかたち】母子家庭は貧しくも、2人の兄のおかげで寂しさを感…
  3. 【家族のかたち】母親とは血がつながっているだけ。うまくやれない気持ちを認められた時、母への執着はなくなった~その2~ 【家族のかたち】母親とは今も連絡を取っていない。もう歩み寄る努力…
  4. 年齢を重ねる度に冷たくなっていく母親。ライバル視されることが辛くてたまらなかった~その1~ 【家族のかたち】年齢を重ねる度に娘をライバル視する母親。母親とい…
  5. 【家族のかたち】何があっても家族。東京から関西に戻って来た兄、そして「おかえり」と言った母親~その2~ 【家族のかたち】何があっても家族。東京から関西に戻って来た兄は女…
PAGE TOP