新着記事

大音楽家バーンスタインの破天荒でカラフルな祈りの音楽を聴く【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)今年はレナード・バーンスタインの生誕100年である。20…

江戸城4代天守はなぜ再建されなかったのか|幻となった不遇の城をCGで再現

家綱の叔父・保科正之が天守無用論を唱えて中止3代将軍家光が没し、嫡男家綱…

純銀製の玉盃|酒を注ぐと球体の中に餅つきうさぎが浮かぶ盃

酒を注ぐと銀盃の真ん中に、レンズのような「玉」が浮かび上がる。玉の中には、餅つきをするうさぎ…

腰痛改善は「お尻」の筋肉から!簡単ストレッチを紹介【川口陽海の腰痛改善教室 第1回】

文/川口陽海人生で誰もが一度は悩まされるという腰痛。もしあなたがなかなか治ら…

缶詰そのままはもう古い|「サバ缶」ブームを支える新しい食べ方

サバの缶詰、通称「サバ缶」の人気がすごい。2年ほど前からサバの人気が高まり始め、同時に手軽で安く…

知れば知るほど奥が深い。今輝く、神秘の国・ミャンマーを訪ねる【3】インレー湖

取材・文/関屋淳子インドシナ半島西部、タイ、ラオス、中国、インド、バングラデシュと国境を接するミ…

籐の脱衣カゴ|ベテラン職人が銭湯向けに編み上げた軽くて丈夫なカゴ

どこか懐かしい銭湯の脱衣カゴをご紹介。この道60年の籐工芸士・尾崎英幸さん(東京都豊島区)が…

牧野伸顕――大久保利通と吉田茂をつなぐ、忘れられた大政治家【にっぽん歴史夜話 8】

文/砂原浩太朗(小説家)牧野伸顕(まきの・のぶあき 1861~1949)と聞いてすぐ…

医学部教授が考案!長生きするための簡単みそレシピ3選

文/鈴木拓也自律神経と腸の研究者として知られ、日本初の便秘外来を立ち上げた順天堂大学…

クラフト・ジンによく合う本場スコットランドのつまみ5選

文・写真/石橋貴子(スコットランド在住ライター/海外書き人クラブ)スコットランドでは近年、手…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【娘のきもち】親はいつか死んでしまう。絶縁状態から7年ぶりに連絡を取り合ったとき、両親は……~その2~

取材・文/ふじのあやこ

家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感じていた気持ちを探ります。~その1~はコチラ

今回お話を伺ったのは、都内のインターネット関連の企業でデザイナーとして働いている佳織さん(仮名・33歳)。富山県出身で、両親と8歳下に弟がいる4人家族。小学校までは父方の祖父母と一緒に暮らしており、おばあちゃん子として育ちます。祖父と母親の中が険悪になり、同居を解消したあたりから、佳織さんと両親の仲は悪化。関係は修復することなく、東京での就職を機にまったく連絡を取らない関係が2年ほど続いたそうです。

「忙しい中で思い出すのはおばあちゃんのことばかり。たまに思い出してムカつくのは母親のことで、父親のことはまったくと言っていいほど考えもしなかったですね。弟は8歳下なので当時まだ実家で過ごしていましたが、そこまで年齢が離れていると特に連絡をとることもないんですよ。私は弟が小学生の時に家を出たのでそこまで関係性が濃くないというか……」

両親を大切にしていた彼氏からの叱咤で実家に帰省しようと決意

そんな中、付き合っている彼と家族の話題になったそう。その時、疎遠な関係を知った彼は佳織さんのことを厳しく怒ったと言います。

「自分は外で女遊びをしているのに、その部分だけは真面目だったみたいです(笑)。彼は女性にモテるだけあって、色んな人にも優しいタイプの人でしたから。両親のことも大切にしているようで、彼も地方人だったので帰省もよくしていたし、東京に呼んで一緒に過ごしたりもしていました。

そんな彼がまったく親の話題にならない私のことを不思議に思ったのか、親との関係を聞いてきたんです。『もう2年ほど連絡を取っていない』と素直に答えると、すごく怒られて……。『一人暮らしを始めると、親との時間はすごく少なくなる。合計するとあと一緒に過ごせる時間は数年くらいなんだよ』と。どこかで読んだ記事のことを話されていたんですが、そんなに短いんだってびっくりしてしまって。考えさせられましたね」

その後、大型連休の機会に思い切って帰省します。両親は突然の帰宅にびっくりしていたそうですが、いたって態度は普通だったとか。昔のような会話のあった関係に戻るのに時間はあまりかからなかったそうです。

「今まではどちらかというと私の方が会話を避けていたので、両親の話していることをしっかり聞こうとしただけなんですが。不思議と会話は続くんですよね。仲が普通に戻ったのは、21歳の時で、22歳ぐらいの時にはおばあちゃんと母親が東京観光に来たり、父親が仕事で東京に来ると私の家で一泊して帰ったりと良好な関係になっていました」

叔父、祖母の死により、親のこと、これからの時間を見つめ直して

さらに両親の大切さを気づかせてくれたことがあります。それは従妹の父である叔父、そして大好きだった祖母が亡くなったことでした。

「それまではそこまで両親の年齢や体調などにあまり気にしたことがありませんでした。叔父さんは病気だったんですが、従妹が泣いているところとかを見て胸が詰まってしまって……。いつまでも元気で側にいてくれる存在じゃないんだなって痛感したんです。

さらに、その翌年にはおばあちゃんが亡くなりました。本当に身を切られるような思いがしました。なんで東京に来てからも毎年帰らなかったんだろう。なんで元気なうちにもっと時間を共有できなかったんだろうと。もっともっと一緒に過ごせたのにと後悔しました。だから、両親とはこんな後悔をしたくないと強く思ったんです」

その後、就職してから初めて父親、母親の誕生日などのお祝いを東京から送るようになったそうです。しかし父親は祖母がなくなったことで結婚を勧めてくるようになったとか。

「両親の欲しいものをリサーチするためなどで、よく電話をするようになりましたね。それに、東京での友達はみんな都会っ子で田舎の雰囲気が好きな子が多いんですよ。その子を実家に連れて帰って、私の両親と友達と4~5人でバーベキューを一緒にするぐらい仲良くなりました。すっかり友達のような間柄です。

しかし、父親とは特に仲良くなり過ぎたという感じなんですが……。実は30歳を迎えたことで父親が私の合コンをセッティングしてくるんです(苦笑)。わざわざ東京の知り合いを探して、東京でセッティングしてくれて……。子供の合コンを親がセッティングって聞いたことがありますか?ありがた迷惑ってこんな時に使う言葉なんだな~ってしみじみ実感していますよ(笑)」

今年両親の還暦祝いをするために弟と一緒に家族旅行を計画して、10月に4人で金沢に行く予定だとか。

「親のために旅行を計画して、弟と密に連絡を取り合うなんて初めてのことでワクワクしています。東京で赤いちゃんちゃんこを2つ買ったんですよ。絶対両親ともに嫌がると思いますが、無理矢理にでも来てもらって写真を撮ってきます(笑)。これから一緒に思い出を残していきたいから」と佳織さんは笑顔で語ります。

取材・文/ふじのあやこ
情報誌・スポーツ誌の出版社2社を経て、フリーのライター・編集者・ウェブデザイナーとなる。趣味はスポーツ観戦で、野球、アイスホッケー観戦などで全国を行脚している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】里帰り出産で見た優しい父親の顔。母親の逝去で知った…
  2. 【娘のきもち】中途半端なことが大嫌いな熱血パパ。小さい頃は大好き…
  3. 【娘のきもち】70歳で見せた父の本音。「あと10年しか守ってあげ…
  4. 【娘のきもち】5人兄妹の中でずっと抱いていた劣等感。私にだけ厳し…
  5. 【娘のきもち】内緒で上京を決断し、両親とは音信不通に。家を出たく…
PAGE TOP