新着記事

【医学部受験経験者1,004人への調査で判明】受験勉強法と必勝ツール

愛犬の終活を迎える時に、準備しておきたい大切なこと

最後の日々を後悔しないために「愛犬の終活」で準備したい大切なこと

親と心を通わせ合うために|『精神科医が教える 親のトリセツ』

親と心を通わせ合うためのヒント|精神科医が教える「親のトリセツ」

室内の「隠れダスト」に要注意! 花粉症患者の約7割がオフィスでも花粉症の影響を体感している

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

『拳銃(コルト)は俺のパスポート』

ニヒルでハードボイルドな宍戸錠=エースのジョー|『拳銃(コルト)は俺のパスポート』【面白すぎる日本映画 第39回】

加齢により減少する唾液の分泌量を増すセルフケア|『ずっと健康でいたいなら唾液力をきたえなさい!』

免疫力の強い身体をつくる「唾液力」の鍛え方

「ミニ水筒」が大ブーム! 愛用者たちが選ぶ人気の「水筒」タイプは?

チャーリー・パーカー『The Complete Dean Benedetti Recordings Of Charlie Parker』

録音技術の進歩はジャズを変えはしなかった【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道42】

江戸・東京の粋を体験・感性を磨く「ものづくりのまち」台東区へ《プレゼントあり》[PR]

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【最後の恋】59歳商社エリートが20年前に埋めた恋の種~後編~

取材・文/沢木文

仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載では、『不倫女子のリアル』(小学館新書)などの著書がある沢木文が、妻も子供もいる彼らの、秘めた恋を紹介する。

【前編はこちら

* * *

55歳の時に再会した女性と、年に2回程度のデートを経て……

「女性から恋をされたい」そんな願望が募っていた55歳の時に、現在の彼女と再会する。

「彼女は、一般職の新卒で俺の部署に来た女性社員だったんだよ。俺が35歳、彼女が20歳だったかな。短大卒なのにウチの会社に入れるから優秀だったよ。俺の部下だったんだけど、気にも留めていなかった。気が付けば寿退社していた、という感じ。あのとき、俺は仕事に夢中だったからね」

嶋田さんはどこで彼女と再会したのだろうか。

「この年になると、大学の同級生と集まって、旨いものを食べようってことになる。まあ、みんないいもの食べているから、味にはうるさい。その会が広まって、20人規模くらいになった時に、誰かが連れてきたのが彼女だったんだよ」

最初、嶋田さんは彼女のことに気が付かなかった。「色っぽいオバサンだな」くらいに思ったのだそう。しかし、彼女はすぐに気が付いて、嶋田さんの手を取り、「新卒のときは、お世話になりました。懐かしい……お会いできてうれしい」と喜びを全開にした。その、躊躇なくも自然なボディタッチに、嶋田さんは驚いたという。

「ふわっと触って来るおミズの女性の手とは全然違って、ギユッと握って来るからドキッとしたよね。そのときは、西荻のビストロだったんだけど、ずっと隣でいろんな話をして、彼女も苦労していたことがわかった。それで、“今度二人で会おうか”ってことになったんだ」

彼女が嶋田さんを覚えていたのは、パワハラとセクハラをしなかったからだという。他の上司は仕事で失敗すると「そんなことも知らないのか」や「結婚して辞めちまえ」などと言っていたそうだ。時代背景もあるが、あまりの発言に彼女は傷ついていた。

しかし、私立男子校で多感な時期を過ごし、女性に対してどこか恐怖心と尊敬があるという嶋田さんは、女性に対する物腰が柔らかく、感覚的に“女性を上”に置いている。当時20歳だった彼女は、35歳の嶋田さんに対して、恋心を抱いていたという。

「当時は全く気が付かなかったけれど、“俺も片思いされていたんだ”と、ちょっと感動したよね。それも、可愛くて性格がいい女性から想われていたというのは、自信になった。その夜、家に帰ったら女房にも“機嫌がいいわね”と言われて、女性は鋭いな……と思ったよ」

その再会から4年間、彼女は3~4か月に1回開かれる美味しいものを食べる会の常連になる。今、外資系の企業で役職がついている彼女は、息子を育てながら働くシングルマザーとして自立しており、比較的豊かな生活をしているようだった。

4年間のプラトニックな関係を経て、男女の関係になったのは、最近だ。嶋田さんにどうしてそうなったのかを何度も聞くと、「タイミングかな……」と答えた。

「美味しいものを食べる会の他に、2人で半年に1回くらい飲みに行っていた。仕事の話ができる女性はいいよね。いつもは表参道や代々木上原あたりが多かったんだけど、何かのときに、下町エリアのラブホテル街の中にある有名な居酒屋に行くことになり、お店を出たらホテルだらけ。素通りできず、入ってしまったよね。知り合いに会う心配もない場所だったし、あれはホント、タイミングだった」

お互いに10年以上、異性と関係を持っていなかったので、手探りだったという。女性は体型の変化を、男性は思い通りにならないことを恥じる。そこには“恥の共有”があり、それが心を癒したという。

「ガッカリされたら嫌だと思うから、いろんな知識や経験を総動員したよ。それって初めてのときと、似ている。まさかこの年で、あの感覚を味わえるとは思わなかった。今は楽しいけれど、女房にバレるのが怖いよね。あと数か月後に控えた定年も悩ましい。彼女はどうもカタガキが好きなようで、定年になった俺とまた会ってくれるのかな……と思う。自由に使えるお金も減るし」

嶋田さんは、今のところ定年後は、再雇用者として仕事をしつつ、友人がやっている日本の伝統文化を広めるNPO法人の活動を手伝うことになっているという。

取材・文/沢木文
1976年東京都足立区生まれ。大学在学中よりファッション雑誌の編集に携わる。恋愛、結婚、出産などをテーマとした記事を担当。著書に『貧困女子のリアル』『不倫女子のリアル』(小学館新書)がある。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方…
  2. 【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方…
  3. 【最後の恋】親友の未亡人と遺児を見守り続けた10年目の愛……山が…
  4. 【最後の恋】親友の未亡人と遺児を見守り続けた10年目の愛……山が…
  5. 【最後の恋】「定年うつ」から抜け出せた、知的な友人たちとの交流。…
PAGE TOP