新着記事

ショパンのバラードの偉大さを雄弁に伝えるアンスネスの名演【林田直樹の音盤ナビ】 忠臣蔵 年末の定番映画といえばこれ!『忠臣蔵』【面白すぎる日本映画 第25回】 えっ、あの人が銀行員!?|前職が意外な芸能人ランキング 手塚雄二・朝めし自慢1 【朝めし自慢】手塚雄二さん(日本画家・65歳)「糖質を抑えた献立で、20年来、体型は変わりません」 飛騨高山の燻製工房「キュルノンチュエ」のソーセージ&パテ【サライのお取り寄せ】 修行コースに参加せず、境内で自主的に瞑想にチャレンジしても構わない。 タイの古刹「ワット・ラムプーン」で瞑想修行!|「歩く瞑想」「坐る瞑想」で心のクリーニング 【ビジネスの極意】モテる人は、なぜマネジメントがうまいのか? 【ビジネスの極意】モテる人は、なぜマネジメントがうまいのか? ヘルニア・狭窄症 ストレッチで改善する座った時の痛みやしびれ ヘルニア・狭窄症|ストレッチで改善する座っている時の痛みやしびれ【川口陽海の腰痛改善教室 第8回】 はきやすく便利!大人気「らくあきパンツ」にコーデュロイ版登場 昭和歌謡は終わらない 個性豊かな楽曲であふれていたあの時代|『昭和歌謡は終わらない』

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 徳川園/名古屋市

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【娘のきもち】毎日駅まで迎えに来てくれた父。親の愛は重く、あたたかい~その2~

取材・文/ふじのあやこ

娘と家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感じていた娘の気持ちを探ります。~その1~はコチラ

今回お話を伺ったのは、都内で編集の仕事をしている陵子さん(仮名・35歳)。出身は兵庫県で両親と5歳上の兄がいる4人家族。幼少期の震災経験を経て、家族仲はより強固になっていきます。しかし中学卒業時から高校にかけて反抗期に入ってしまい、徐々に家族との会話は減っていったと言います。

「友達と一緒に過ごすほうが楽しくて、家に帰って母親に何か言われると、それが怒られていなくてもイライラしてしまっていました。なのに、冷たい言い方をしてしまったことをその直後には後悔する。その繰り返しになって、徐々に母親との会話を避けてしまうようになったんです。

父親に対しては反抗期はなかったものの、高校生になってからは一緒に野球観戦もしなくなり、友人と過ごす時間が多くになっていきました」

大学時代に彼氏と半同棲状態に。帰宅しない娘と両親の接点がなくなる

大学に進学して、1歳上の彼氏ができたことで陵子さんはほどんどの時間を彼氏の家で過ごすようになり、家族と顔を合わせる機会さえなくなってしまいます。

「大学時代の彼氏は高校と違って地方から出てきていて、1人暮らしをしていたんです。その人はバイト先が一緒の人で、バイトが終わると一緒に彼氏の家に帰るような生活を2年以上していたと思います。母親は最初の頃は帰ってこないことに怒っていましたが、20歳を超えた辺りから大人なんだから勝手にしなさいという感じで放任になったんですよ。認められた感じがして嬉しかったです。

父親とはその2年間はお盆やお正月ぐらいしかロクに顔を合わせていませんでしたね。ずっと家に帰らないことを怒られることもなく、それでもニコニコしているような父でした」

その後、陵子さんは関西の出版社に就職。毎日始発から終電まで働くような生活をする中で、学生時代からの彼氏と破局。今度は仕事で家族との時間を作ることができなかったと言います。

「もう毎日必死でした。定時の10時から18時までは先輩の仕事を手伝うだけで過ぎていきます。自分の仕事ができるのは始発に会社に行くので、朝の6時から10時まで、夜は19時ごろから終電まで。その当時はあまり記憶が残っていないぐらい、仕事しかしていませんでした。その時、どんなに遅く帰っても、母親は私が家に着くまで起きて待っていました。それに、私はバイクで家から最寄りの駅まで行っていたんですが、そのバイクが盗まれたことがあって、バイクが見つかるまでの1か月弱ぐらいずっと父親は禁酒をしてくれていました。お酒が大好きだったのに。今思うと本当にありがたいんですが、両親の気持ちは少し重かったです。帰るまで起きていることも負担でしたし、自転車で帰宅することもできたんです。でも危ないからと父親は頑なに自転車を使うことを認めてくれなくて」

一人暮らし、そして上京。会えないという物理的な距離が、家族との時間の大切さを再確認させた

そんな生活を続けることに体の限界がきて、大阪で1人暮らしを始めます。その時から家族の会話は徐々に増えていったとか。

「初めての一人暮らしは想像以上に寂しくて、当たり前ですが、自分が買わないと家にまったく食べるものがなくなったりする。そのほかにも洗濯など、すべて自分でしなければいけないことの多さに親のありがたみを実感しました。それに親と会うのに理由がいるようになるんですよね。『地元の友達と遊ぶからそっちに泊まる』とか、理由を無理やり作っていました。それに、父親を野球に私から誘っていくようになりましたね。社会人になった頃には父親は転職していて、家族席はなかったので、チケット代はすべて私が負担して、帰りはたまに2人で飲みに行ったりしましたね」

陵子さんは3年間大阪で働き、転職で上京を決意します。東京へ行く1週間前に家族3人で旅行に出かけたそうです。

「父親がずっと行きたがっていた京都の老舗旅館に両親を招待しました。兄は自腹なら一緒に来てもいいと伝えたら嫌がったので(笑)。旅行を決めたのは、実家まで1時間の距離が新幹線でも3時間かかる距離になり、前みたいに会えなくなると思ったからです。どこかで、子供が1人暮らしをしてから親と過ごす時間は2年にも満たないという記事を読んだんです。そのことが妙に心に残っていて、思い出を作りたかったんです。旅館ではカニが食べ放題で父親は吐く1歩前まで笑顔で食べ続けていましたよ。すごく喜んでくれました」

陵子さんは現在も東京で働く中、年に3~5回は実家に帰省し、数か月前には両親と一緒に野球観戦をしてきたと言います。そんな彼女の仕事はスポーツ雑誌。父親の影響からスポーツが大好きになり、仕事にしてしまったそう。「スポーツ誌のクレジットに私の名前が載っていることを父はみんなに自慢しているようです。少し恥ずかしいですが、嬉しいですね。少しは親孝行できたかなと思っています」と陵子さんは笑顔で語ります。

取材・文/ふじのあやこ

情報誌・スポーツ誌の出版社2社を経て、フリーのライター・編集者・ウェブデザイナーとなる。趣味はスポーツ観戦で、野球、アイスホッケー観戦などで全国を行脚している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP