新着記事

7位:ANA機体工場見学【東京都】

行ってみたい「工場見学」ランキングTOP10|人気スポットは、「お菓子」「ビール」「飛行機」

【ビジネスの極意】「報酬」それとも「やりがい」? あなたの働くモチベーションは何ですか?

【ビジネスの極意】「報酬」それとも「やりがい」? あなたの働くモチベーションは何ですか?

西京漬けは焼いて食す。魚の旨みと味噌床の旨みが溶け合う。手前は食用菊の酢漬け。西京焼きには、酸味のあるあしらいが合う。

「鯛の西京漬け」と「鯛の松前漬け」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング

「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽しく歩くためにすべきこと

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリストの美学」がわかる宿

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリズム」なライフスタイルを体験できる宿

エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策

今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

毛もないが、前臼歯もない不思議な犬種

身体にあてると痛みが止まった! 犬の特殊な能力を信じた人々

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【最後の恋】裏切り続けた日々。妻を乳がんで亡くした男性の後悔

取材・文/沢木文

仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載では、『不倫女子のリアル』(小学館新書)などの著書がある沢木文が、妻も子供もいる彼らの、秘めた恋を紹介する。

今回、お話を伺ったのは大山尚次さん(仮名・60歳)。現在、医療機器関連の小さな会社を経営している。出身は東京都の八王子市、日本で一番大きい大学を卒業した後、専門商社に入社し、40歳の時に上司と独立し、起業をした。

“来るもの拒まず去る者追わず”を地でいっていた

「会社を起業したきっかけは、家族との時間が一切取れなかったから。今みたいに、ワークライフバランスという言葉もないし、そんなことを言っていたらクビになっている時代だったから」

独立して自由になるかと思ったら、そうではなかった。会社は成長し、海外出張で世界を飛び回る日々が始まった。

「当時はホントに華やかだったよ。ドイツとアメリカ、スイスに行くことが多かったんだけれど、夜になると取引先の女性や、通訳の女性のほうから、私の部屋を訪ねてきた。こっちも若かったし、時代背景的に“数を競う”という文化があったから、“来るもの拒まず去る者追わず”を地でいっていた」

大山さんは、背も高くないし、容姿が特別整っているわけではない。頭髪も少し寂しくなっており、お腹も少し出ているといういわゆる普通の還暦の男性だ。しかし、彼はスーツを着こなすのが上手い。いつもアイロンがかかったシャツを着ており、爪を切りそろえ、ひげもきちんと剃っている。体臭もほどんどしない。いつ会っても清潔な人なのだ。

「意識したことはないけれど、清潔好きかもしれないね。シャワーは朝と夜に1日2回浴びているし、シャツやポロシャツは1回袖を通したら、きちんとクリーニングに出している。ウチの社員でも、クリーニング代を惜しんで、シャツを2回着るという男がいるんだけど、アレはいただけないよね。でも、1年前に女房が突然死んでしまってからは、汚れるに任せていた。何もする気が起きなかった」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【最後の恋】63歳からの恋活は「バレない」SNSカン違いが引き寄せた最後の恋~その2~ 【最後の恋】シニアの恋活パーティーもお見合いもうまく行かず。SN…
  2. 【最後の恋】63歳からの“恋活”は慎重第一。「金目当て」を排除し、運命の女性と会うまでの道のり~その1~ 【最後の恋】定年後の“恋活”は慎重第一。「金目当て」の相手を排除…
  3. 【最後の恋】~その2~妻の遺品と決別し、徐々に気持ちが切り替わっていき、出会った運命の女性 【最後の恋】妻の遺品と決別し、徐々に気持ちが切り替わっていき、出…
  4. 【最後の恋】~その1~妻との死別と“後妻業の女”の罠……愛妻家が選んだ最後の恋の相手は? 【最後の恋】突然の妻との死別で落胆する日々。シニア婚活で出会った…
  5. 【最後の恋】 【最後の恋】同窓会で再会した高校時代のマドンナ。また会いたいとい…
PAGE TOP