新着記事

ギックリ腰を早く治す!やっていいこと悪いこと完璧対応マニュアル ギックリ腰を早く治す!やっていいこと悪いこと完璧マニュアル【川口陽海の腰痛改善教室 第6回】 アメリカで広く実践される究極のストレスコントロール・メソッド アメリカで広く実践される究極のストレスコントロール・メソッド【予防医療最前線】 100歳以上の百寿者 いまや約7万人!100歳以上の百寿者が身につけている生活習慣とは? コンプライアンス 【ビジネスの極意】もし、あなたの部下が「道頓堀ダイブ」したら、どうする? 日本の美術館 日本の美術館ランキング2018 トップ20 JAZZ遺言状 寺島靖国氏が語るジャズ7箇条|『JAZZ遺言状』 死亡率は1割ほど 「10数えてズドン!」は大間違い。アメリカのリアルな「決闘」ルールとは? 隣り合っていながら絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い 静岡vs山梨、千葉vs埼玉|絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い 山本益博|「江戸前」の握り鮨は、「まぐろ」がないと始まらない。【食いしん坊の作法 第13回】 快適に過ごせる靴との出会い 実践!正しい靴の履き方講座【快適に過ごせる靴との出会い vol.1】

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

暮らし

【最後の恋】定年退職した日に離婚届を突きつけられた男性。25歳年下女性と急接近して……?

取材・文/沢木文

仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載では、『不倫女子のリアル』(小学館新書)などの著書がある沢木文が、妻も子供もいる彼らの、秘めた恋を紹介する。

今回、お話を伺ったのは西村博司さん(仮名・63歳)。工学系の国立大学卒業後、機械メーカーの技術者として勤務し、60歳で定年退職した。帰宅したその日、見合い結婚し、30年間連れ添った妻から離婚届を突き付けられた。ギャンブルや浮気をしていたわけではない。妻と一人娘に声を荒げたり、手を上げたこともない。

それどころか、妻や娘の望むままに、私立の中高一貫高校に進学させ、ピアノやバレエなど望み通りの習い事をさせていた。西村さんが妻に理由を聞くと、「あなたは自分勝手でつまらない。全然私のことを愛してくれない」と答えられたという。

「もともと、長いものに巻かれる性格かもしれない。妻から離婚を切り出されても『ああそうですか』くらいしか思わなかったし、『明日からメシの支度は俺がするのか』と思ったくらい。さらに、妻は別の男性とずっと交際してきたと言われた。だけれど、全く気が付かなかった」

言われるままに財産分与に応じ、西村さんの手元に残されたのは、2000万円の貯金と都内の高級住宅地のはずれにある親の代から住む築50年の一軒家だった。

「妻は1年くらいかけて準備していたみたいだったね。離婚を切り出された後、家の中を見たら、妻のものが何一つとしてなかった。週末に宅配便の人が集荷に来るなと思っていたら、あれはウチにあるものをフリマアプリで売っていたんだね。妻は食器が好きで、ブランドの洋食器だけでなく、国内の作家物も集めていて、あれを売ったら相当なお金になったんじゃないかな」

西村さんは淡々と語る。とはいえ、3年前にガランとした一戸建てで、一人暮らしを始めたときは、寂しかったという。

「仕事と家族が一気にいなくなったからね。娘は5年前に結婚してシンガポールにいるんだ。女房に反抗するかのように海外を放浪していた娘だから、近くに住んでいたとしても、話すこともないと思う。それに、友達も少ない。このままでは認知症になると思い、毎日のルーティンを作ろうと思った。そこで、前から気になっていた、近くの大衆酒場へ15時に行って1杯飲むことを日課にしたんだ」

自宅から大衆酒場までは片道3km、往復6kmはいい運動になる。西村さんは退職後、中止していた数学の勉強を再開していたので、その思索のためにも歩くことはいいという。

「妻がいたら、昼の3時から飲むなんてことはできなかったし、そんな気持ちにもならなかっただろうね。お店で近くに住むリタイアしている連中と知り合って、他の店に飲みに行くこともあったし、お互いの家を行き来する友達もできて、まあ幸せなリタイア後の生活だと思うよ」

西村さんの“幸せ”を支えているのは、25歳年下、38歳の女性の存在がある。

「1年くらい前に、彼女はある昭和酒場にひとりで飲みに来たんだよね。まあそこは、常連同士の結束が強いというか、よそ者を排除するような雰囲気があって、私もめったに行かない。たまたま行ったんだからすごい偶然だよね。彼女はのれんをくぐって、席につこうとしたんだけれど、排他的な雰囲気を察知して出ようとした。その時に私と目が合って、ハッとした顔をした。その後、私の隣に座ったんだ」

彼女は、酒を飲み始めるとよくしゃべるようになる性格で、西村さんの顔を見て驚いた理由を語り始めた。西村さんは、10年前に亡くなった彼女のお父さんに顔が似ていたという。身長170cmで中肉中背、丸顔にぱっちりした目、白髪交じりの短髪が西村さんの特徴だ。ひげはいつも剃られており、鼻毛も出ていないし、ニオイもしない。

服のセンスもシンプルで、夏は白いシャツ、冬は白いシャツにカーディガンやジャケットを合わせている。いずれもユニクロで購入しているという。

「娘と同じ年の女の子に、『お父さんに似ている』と言われても、『そうですか』としか言えないよね。でも、実際に写真を見せてもらうと確かに似ているんだよ。58歳のときに癌で亡くなったというお父さんの職業は私と似ており、電気関係の技術者だったんだ」

【数学、哲学、共通点が多い彼女に初めて恋に落ちる西村さん。恋の駒の進め方と、彼女の反応は?……後編へ続きます】

取材・文/沢木文
1976年東京都足立区生まれ。大学在学中よりファッション雑誌の編集に携わる。恋愛、結婚、出産などをテーマとした記事を担当。著書に『貧困女子のリアル』『不倫女子のリアル』(小学館新書)がある。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【最後の恋】15年ぶりの熱い夜。25歳年下の女性と、定年男の恋の…
  2. 【最後の恋】「彼女に一切の財産を贈らないなら、結婚を許可する」老…
  3. 【最後の恋】裏切り続けた日々。妻を乳がんで亡くした男性の後悔
  4. 【最後の恋】娘に女性の誘い方を習い、いざ初デートへ。運命の女性は…
  5. 【最後の恋】「まさか、妻以外の女性とこういう関係になれるなんて……
PAGE TOP