サライ.jp

取材・文/沢木文

仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載では、『不倫女子のリアル』(小学館新書)などの著書がある沢木文が、妻も子供もいる彼らの、秘めた恋を紹介する。

【前編はこちら

* * *

西村博司さん(仮名・63歳)。工学系の国立大学卒業後、機械メーカーの技術者として勤務し、60歳で定年退職する。しかし、帰宅したその日、30年間連れ添った妻から離婚届を突き付けられ、60歳から親が残してくれた目黒区内の家で一人暮らしつつ、夕方になると通う昭和酒場で25歳年下の女性と出会う。

出会ったその日に、『また会いたいです』と言ってきた

「彼女は出会ったその日に、『また会いたいです』と言ってきた。きっと私のことを男だとは思っていないんだろうけれど、初めてそんなことを言われて、どうしていいかわからなくなってしまった。毎日行くほうの店の名前を教えると、『また行きます』と言って帰って行った。酔っているから、すぐに忘れるんだろうと思っていたら、3日後に店に来たんだ。その時は驚いたよね」

彼女は数学と哲学に詳しく、西村さんは話していて飽きなかった。彼女はバツイチで、32歳の時に離婚してから大手派遣会社に登録し、都内の海運会社で派遣社員をしているという。都内の実家に母親と2人で住んでおり、海外旅行を親子で行くほど仲がいいという。

美人の部類に属するが、真面目で堅実だから同世代の男の人とのコミュニケーションが苦手だということ。そして恋愛でもう傷つきたくないこと、離婚してからは一人が好きになり、おひとり様の生活を満喫していることがわかった。

「まあ、お父さんが偉大みたいだから、きっとファザコンなんだろうね。世の中の男がバカに見えるんだと思う。結局、その店で会うようになって、10回目くらいかな。あれは金曜日で、彼女が珍しく深酒をして『ウチに来たい』と言うから『どうぞ』と招待してしまったことから、今のような関係になった。ウチまで片道3kmだからね、彼女が『まだですか?』と何度も言うんだよ。今の娘は足腰が弱いよね(笑)。途中のコンビニで酒を買ったりして、学生に戻ったような気分になった」

彼女はかなり酔っており、家に着いた途端に、リビングのソファで寝てしまう。

「まだ20時くらいだったんだけれど、いい大人だし、まあいいかと思って寝かしておいた。私はテーブルに座って、彼女の体調に変化がないかを見ながら、2時間ほど本と新聞を読んでいた。風呂を沸かして入っていたら、ほろ酔いの彼女が服を脱いで入って来たんだよ。あれはホントにびっくりしたね」

予想外の出来事に、西村さんは驚く。彼女は「西村さんのメガネって、顔と一体化しているよね。メガネが顔になじんでいる人が好きなんだ」と言いながら、唇を近づけてきた。

「バカにしてんのか、と思ったけど、まあ娘みたいなもんだからしょうがないよね。それに、もうソッチのほうは15年以上ご無沙汰だし、そんな欲望がおこると思っていなかった。昔から、女性としたいと思っているけれど、ガツガツできないんだ。だから、女房の他には2人しか知らない。プロの女性が嫌いだからそういうお店に行ったこともない。まさか人生4人目の女性に60歳を超えて出会えるとは思わなかった」

そんな西村さんと彼女が、男女の関係になるのは、それから2か月の時間がかかる。この日は、2人で同じベッドに眠ったという。

【次ページに続きます】

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
9月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア