新着記事

越後亀田縞ハンチング|伝統織物で仕立てた小粋な木綿ハンチング帽

失敗を恐れずに進むことが特効薬|『「感情の老化」を防ぐ本』

40代から始まる「感情の老化」を食い止める方法|『「感情の老化」を防ぐ本』

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

【ビジネスの極意】「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

ペーパーグラス|眼鏡作りの聖地が生んだ驚異の薄型軽量読書眼鏡

仏像曼荼羅イメージ 東寺蔵

空海発案の立体曼荼羅21体のうち、15体が集合【特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」】

災害時に愛猫がPTSDに陥ったら!|知っておきたい「猫のPTSD」治療法

竹製のスタンドにヤシの葉のうちわを常備。和室はエアコンを設置せずに、うちわや扇風機で涼をとります。網戸がなく、窓を開けっ放しにしているため、家中のいたるところに置いている蚊取り線香入れは、バリ島でつくられたもの。

春過ぎて夏を待つ日に葉山の家へ【桐島かれん『KAREN’s』】

50代夫婦1000名に聞いた定年対策 実態調査!|「定年退職後も夫には外で働いてほしい」は9割近く!!

妻の9割は「定年退職後も夫には外で働いてほしい」|50代夫婦1000名に聞いた「定年後のライフスタイル」

SIWA長財布|障子紙の里から生まれた優しい手触りの軽量財布

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【家族のかたち】両親の離婚、祖母の死去で母親との2人暮らしがスタート。親子なのに、2人暮らしの距離感が掴めないままだった~その1~

取材・文/ふじのあやこ

【家族のかたち】両親の離婚、祖母の死去で母親との2人暮らしがスタート。親子なのに、2人暮らしの距離感が掴めないままだった~その1~

昭和、平成と時代が移り変わるのと同様に、家族のかたちも大家族から核家族へと変化してきています。本連載では、親との家族関係を経て、自分が家族を持つようになって感じたこと、親について、そして子供について思うことを語ってもらい、今の家族のかたちを迫ります。

今回お話を伺ったのは、妙子さん(仮名・42歳)。現在、都内の企業で派遣社員として働きながら、小学校4年生の男の子を育てている母親です。妙子さんは埼玉にある実家にほど近いアパートで子供と2人暮らしをしていますが、離婚はしておらず別居状態だと言います。今の家庭について語る前に妙子さんが育った環境について、話を伺っていきます。

小さい頃覚えているのはケンカする母親の泣き声。必死で寝たふりを続けていた

妙子さんは埼玉県出身で両親との3人家族。妙子さんは父親の仕事についてサラリーマンだと言いますが、詳しくは覚えていないそう。それは小学生の頃に両親が離婚して父親は家を出て行ったからだと語ります。

「私の家は3部屋ほどの小さなアパートで、私の部屋は居間の隣にあって襖で区切られているだけでした。小さい頃覚えているのは、両親の言い争う声で目が何回も覚めたことですね。言い争いというか、母親が泣きながら父親に何かを言っていたという記憶です。父親の声はまったく覚えていません。

その後、一度だけ『どっちと一緒にいたいか』と聞かれたことがあります。でもそれも父親になのか母親になのかあんまり覚えていなくて……。そんなあいまいな記憶が残る中、普通に会社に行くような感じで父親は出て行き、二度と戻ってくることはありませんでした」

程なくして、両親は離婚。母親とともに母方の祖母が住む家に引っ越しすることになります。祖母の家は住んでいたところから徒歩圏内だったこともあり、転校などはなかったそう。しかし転校しないことで辛いこともあったと言います。

「苗字が変わるじゃないですか。当時の私のあだ名は下の名前から来ていたので変わらなかったし、友達もみんないつも通りに接してくれていました。でも、当時はそんなに離婚している家庭もいなかったこともあり、先生から嫌な気の使われ方をしていて、新しい苗字をあまり呼ばないようにかあまり授業で当てられなくなったんです。その気遣いのせいで逆に目立ってしまって、居心地が悪かったですね」

妙子さんは両親の離婚後の当時を振り返り、母親にある罪悪感があるそう。

「私の学校の友達のほとんどに兄弟がいたんです。『お姉ちゃんからこれをもらった』とか、お兄ちゃんがいることで少年マンガに詳しいことなんかが羨ましくてたまりませんでした。だから私はよく母親に『兄弟が欲しい』って言っていたんです。今振り返ると、すごいストレスを与えていたんじゃないかなって。両親はいつから仲が悪かったのかはわかりませんが、不仲なのに子どもからのその言葉は母親を追いつめていた気がしてしまって。自分が母親になるまでそのことには気付きもしませんでしたね」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【家族のかたち】母子家庭は貧しくも、2人の兄のおかげで寂しさを感じることはなかった~その1~ 【家族のかたち】不妊治療に非協力的な夫との離婚。次に進めなかった…
  2. 【家族のかたち】不妊から離婚を経験。もう一回拒否されたらと次に進めなかった気持ちを家族が救ってくれた~その2~ 【家族のかたち】母子家庭は貧しくも、2人の兄のおかげで寂しさを感…
  3. 【家族のかたち】母親とは血がつながっているだけ。うまくやれない気持ちを認められた時、母への執着はなくなった~その2~ 【家族のかたち】母親とは今も連絡を取っていない。もう歩み寄る努力…
  4. 年齢を重ねる度に冷たくなっていく母親。ライバル視されることが辛くてたまらなかった~その1~ 【家族のかたち】年齢を重ねる度に娘をライバル視する母親。母親とい…
  5. 【家族のかたち】何があっても家族。東京から関西に戻って来た兄、そして「おかえり」と言った母親~その2~ 【家族のかたち】何があっても家族。東京から関西に戻って来た兄は女…
PAGE TOP