サライ.jp

取材・文/沢木文

仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載では、『不倫女子のリアル』(小学館新書)などの著書がある沢木文が、妻も子供もいる彼らの、秘めた恋を紹介する。

今回、お話を伺ったのは大山尚次さん(仮名・60歳)。現在、医療機器関連の小さな会社を経営している。出身は東京都の八王子市、日本で一番大きい大学を卒業した後、専門商社に入社し、40歳の時に上司と独立し、起業をした。

“来るもの拒まず去る者追わず”を地でいっていた

「会社を起業したきっかけは、家族との時間が一切取れなかったから。今みたいに、ワークライフバランスという言葉もないし、そんなことを言っていたらクビになっている時代だったから」

独立して自由になるかと思ったら、そうではなかった。会社は成長し、海外出張で世界を飛び回る日々が始まった。

「当時はホントに華やかだったよ。ドイツとアメリカ、スイスに行くことが多かったんだけれど、夜になると取引先の女性や、通訳の女性のほうから、私の部屋を訪ねてきた。こっちも若かったし、時代背景的に“数を競う”という文化があったから、“来るもの拒まず去る者追わず”を地でいっていた」

大山さんは、背も高くないし、容姿が特別整っているわけではない。頭髪も少し寂しくなっており、お腹も少し出ているといういわゆる普通の還暦の男性だ。しかし、彼はスーツを着こなすのが上手い。いつもアイロンがかかったシャツを着ており、爪を切りそろえ、ひげもきちんと剃っている。体臭もほどんどしない。いつ会っても清潔な人なのだ。

「意識したことはないけれど、清潔好きかもしれないね。シャワーは朝と夜に1日2回浴びているし、シャツやポロシャツは1回袖を通したら、きちんとクリーニングに出している。ウチの社員でも、クリーニング代を惜しんで、シャツを2回着るという男がいるんだけど、アレはいただけないよね。でも、1年前に女房が突然死んでしまってからは、汚れるに任せていた。何もする気が起きなかった」

【次ページに続きます】

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
12月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア