新着記事

大音楽家バーンスタインの破天荒でカラフルな祈りの音楽を聴く【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)今年はレナード・バーンスタインの生誕100年である。20…

江戸城4代天守はなぜ再建されなかったのか|幻となった不遇の城をCGで再現

家綱の叔父・保科正之が天守無用論を唱えて中止3代将軍家光が没し、嫡男家綱…

純銀製の玉盃|酒を注ぐと球体の中に餅つきうさぎが浮かぶ盃

酒を注ぐと銀盃の真ん中に、レンズのような「玉」が浮かび上がる。玉の中には、餅つきをするうさぎ…

腰痛改善は「お尻」の筋肉から!簡単ストレッチを紹介【川口陽海の腰痛改善教室 第1回】

文/川口陽海人生で誰もが一度は悩まされるという腰痛。もしあなたがなかなか治ら…

缶詰そのままはもう古い|「サバ缶」ブームを支える新しい食べ方

サバの缶詰、通称「サバ缶」の人気がすごい。2年ほど前からサバの人気が高まり始め、同時に手軽で安く…

知れば知るほど奥が深い。今輝く、神秘の国・ミャンマーを訪ねる【3】インレー湖

取材・文/関屋淳子インドシナ半島西部、タイ、ラオス、中国、インド、バングラデシュと国境を接するミ…

籐の脱衣カゴ|ベテラン職人が銭湯向けに編み上げた軽くて丈夫なカゴ

どこか懐かしい銭湯の脱衣カゴをご紹介。この道60年の籐工芸士・尾崎英幸さん(東京都豊島区)が…

牧野伸顕――大久保利通と吉田茂をつなぐ、忘れられた大政治家【にっぽん歴史夜話 8】

文/砂原浩太朗(小説家)牧野伸顕(まきの・のぶあき 1861~1949)と聞いてすぐ…

医学部教授が考案!長生きするための簡単みそレシピ3選

文/鈴木拓也自律神経と腸の研究者として知られ、日本初の便秘外来を立ち上げた順天堂大学…

クラフト・ジンによく合う本場スコットランドのつまみ5選

文・写真/石橋貴子(スコットランド在住ライター/海外書き人クラブ)スコットランドでは近年、手…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【娘のきもち】熟年離婚した父と新婚夫婦の3人暮らし。娘と父の関係は次第に変化して……~その2~

取材・文/ふじのあやこ

家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感じていた気持ちを探ります。~その1~はコチラ

今回お話を伺ったのは、埼玉県で6歳の子供を育てながら、近所の飲食店でパート勤務をしている夏美さん(仮名・37歳)。埼玉県出身で、両親と2歳上に姉のいる4人家族。父親はサラリーマン、母親は近くのスーパーでパート勤務をする兼業主婦で、どこにでもある普通の家庭だったそうですが、21歳の時に姉が結婚し、さらに両親が離婚。1人にはできないという思いから父親との2人暮らしがスタートします。

「父親との2人暮らしといっても、顔を合わすのは夜の1~2時間ぐらい。父親は早めに仕事に行くので朝は起きたらいない状況でした。それに私は接客業なので、希望でも出さない限り週末は仕事です。高卒で入社した分、同期でも年上の人ばかりだったので週末に休むとはなかなか言えなかったんですよ」

新しい“我が家”を求めた父親の独断。賃貸から一軒家に

賃貸マンションでの2人暮らしでは父親は一緒にいる時間は努力して話している印象を受けたとか。そして、2人暮らしが3か月ほど続いた時、父親から何の前振りもなく一軒家購入の話をされたそうです。

「会話は私の仕事のことへの質問がメインで、毎日そんな質問をされても変化なんか特にないので、盛り上がることもなく……。当時私には彼氏がいたんですが、一緒に暮らし始めたばかりで父親の落ち込みとかも心配だったので外泊はしないようにしていました。でも、絶対長電話をしている様子などで彼氏がいることは知っていたと思うのに、それについては一切触れてこないんですよね。異性の親ってちょっと複雑ですよね。

そんなぎこちない2人暮らしだったんですが、借りた賃貸も3DKと広かったし満足していたんです。なのに、父親はやっぱり持ち家じゃないところが気に入らなかったみたいで、いきなり一軒家の契約書を見せてきました。びっくりしましたよ!しかも、前の家から2駅ほど離れた近場に。中古の家だから1000万ぐらいだったんですが、父親は『お金のことなら心配いらない』ともう買う気しかないんですよ。再婚でもする気なのかなって思いました」

その後、本当に一軒家を購入。ますます家を出にくくなった夏美さんはそのまま新しい実家で生活をしていたそうです。そして、28歳の時に当時付き合っていた男性よりプロポーズを受けて結婚することになります。

「結婚相手はとにかく優しい人で、彼には両親がいませんでした。そういう理由もあるのか、私の父親のことをすごく気に入っていたんです。結婚の報告の前から彼は何度も遊びに来ていたんですが、いつも最後には父親とお酒をかわして2人してベロベロになるのがお決まりのコースでした。まぁ仲が悪いよりも良いほうが嬉しいんですが、酔っぱらった時は2人して絡み酒なので面倒でしたね(笑)。でも、彼が間に入ってくれたことによって、初めて父親と長時間飲めるようになりました」

父親と私、そして夫。2人暮らしから3人暮らしへ

結婚に向けて新居を構えようとしていた時、結婚相手から驚きの提案があります。

「『このまま同居しても構わない』と言われたんです。私も一軒家に父親だけ残していくのは少しだけ気がかりでした。でも、そんな負担を彼にさせるわけにもいかないと思っていたので、彼からその提案をしてくれた時は本当にいい人を選んだと思いましたね。父親に2人で話をしたら、驚いていましたが、『ありがとう』って涙ぐみながら言っていました」

結婚式の前日には、初めて父親と2人きりで飲みに行き、2人だけの時間を過ごしたそう。その時に初めて父親は謝ってきたと言います。

「彼の計らいで、2人きりにしてくれたんです。父親は職場近くのいつも行く馴染みの小料理屋に連れてってくれました。お店に入ると店員が気さくに話しかけてくる姿を見て、父親の居場所に入れてくれた気持ちになりましたね。

そこで、父親は自身の離婚について私に謝ってきました。『自分が努力すればこんなことにはなっていなかった』と。離婚について何が原因になったのかなんて夫婦しかわかりません。子供には知る権利はあるかもしれませんが、私は親の自由だと思っていました。だから謝る必要はないんです。でも、父親は今の2つに分かれてしまった家族を見て、ずっと申し訳ないと思っていたみたいでした。その時には、私が父についたこともあり、姉は母親側に、そして母親は籍こそ入れていないものの別の男性と一緒に住んでいたんですよ。なので、母親・姉と私は疎遠になっていたんです。でも、この現状を悲観なんかしていません。『気にしていない』と言うと父親はホッとしたように笑ってくれました」

夏美さんはその3年後に子供を産み、今も父親と一緒に暮らしています。そして、子供を産んだことで一時は疎遠になっていた母親や姉とも連絡を取るようになり、年末年始には姉夫婦の子供も一緒に新しい我が家である一軒家で過ごしているそうです。「3人の孫に囲まれたデレデレ顔は寡黙だった父親の面影は一切ないですよ」と夏美さんは笑顔で語ります。

取材・文/ふじのあやこ
情報誌・スポーツ誌の出版社2社を経て、フリーのライター・編集者・ウェブデザイナーとなる。趣味はスポーツ観戦で、野球、アイスホッケー観戦などで全国を行脚している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】里帰り出産で見た優しい父親の顔。母親の逝去で知った…
  2. 【娘のきもち】中途半端なことが大嫌いな熱血パパ。小さい頃は大好き…
  3. 【娘のきもち】70歳で見せた父の本音。「あと10年しか守ってあげ…
  4. 【娘のきもち】5人兄妹の中でずっと抱いていた劣等感。私にだけ厳し…
  5. 【娘のきもち】親はいつか死んでしまう。絶縁状態から7年ぶりに連絡…
PAGE TOP