新着記事

高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキラー」の恐怖

取材・文/わたなべあや高血圧は、サイレントキラーの異名を持つ通り、これといった症状が…

【夕刊サライ/神取忍】自分の体で効果検証中! 最近はまった特製ドリンクとラドンガス吸入器(神取忍の健康・スポーツコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になっ…

知る人ぞ知るパンの名店!沖縄・宗像堂の天然酵母パン10選

文/編集部沖縄本島中部の宜野湾市にある『酵母パン 宗像堂』は、天然酵母パンづくりの先駆けとし…

【夕刊サライ/福澤朗】武夷岩茶を訪ねて(福澤朗の美味・料理コラム 第6回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

知られざる人気スポット!香港の離島「ラマ島」で過ごすのんびり休日

文・写真/りんみゆき(香港在住)香港(ホンコン)と聞くと、高層ビルが建ち並ぶ光景、またはショ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

なぜ夫と別れても妻は変わらず健康なのか?

文/鈴木拓也

「長寿につながるライフスタイルはなんであろうか?」――この長年の疑問を解くヒントが、アカデミズムの現場から続々と出ている。その中でも代表的な論文”Social Relationships and Mortality Risk: A Meta-analytic Review”によると、なんと、酒やたばこを控えるとか運動をするといった「健康的なライフスタイル」をしのいで「社会とのつながりの種類や量が多いライフスタイル」が、長寿をもたらす要因としてトップに君臨している。この結果には研究者らも驚いたという。

こうした研究結果をもとに、日本人の社会とのつながりと健康との関係を論じた読み物が5月に刊行されている。書名は、『なぜ夫と別れても妻は変わらず健康なのか』(ポプラ社)。

書名からして惹き込まれるが、これはシニア層の婚姻状況(未婚、既婚、死別、離婚)がその後の総死亡リスクにどう影響するかの調査結果を、一言で言い表したもの。

男性の場合、死別や離婚によって独身状態にあると、既婚者に比べて約1.3倍、約1.5倍に総死亡リスクが跳ね上がるが、女性は相手と死別・離婚しても総死亡リスクに変化は見られない。これは、男性は定年退職を機に社会的なつながりが一気に薄まって、妻を頼る傾向があるのに対し、女性は友人や地縁が比較的あり、夫との別れによる精神的ダメージを軽減できていることを示している。

本書の内容は、そうした夫婦の離別が健康リスクに与える影響にとどまらない。弱いつながりが、若手世代の就活の成功率とどう関係するか、フェイスブックによるつながりで健康になれるかなど、「つながり」と「健康」の相関関係を解きほぐす良書である。

もちろん、シニア層が直面するつながりの減少と対策についても、多くのページが割かれている。

周知のように日本は、WHOが「超高齢化社会」と定義するカテゴリの中でも世界一の高齢化率(約28%)。そして、社会的に孤立した高齢者の増加が社会問題となっている。

東京大学高齢社会総合研究機構で講師を務める著者の提示する処方箋は、「社会参加活動」に「自分から飛び込む」ことだという。社会参加活動の定義は、「家庭を超えた地域社会を基礎にして、同一の目的を有する人々が自主的に参加し、集団で行っている活動」とされ、著者は具体的に以下の活動を挙げている。

町内会・自治会、婦人会のように地域で活動するものもあれば、老人会のように全国に存在する組織、あるいは、商工会や同業者団体など仕事ベースの活動もあります。

俳句や写真などの趣味・教養のグループ、ウォーキングやヨガなどのスポーツや運動のグループ。旅行サークルのような活動をしているところもありますし、カルチャーセンターのような所で活動しているものもあります。

福祉や環境問題などに取り組むボランティア団体やNPO、政治団体や宗教団体、同窓会なども社会参加活動に含まれます。
(本書188~189pより引用)

「こうした多種多様な活動に参画することは高齢期の健康の維持・増進に大きなメリットを与えてくれます」と著者は力説する。それには、認知症発症や要介護のリスク抑制も含まれる。そして、かけがえのない生きがいを得られる可能性もある。

しかし、社会参加の機会は、今までどおりの日々を送っていて向こうからやってくるものではない。一歩踏み出して中に入る勇気は必要だ。これを億劫に思うかどうかで、シニアライフの充実度に雲泥の差が出るとも。

本書では、女性は60代から次第に幸福度が低下する点についても触れているが、その原因は、家でなにもせずにゴロゴロしている夫にあるという。こうなると、「老後をどう暮らそうが勝手」などと開き直ってはいられない。もしも、社会との接点がほとんどない生活を送っているなら、自分のためにも、奥さんのためにも、積極的に社会参加に打ってみるべきだろう。

【今日の健康に良い1冊】
『なぜ夫と別れても妻は変わらず健康なのか』
https://www.poplar.co.jp/book/search/result/archive/8201150.html
(村山洋史著、本体800円+税、ポプラ社)

文/鈴木拓也
2016年に札幌の翻訳会社役員を退任後、函館へ移住しフリーライター兼翻訳者となる。江戸時代の随筆と現代ミステリ小説をこよなく愛する、健康オタクにして旅好き。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. あなたの猫は大丈夫?高齢シニア猫の「老い支度」に欠かせないこと
  2. えっバナナ豆乳ウイスキー!? 誰も知らない面白ウイスキーレシピ4…
  3. 金剛院住職の「お寺ごはん」日々の食から“氣づき”を得るカフェ
  4. 迷えるオヤジ世代こそ知っときたい最低限の「着こなしルール」とは?…
  5. 元国税調査官が教える「やってはいけない老後対策」とは
PAGE TOP