新着記事

ジェンダー ニュートラルで進化する英文法(後編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編8】

ジェンダー ニュートラルで進化する英文法(後編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編8】

好きな40代女優ランキング|3位 は木村佳乃 、2位は内田有紀 、1位は?

好きな40代女優ランキング|3位 は木村佳乃 、2位は内田有紀 、1位は?

【ビジネスの極意】「ガバナンス」と「コンプライアンス」の違い、わかりますか?

【ビジネスの極意】「ガバナンス」と「コンプライアンス」の違い、わかりますか?

東京歯科大学口腔健康科学講座スポーツ歯学研究室 武田友孝教授(左)。右は筆者。

【キーパーソンに聞く|東京歯科大学 武田友孝教授】「正しく噛むことが怪我予防につながる」

傷だらけの天使

さえない場面でも、ブザマな状況でも全部カッコよかったショーケン『傷だらけの天使』【面白すぎる日本映画 第29回・特別編】

サライ読者に聞いた「最近始めた趣味/やめた趣味」ランキング

サライのマカオ紀行記事がマカオ政府観光局主催「メディア・アワーズ2018」を受賞!

「イズント・シー・ラヴリー」のオリジナルが収録されたスティーヴィー・ワンダー『キー・オブ・ライフ』(モータウン)。

スティーヴィー・ワンダーの「イズント・シー・ラヴリー」がどうして「ジャズ・スタンダード」となったのか?|【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道2】

史上初のゴールデンウィーク10連休! どこに行く? 今から行ける旅先は?

ゴールデンウィーク10連休、旅行の予定ありますか?| 海外旅行先、人気ナンバー1はやっぱり「ハワイ」!

災害時、愛猫さんをどう守る?|猫を飼うなら知っておくべき事前の準備と訓練

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【娘のきもち】3年弱の不妊治療で30歳の時に妊娠。これからの幸せな日々を自分の子供と過ごそうと思っていたのに……~その1~

取材・文/ふじのあやこ

娘のきもち22・その1
近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中で、娘たちは親に対し
てどのような感情を持ち、接していたのか。本連載では娘目線で家族の時間を振り返ってもらい、
関係性の変化を探っていきます。

「子供の病気は自分のせいだと思っていた気持ちを両親に救ってもらいました」と語るのは、真琴さん(仮名・39歳)。彼女は現在、兵庫県でパートをしながら小学校2年生の女の子のお母さんです。話を聞いている間ずっと笑顔を崩さず、ハキハキと話す感じは好感を持て、周りを明るい雰囲気にしてくれる女性です。

父の数少ない休みの日には海釣りへ。いつも早朝から遊びに連れて行ってくれた

真琴さんは兵庫県出身で、両親と3歳上に姉のいる4人家族。父親は小学校の先生をしており、母親は専業主婦。父親の仕事は土日関係なく、小さい頃はあんまり家にいなかったと言います。

「父親はずっと仕事に行っていて、あまり帰ってこなかった記憶が残っています。学校って休みの日でも学校に誰か先生がいないといけないじゃないですか。父は月の半分以上の週末は学校に行っていて、平日、土日問わずあんまり顔を会わすことはなかったです。小さい頃の私たちの世話や躾は母親が見てくれていました」

仕事に忙しかった父親ですが、数少ない休みの日にはよく遊びに連れて行ってくれたそうです。

「休みの時には私と姉を野球観戦に連れて行ってくれたり、当時住んでいた家が海沿いだったので海釣りに一緒に行っていました。今思うと、休みの日に明け方など早起きして私たちを釣りに連れて行ってくれていたのは本当にすごいですよね。当時釣っていたのはアジなどの小魚ばかりでしたが、私は釣りがどんどんうまくなって、海釣り大会が地元であったんですが子供の部で優勝しましたから。釣りだけでなく、魚の捌き方も小さい頃から教えこまれていましたね。父と釣った魚を母親と姉の3人でその日のうちに捌いて近所におすそ分けに行く。父親との休日はそんなルーティンになっていましたね」

家族仲も姉妹仲も良好。恵まれた家庭環境に見えますが、ある一点だけ子供心に思っていたことがあったと語ります。

「うちは、貧乏だったんです。父親が親族の借金を肩代わりしていたみたいで。うちの家は誕生日プレゼントもなかったし、クリスチャンじゃないからサンタは来ないと言われていました。小さい頃から言われていたので、プレゼントが欲しいと頼んだらいけないものだと思っていましたね。それに姉が一度も言いださなかったので私からも言いにくくて。当時は親族の借金を肩代わりしていたことも知らなかったんですが、なんとなく他の家と違うなと、うちの家はお金がないんじゃないかなと薄々気づいた感じです」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘の気持ち】祖父母に懐く私に父がずっと隠していたある秘密。父は両親に、そして私にどこまでも優しい人だった~その2~ 【娘のきもち】祖父母に懐く私に父がずっと隠していたある秘密。父は…
  2. 【娘のきもち】祖父母の世話は母親に任せっきり。何もしない父親に不信感が強まっていった~その1~ 【娘のきもち】祖父母の世話は母親に任せっきり。何もしない父親に不…
  3. 【娘の気持ち】真っ直ぐ進めたのは、血のつながらない孫をどこまでも愛し続けてくれた祖父がいたから~その2~ 【娘のきもち】真っ直ぐ進めたのは、血のつながらない孫をどこまでも…
  4. 【娘のきもち】落ちた場合は中学浪人。両親の期待で押しつぶされそうな気持を救ってくれたのは祖父の愛情だった~その1~ 【娘のきもち】落ちた場合は中学浪人。両親の期待で押しつぶされそう…
  5. 【娘の気持ち】理容師を目指したきっかけはしっかりとした両親の姿があったから。その進路に不安はなかった~その2~ 【娘のきもち】理容師を目指したきっかけはしっかりとした両親の姿が…
PAGE TOP