新着記事

北斎が!フェルメールが!あの名画が買える『大人の逸品 美術館』が誕生

文/編集部サライ読者にはすっかりお馴染みであろう小学館の通販サービス『大人の逸品』のサイト内…

500マイルの極上ドライブ。スコットランド最大ルート“NC500”の5つの魅力

文・写真/石橋貴子(スコットランド在住ライター/海外書き人クラブ)“スコットランドが…

帆布ミニ縦型ショルダーバッグ|街歩きにいい小振りなショルダーバッグ

鞄の産地、兵庫県豊岡市の鞄ブランド「鸛帆布」から小振りなショルダーバッグが届いた。厚手の10…

てんぷらは東京の郷土料理【食いしん坊の作法 第11回】

文/山本益博「てんぷら」は語源からもわかるように外来の料理が次第に和食になっていた日…

LUMIX DC-FT7|どんな季節でも野外撮影を楽しめるタフなデジタルカメラ

文/編集部パナソニックから、アクティブな撮影を楽しめるタフ性能のコンパクトデジタルカメラ『L…

ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|フルーツティー

ホテルオークラ東京の開業以来、50年にわたり腕をふるった元総料理長のレシピ本『ホテルオークラ元総料理…

東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る! 〜『サライの江戸 江戸三百藩大名列伝』発売記念トークショー〜

好評発売中の「サライの江戸」シリーズ。その第3弾『江戸三百藩大名列伝』の発売を記念してトークショーが…

50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

暮らし

【娘のきもち】娘が回顧する父の背中「思春期は彼氏を優先してしまい…」~その1~

取材・文/ふじのあやこ

近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中で、娘たちは親に対してどのような感情を持ち、接していたのか。本連載では娘目線で家族の時間を振り返ってもらい、関係性の変化を探っていきます。

「反抗期というものが父親に対してはまったくありませんでした。珍しいタイプかもしれません」と語るのは、陵子さん(仮名・35歳)。彼女は現在、都内で編集の仕事をしています。胸元まであるストレートのロングヘアを後ろに一つに束ね、黒のTシャツにジーンズとラフな格好ながら、背筋がピンと伸びた姿勢の良さから、大人の品を感じます。カバンや財布、手帳などはブランド物の黒のレザーで統一されており、カバンの中もキチンと整理されています。

父親の趣味の影響で大好きになった野球

陵子さんは兵庫県出身で、両親と5歳上に兄がいる4人家族。父親はサラリーマン、母親もフルタイムの仕事をしており、小さい頃はカギっ子だったと言います。

「兄は私と5歳離れていたので、私が小学生の時には中学、高校に進学していて部活などで親と同じくらい遅くに帰ってきていたんです。だから、学校が終わって18時ごろまではずっと1人でした。でも、不思議と寂しいと思ったことはないんです。何をやっても怒られないボーナスタイムだと思っていましたね(笑)。

うちの母親は1本筋が入ったような性格の人で、悪いことをしたら手を出して怒るような人でした。手を出すといっても1度頭を叩くぐらいで、虐待を受けてはいませんよ! 昔は今よりもみんな叩かれることが普通だった気がしますよね」

陵子さんの家は母親のほうが年上でしっかりしており、家庭の財布などはすべて牛耳っていたのは母親だった。父親はちょっと頼りなかったもののいつも優しく、母親に怒られた後は父親が慰めにきてくれていたそう。

「一度習い事をサボっていたのがバレたことがあって、母親にめちゃくちゃ怒られたんです。ベランダに裸足で出されて、少し寒い時期だったし、暗いところが嫌いだったこともあり、ずっと泣いていたんです。そんな時に父親は母親がお風呂に入っている時にこっそり上着やサンダルを持ってきてくれたりしていました。母親が怖いから、決して中に入れてくれるわけではないところが今振り返ると少し面白いですけどね(笑)」

家族仲は良く、休みの日にはよく家族で出かけたりしていたとのこと。楽しくて記憶に残っているのは、甲子園でのプロ野球観戦だと、陵子さんは語ります。

「家から甲子園までは電車を乗り継いで1時間ぐらいの距離でした。うちの父親はガッチガチのタイガースファンで、当時父親が勤めていた会社では接待用として年間指定席を持っていたんです。その席は接待で使用しない時には社員に分配されていて、父親はよくチケットを持って帰ってきてくれていました。

甲子園に通い出した時は私はまだ小学校の低学年で、試合が終わるまで起きていられなかったんです。なので帰り道はいつも父親におんぶされて帰っていたみたいで、気がついたら布団で寝ていました。そんな大変な思いをするのに私が希望するといつも会社からチケットを持って帰ってきてくれていましたね」

関西を襲った未曾有の大地震。父親の姿がとても大きく見えた

父親は優しく、でもどこか頼りない。相談事があると率先して母親に話していたという陵子さん。そんな陵子さんの考えが180度変わった出来事が起こったそうです。

「関西を大地震が襲いました。私は当時小学生で、地震だと認識する前にブラウン管のテレビが背中に落ちてきて、激痛で目を覚ましました。しばらくは布団に入って動くことができず、地震が止まってからも停電していたので辺りは真っ暗で、何もできない状態でただただ泣くことしかできませんでした。

そんな中、『大丈夫か!』と父親の大声が聞こえてきたんです。食器棚や冷蔵庫なども倒れていて、地面はガラスが散らばっていたのに、倒れた棚を越えて安全を確認してきてくれました。追って母親の声もして、すごく安心した記憶が残っています」

そこから父親は家族を守るために率先して行動を起こすようになり、父親の姿は頼れる存在に変わっていきます。

「震災で一番ケガをしたのは父親だったんです。震災直後には倒れてきた鏡台で顔を切っていて、本人も明るくなって鏡を見た時に、顔が乾いた血で真っ赤になっていて、びっくりしたそうです。

そこから父親は道路が寸断されていたので、身動きが取れるようにとすぐに原付バイクを買って、食料を確保しに行ってくれたり、水も止まっていたので、何度も避難所に水をもらいに行ってくれたりとすごく頼もしかったです。震災で家族の絆は強固なものになったと思います。でも、反抗期、思春期を経て、嫌いじゃないのに、家族なのに何を喋ったらいいのかわからなくなっていったんです」

思春期に彼氏、友達を優先するような生活の中、親との距離感は徐々に掴めなくなっていき……。

~その2~に続きます。】

取材・文/ふじのあやこ

情報誌・スポーツ誌の出版社2社を経て、フリーのライター・編集者・ウェブデザイナーとなる。趣味はスポーツ観戦で、野球、アイスホッケー観戦などで全国を行脚している。
 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】病気の母親は娘の帰郷を喜んではくれなかった。大学中…
  2. 【娘のきもち】「お姉ちゃんでしょ」と厳しく躾けられた学生時代。い…
  3. 【娘のきもち】彼との同棲は言えなかったけど……いつも意思を尊重し…
  4. 【娘のきもち】母親を名前で呼ばない父。家事を一切手伝わない父。こ…
  5. 【娘のきもち】心配をかけたくない思いから病気のことを隠す父、そし…
PAGE TOP