新着記事

尾戸焼の酒器セット|酒を愛する土佐人たちの宴を盛り上げる伝統の酒器

アクセサリーソケットを活用

車内でアロマテラピーから炊飯までできる、アクセサリーソケット活用術【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

ダイエット

「食事制限ダイエット」で目標を達成した人が明かす成功の秘訣

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

イニシャル入りロックグラス|いつもの一杯を極上の一杯にするマイグラス

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方

【家事に関するアンケート調査】普段行う家事で女性より男性の方が上位なのは「ゴミだし・分別」「風呂掃除」など。

30代から50代の女性の6割以上が日常の家事を負担に感じている

オーダースーツ

経営者はなぜ「オーダースーツ」を着るのか?

BLACK LAGOONラベル シングルモルト・ウイスキー|9月19日12:00 発売開始!

マイルス・デイヴィス『クッキン』

「イケメンでなくても好き」という大ヒット・ラブソング【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道24】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【最後の恋】同窓会で再会した高校時代のマドンナ。また会いたいという気持ちは募るばかり……

取材・文/沢木文

【最後の恋】

仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載では、『不倫女子のリアル』(小学館新書)などの著書がある沢木文が、妻も子供もいる彼らの、秘めた恋を紹介する。

【前編はこちら

* * *

今回、お話を伺ったのは稲垣紀夫さん(仮名・71歳)。群馬県出身の稲垣さんは、都内の私立大学経済学部卒業後、大手住宅メーカーで65歳まで務める。5歳年下の妻との間に子供はいない。

「恋愛は同世代の女性がいい」という稲垣さんは、55歳の時に初めての不倫を経験する。相手は53歳の大学の後輩だ。庶民的で知的な人だからこそ、稲垣さんとの恋に及び腰になって自然消滅してしまう。

「恋愛で辛いのは別れだよ。彼女の気持ちがどんどん離れていくのが見えるから。男と女が付き合っていれば、みっともない部分や、汚い部分を見る。結婚している女性は、男のそういう部分を見慣れているから受け入れてくれると思っていた。でも、違うんだよね」

交際相手の女性は稲垣さんの容姿と勤務先から「仕事できて、カッコよくて、話題も豊富でスマートな紳士」を求めていた。

「相手は最初、僕を等身大以上に評価している。しかし、デートを重ねるにつれて、等身大の僕が見えて来る。減価償却したらポイ、という感じだね。僕は、妻とは別の緩やかな信頼関係を築く女性が欲しいと思っている。しかし、女性は“ここではないどこか”に連れて行ってくれる白馬の王子様がいいんだよ」

最初の彼女と別れた後、2人の女性と深い仲になったという。いずれも、4~5回のデートで距離が離れていったことから、もう浮気はやめようと思った。

「相手もいなくなるからね。日本の女性って55歳以上になると、身なりにかまわなくなる女性が増える。数年前まで優雅だったのに、久しぶりに会ったら、刈り上げショートヘアで、スニーカーとリュックに帽子を合わせたおばさんになっていることが多い。大人の恋愛は、魅力ある中年男女だからできる特別な行為だと思う。そのためには、教養、容姿、お金などさまざまな条件が絡み合っている」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【最後の恋】20代後半の再会と、60代の再会……純粋な恋心が老い…
  2. 【最後の恋】見合い結婚した企業戦士、初恋の同級生は客室乗務員に……
  3. 【最後の恋】オクテ同士のアラカンカップルが、男女の関係になったのは、彼女のリードから~その2~ 【最後の恋】妻以外の女性と関係が進んだのは、自分の話を真剣に聞い…
  4. 【最後の恋】20年の夫婦レス生活の果てに再会した、高校時代のマドンナと心通わせて~その1~ 【最後の恋】妻以外の女性と関係が進んだのは、自分の話を真剣に聞い…
  5. 【最後の恋】63歳からの恋活は「バレない」SNSカン違いが引き寄せた最後の恋~その2~ 【最後の恋】シニアの恋活パーティーもお見合いもうまく行かず。SN…
PAGE TOP