新着記事

南部鉄器のごはん鍋|蓄熱性と気密性の高い鉄器で新米をおいしく炊き上げる

昭和50年(1975)、国から伝統工芸品第1号の指定を受けたのが、岩手県の南部鉄器だ。17世…

【娘のきもち】娘の離婚にも気丈に振る舞う父。辛い経験を過去のものにできたのは父の言葉だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】今まで放任だったのに、専門学校に進みたい私を許さなかった父。父親は会話が成立しない人なんだと認識した学生時代を過ごし~その1~

取材・文/ふじのあやこ 近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中…

ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか…

取材・文/池田充枝孤高の超A級スナイパーとして圧倒的な存在感を放つゴルゴ13。本名、…

5分でわかる!いまさら聞けない「年金制度」基本のキ

文/中村康宏日本の社会保障制度の中核をなす「医療」と「年金」。医療費増加が社会問題になる…

大音楽家バーンスタインの破天荒でカラフルな祈りの音楽を聴く【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)今年はレナード・バーンスタインの生誕100年である。20…

江戸城4代天守はなぜ再建されなかったのか|幻となった不遇の城をCGで再現

家綱の叔父・保科正之が天守無用論を唱えて中止3代将軍家光が没し、嫡男家綱…

純銀製の玉盃|酒を注ぐと球体の中に餅つきうさぎが浮かぶ盃

酒を注ぐと銀盃の真ん中に、レンズのような「玉」が浮かび上がる。玉の中には、餅つきをするうさぎ…

腰痛改善は「お尻」の筋肉から!簡単ストレッチを紹介【川口陽海の腰痛改善教室 第1回】

文/川口陽海人生で誰もが一度は悩まされるという腰痛。もしあなたがなかなか治ら…

缶詰そのままはもう古い|「サバ缶」ブームを支える新しい食べ方

サバの缶詰、通称「サバ缶」の人気がすごい。2年ほど前からサバの人気が高まり始め、同時に手軽で安く…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

なぜ夫と別れても妻は変わらず健康なのか?

文/鈴木拓也

「長寿につながるライフスタイルはなんであろうか?」――この長年の疑問を解くヒントが、アカデミズムの現場から続々と出ている。その中でも代表的な論文”Social Relationships and Mortality Risk: A Meta-analytic Review”によると、なんと、酒やたばこを控えるとか運動をするといった「健康的なライフスタイル」をしのいで「社会とのつながりの種類や量が多いライフスタイル」が、長寿をもたらす要因としてトップに君臨している。この結果には研究者らも驚いたという。

こうした研究結果をもとに、日本人の社会とのつながりと健康との関係を論じた読み物が5月に刊行されている。書名は、『なぜ夫と別れても妻は変わらず健康なのか』(ポプラ社)。

書名からして惹き込まれるが、これはシニア層の婚姻状況(未婚、既婚、死別、離婚)がその後の総死亡リスクにどう影響するかの調査結果を、一言で言い表したもの。

男性の場合、死別や離婚によって独身状態にあると、既婚者に比べて約1.3倍、約1.5倍に総死亡リスクが跳ね上がるが、女性は相手と死別・離婚しても総死亡リスクに変化は見られない。これは、男性は定年退職を機に社会的なつながりが一気に薄まって、妻を頼る傾向があるのに対し、女性は友人や地縁が比較的あり、夫との別れによる精神的ダメージを軽減できていることを示している。

本書の内容は、そうした夫婦の離別が健康リスクに与える影響にとどまらない。弱いつながりが、若手世代の就活の成功率とどう関係するか、フェイスブックによるつながりで健康になれるかなど、「つながり」と「健康」の相関関係を解きほぐす良書である。

もちろん、シニア層が直面するつながりの減少と対策についても、多くのページが割かれている。

周知のように日本は、WHOが「超高齢化社会」と定義するカテゴリの中でも世界一の高齢化率(約28%)。そして、社会的に孤立した高齢者の増加が社会問題となっている。

東京大学高齢社会総合研究機構で講師を務める著者の提示する処方箋は、「社会参加活動」に「自分から飛び込む」ことだという。社会参加活動の定義は、「家庭を超えた地域社会を基礎にして、同一の目的を有する人々が自主的に参加し、集団で行っている活動」とされ、著者は具体的に以下の活動を挙げている。

町内会・自治会、婦人会のように地域で活動するものもあれば、老人会のように全国に存在する組織、あるいは、商工会や同業者団体など仕事ベースの活動もあります。

俳句や写真などの趣味・教養のグループ、ウォーキングやヨガなどのスポーツや運動のグループ。旅行サークルのような活動をしているところもありますし、カルチャーセンターのような所で活動しているものもあります。

福祉や環境問題などに取り組むボランティア団体やNPO、政治団体や宗教団体、同窓会なども社会参加活動に含まれます。
(本書188~189pより引用)

「こうした多種多様な活動に参画することは高齢期の健康の維持・増進に大きなメリットを与えてくれます」と著者は力説する。それには、認知症発症や要介護のリスク抑制も含まれる。そして、かけがえのない生きがいを得られる可能性もある。

しかし、社会参加の機会は、今までどおりの日々を送っていて向こうからやってくるものではない。一歩踏み出して中に入る勇気は必要だ。これを億劫に思うかどうかで、シニアライフの充実度に雲泥の差が出るとも。

本書では、女性は60代から次第に幸福度が低下する点についても触れているが、その原因は、家でなにもせずにゴロゴロしている夫にあるという。こうなると、「老後をどう暮らそうが勝手」などと開き直ってはいられない。もしも、社会との接点がほとんどない生活を送っているなら、自分のためにも、奥さんのためにも、積極的に社会参加に打ってみるべきだろう。

【今日の健康に良い1冊】
『なぜ夫と別れても妻は変わらず健康なのか』
https://www.poplar.co.jp/book/search/result/archive/8201150.html
(村山洋史著、本体800円+税、ポプラ社)

文/鈴木拓也
2016年に札幌の翻訳会社役員を退任後、函館へ移住しフリーライター兼翻訳者となる。江戸時代の随筆と現代ミステリ小説をこよなく愛する、健康オタクにして旅好き。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 医学部教授が考案!長生きするための簡単みそレシピ3選
  2. 「年のせい」とほっといてはダメ!350万人以上がかかる病気、脊柱…
  3. あなたの「舌」は大丈夫?100歳まで生きるための舌トレーニング
  4. 人生の楽園はまだ先!40~50代の6割は定年後も働きたい
  5. 豚肉は健康のもと!83歳の医大名誉教授が教える「長寿式食べ方の習…
PAGE TOP