新着記事

絞り出し・至高急須|茶葉本来の魅力を引き出す、デザインの妙

難しく考えてしまいがちな独学を身近なものに|『独学のススメ-頑張らない! 「定年後」の学び方10か条』

頑張らない独学のススメ|「定年後」の学び方

免疫力を高めるために摂取すべきだと思う野菜とは…?|免疫力向上のために取り組んでいること第1位は「食事・栄養に気を配っている」!

免疫力を高めるために摂取すべきだと思う野菜1位はブロッコリー

【ビジネスの極意】 「チーズはどこへ消えた?」から何を学ぶべきか?

【ビジネスの極意】「チーズはどこへ消えた?」から何を学ぶべきか?

姫革細工の長財布|華やかさと気品を添える、和モダン柄の美しい財布

コリン・フェルナンド、世話好きの配管工の彼の愛車は、1929年生まれのFORDだ

1929年生まれのFORDが愛車!|ニュージーランドはクラッシックカーを愛す

緑内障の要介護者、半数は自覚症状が出てから診断

中途失明の原因1位「緑内障」|約5割が「見え方の異常」から眼科受診で判明

今のうちに足元を固め、できることを始めよう|資産を運用する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後の資金を増やす!|リスクを考えながら資産を運用するポイント【今からはじめるリタイアメントプランニング】

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【家族のかたち】両親の離婚、祖母の死去で母親との2人暮らしがスタート。親子なのに、2人暮らしの距離感が掴めないままだった~その1~

取材・文/ふじのあやこ

【家族のかたち】両親の離婚、祖母の死去で母親との2人暮らしがスタート。親子なのに、2人暮らしの距離感が掴めないままだった~その1~

昭和、平成と時代が移り変わるのと同様に、家族のかたちも大家族から核家族へと変化してきています。本連載では、親との家族関係を経て、自分が家族を持つようになって感じたこと、親について、そして子供について思うことを語ってもらい、今の家族のかたちを迫ります。

今回お話を伺ったのは、妙子さん(仮名・42歳)。現在、都内の企業で派遣社員として働きながら、小学校4年生の男の子を育てている母親です。妙子さんは埼玉にある実家にほど近いアパートで子供と2人暮らしをしていますが、離婚はしておらず別居状態だと言います。今の家庭について語る前に妙子さんが育った環境について、話を伺っていきます。

小さい頃覚えているのはケンカする母親の泣き声。必死で寝たふりを続けていた

妙子さんは埼玉県出身で両親との3人家族。妙子さんは父親の仕事についてサラリーマンだと言いますが、詳しくは覚えていないそう。それは小学生の頃に両親が離婚して父親は家を出て行ったからだと語ります。

「私の家は3部屋ほどの小さなアパートで、私の部屋は居間の隣にあって襖で区切られているだけでした。小さい頃覚えているのは、両親の言い争う声で目が何回も覚めたことですね。言い争いというか、母親が泣きながら父親に何かを言っていたという記憶です。父親の声はまったく覚えていません。

その後、一度だけ『どっちと一緒にいたいか』と聞かれたことがあります。でもそれも父親になのか母親になのかあんまり覚えていなくて……。そんなあいまいな記憶が残る中、普通に会社に行くような感じで父親は出て行き、二度と戻ってくることはありませんでした」

程なくして、両親は離婚。母親とともに母方の祖母が住む家に引っ越しすることになります。祖母の家は住んでいたところから徒歩圏内だったこともあり、転校などはなかったそう。しかし転校しないことで辛いこともあったと言います。

「苗字が変わるじゃないですか。当時の私のあだ名は下の名前から来ていたので変わらなかったし、友達もみんないつも通りに接してくれていました。でも、当時はそんなに離婚している家庭もいなかったこともあり、先生から嫌な気の使われ方をしていて、新しい苗字をあまり呼ばないようにかあまり授業で当てられなくなったんです。その気遣いのせいで逆に目立ってしまって、居心地が悪かったですね」

妙子さんは両親の離婚後の当時を振り返り、母親にある罪悪感があるそう。

「私の学校の友達のほとんどに兄弟がいたんです。『お姉ちゃんからこれをもらった』とか、お兄ちゃんがいることで少年マンガに詳しいことなんかが羨ましくてたまりませんでした。だから私はよく母親に『兄弟が欲しい』って言っていたんです。今振り返ると、すごいストレスを与えていたんじゃないかなって。両親はいつから仲が悪かったのかはわかりませんが、不仲なのに子どもからのその言葉は母親を追いつめていた気がしてしまって。自分が母親になるまでそのことには気付きもしませんでしたね」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【家族のかたち】熟年離婚のきっかけは父親の早期退職。両親のすれ違…
  2. 【家族のかたち】熟年離婚のきっかけは父親の早期退職。両親のすれ違…
  3. 【家族のかたち】働かない妹に、それを庇い続ける父親。助けることが正しいことではないと選んだ“絶縁”~その2~ 【家族のかたち】働かない妹に、それを庇い続ける父親。助けることが…
  4. 【家族のかたち】一番下の妹を中心に回る家族。好きで長男に生まれたわけじゃない~その1~ 【家族のかたち】一番下の妹を中心に回る家族。好きで長男に生まれた…
  5. 【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった。そんな戸惑いに義父は子育ての思い出話を繰り返し話してくれた~その2~ 【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった…
PAGE TOP