新着記事

初めて大河ドラマの主人公になる明智光秀(長谷川博己)。脱「信長史観」のドラマの展開が気になってしょうがない。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】明智光秀が主役の本格戦国大河 オープンセットに持ち込まれた岩の総量が半端ない

堀文子 太神楽柄ショール|孤高の日本画家、堀文子の代表作を描いたストール

『太平記』以来の大河登板の池端俊策さん。『麒麟がくる』も早くも「伝説の大河」の再来と期待が高まる。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】脚本家・池端俊策氏インタビュー「描きたかったのは、従来のイメージとは異なる光秀と信長」

2020年「開運×絶景スポットランキング」|3位 箱根神社(神奈川県)、2位 高屋神社(香川県)、1位は?

Google カレンダーの超基本的な使い方(2)|予定を削除や変更する方法【スマホ基本のき 第11回】

プロが教える、正月太り解消法|働く女性の8割が正月太りしている!?

【ビジネスの極意】ネガティブに考えることは、それほど悪いことではない

【ビジネスの極意】ネガティブに考えることは、それほど悪いことではない

美容ミネラル「マグネシウム」が大注目

生活習慣病対策に効果がある、現代美容ミネラル「マグネシウム」のスゴイ実力

テッケン(Tekken)網にかかったCRB Photo courtesy of Aubrey Moore, PhD, University of Guamurtesy of Aubrey Moore, PhD, University of Guam

常夏の島のココナッツが絶滅の危機! 最強の害虫・カブトムシ(CRB)の恐怖(グアム)

歴史と文化を知ることで将棋はもっと面白くなる|『教養としての将棋 おとなのための「盤外講座」』

歴史と文化を知ることで将棋はもっと面白くなる|教養としての将棋 おとなのための「盤外講座」

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【最後の恋】娘に女性の誘い方を習い、いざ初デートへ。運命の女性はカウンターで微笑んでいた

取材・文/沢木文

仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載では、『不倫女子のリアル』(小学館新書)などの著書がある沢木文が、妻も子供もいる彼らの、秘めた恋を紹介する。

【前編はこちら

* * *

運命の女性に会ってから、高橋さんはどう関係を深めていったのか……

支配的な性格をしている妻が亡くなった61歳から“自分の楽しいこと”を探す旅に出た高橋健司さん(仮名・63歳)の『最後の恋』。女性経験がほとんどない高橋さんがどのように関係を深めていったかを伺った。

「38歳のときに、好きな女性がいたんだ。相手は取引先の女性で、何回か食事に行った。彼女は英語が堪能ですごく仕事ができた。俺はできる女性が好きなんだよね。三つ指ついて、しとやかについてくるような女性は好きじゃない。このときも、向うから飲みに誘ってきたし、俺のことを憎からず思っていたんだろうけれど、知らない間に音信不通になってしまった。あのとき彼女は独身だったし、俺も女房にバレるのが怖かった。のめり込むのも怖かったよね。味気ない結婚生活だったから彼女を唯一の救いのようにして崇めてしまっていたし。でも、俺から誘えば深い仲になったんじゃないかとずっと思っていたんだ。そんな後悔から、“自分から行かなくちゃだめだ”と思った」

デートに誘ったのは、高橋さんからだ。SNSのメッセンジャー機能を使った。文面を見せてもらうと“先日、日本酒の会でお目にかかりました高橋健司です。あのとき一緒に飲んだお酒がとても美味しかった。今度、二人でお食事でもいかがですか。●●(苗字)さんは、フレンチもお好きだと伺ったので、いいお店を予約しておきます」とある。完璧な誘いの文章だ。女性に慣れていないというのは本当だろうか。

「実はこれ、娘が考えたんだよ。私がSNSの画面を開いてずっと見てたら、知らぬ間に娘が後ろにいて、“パパ、この女の人デートに誘いたいんでしょ、パパの誘い方じゃダメだよ”って文面を考えてくれた。今の子はオープンだよね。かつてのように“パパ、キモい”と言われるかと思ったら、応援してくれるんだもん。結局、すぐにOKの返事をもらって、彼女が行きたいと言っていた予約困難なお寿司屋さんで会うことになった。そのお店は、僕がなじみにしていて、裏ルートから入れてくれるんだよ。そして、当日の服まで娘が考えてくれたんだ」

スーツじゃだめだと言うお嬢さんが用意したのは、水色のギンガムチェックのシャツに、紺のサマージャケット、ユニクロで購入した新品のチノパンだった。水色の靴下に茶色のローファー。バッグは持たずに行けと言ったそう。
「娘と一緒に何本もズボンを試着して、ジャストサイズを選び、丈も細かく調整したよ。俺たちの世代は、ちょっとブカッとした大きなサイズを買ってしまうのだが、それではダメだと。男をカッコよく見せるのは体に合った服だと。着てみると確かにカッコいいんだよ。俺だと思えないくらい」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【もう君はいない】「行ってきます」が永遠の別れ、事故死した妻と悲…
  2. 【もう君はいない】「行ってきます」が永遠の別れ、事故死した妻と悲…
  3. 【もう君はいない】今も目に焼き付く、若き日の赤い口紅とハイヒール…
  4. 【もう君はいない】今も目に焼き付く、若き日の赤い口紅とハイヒール…
  5. 【最後の恋】親友の未亡人と遺児を見守り続けた10年目の愛……山が…
PAGE TOP