新着記事

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

明智光秀謀反の陰に病あり??

明智光秀謀反の陰に病あり??|現役医師が「光秀のカルテ」を作る!

腰痛・坐骨神経痛を解消!腰やお尻の痛みを治す“殿筋ストレッチ”!

腰痛・坐骨神経痛を解消!腰やお尻の痛みを治す“殿筋ストレッチ”!【川口陽海の腰痛改善教室 第33回】

『麒麟がくる』では、日本の特殊メイクの第一人者が参加している。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】布からラテックスに 4K大河『麒麟がくる』かつらの進化が止まらない

ポータブル蓄電池|自然災害による停電に備える 電気を備蓄する大容量蓄電池

葛飾応為「吉原格子先之図」太田記念美術館蔵

この世に一枚の肉筆浮世絵の名品が勢ぞろい【肉筆浮世絵名品展 ―歌麿・北斎・応為】

圧巻のコショウコーナー。何とも言えない爽やかな香りがショップ内に立ち込めて居心地がいい。皆ここでしばし足をとめて、真剣な面持ちでボックス内をのぞき込む。

料理好きがふらり集う、ドイツグルメ王監修のスパイスショップ「シューベック」(ミュンヘン)

【義家族との間】8歳上の嫁は「出産タイムリミット」数年扱い。悪意のない過度な期待が一番辛い~その2~

【義家族との間】8歳上の嫁は「出産タイムリミット」数年扱い。悪意のない過度な期待が一番辛い~その1~

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

会話が認知症予防に良いとされる3つの理由

何気ないおしゃべりをしたとき、心が晴れて気分が良くなったと感じたことはありませんか。このおしゃべりは脳にとってもよい作用があるようなのです。

今回は、認知症予防のためのおしゃべりの効果について、脳と薬を専門とし、認知症治療薬の研究を続ける薬学博士の阿部和穂さん(武蔵野大学薬学部教授)の著書『認知症 いま本当に知りたいこと101』(武蔵野大学出版会)からご紹介します。

「なつかしい物や映像を見て思い出を語り合う“回想法”は、薬を使わない認知症治療法の一つです。会話は認知症予防になります」とする阿部先生。それには3つ理由があります。

■会話が認知症予防に良いとされる3つの理由

(1)会話は脳の多くの部分を使うから

第一の理由は、人は会話をするときは、脳をたくさん使い、それが脳自体の刺激になるということです。

「私たちが、伝えたいことを言葉に置き換えて表現するためには、大脳新皮質前頭葉の下方に位置する“ブローカ野”という脳領域が働き、聞いた言葉を理解するためには、大脳新皮質側頭葉の上後方にある“ウェルニッケ野”という脳領域が働きます。これらの言語中枢は、左の脳にありますが、このときに右の脳も一緒に働き、話すときに抑揚をつけて感情をこめたり、相手の話し言葉の抑揚から感情を読み取ったりします」(本書より)

さらに、会話をするときには、口や舌を動かすために前頭葉の運動野が働きますし、人の話を聞くためには、側頭葉の聴覚野も働きます。

記憶に関わる海馬も働きますし、いろいろ考えたりする過程で前頭前野も働きます。感情や感覚も刺激されます。

会話はまさに脳をフル回転する作業と言えるのです。

(2)会話がストレス解消になるから

第二に、会話はストレス解消になるのです。

「“嫌なことがあっても、誰かに話してしまうとスッキリした!”という経験が、皆さんにもあることでしょう。ストレスがたまると脳の神経細胞がダメージを受けて、認知症になりやすくなります」(本書より)

(3)信頼関係が心を安定させるから

第三に他者との関係が出来上がりやすいことが挙げられます。

「会話を通して、自分の気持ちを相手に伝え、また人の気持ちを理解することができれば、他の人の信頼関係を築けるようになります。家族や周囲の人と信頼関係を築けている人は、もし認知症を発症してしまったとしても、心が落ち着き、症状の進行も緩やかにすることができるのではないでしょうか」(本書より)

■将棋は認知症予防になる?

藤井聡太四段の連勝記録で、話題に事欠かない将棋。阿部先生は「囲碁、将棋、麻雀などのゲームは、思考力、注意力、集中力を必要とし、脳によい刺激となります。認知症予防に有効だと証明されているわけではありませんが、私はおススメしたいと思います」と綴っています。

介護施設などで、「認知症にかかった方がどのような職業についていたか?」を調査したところ、「作曲家、演奏家、画家、彫刻家、小説家など、何かを創造し、表現することを職業としていた人々は、認知症になる割合が少ない」というデータも出ているとか。

「ご本人が“面白い” “楽しい”と感じていることが重要。認知症の初期では最近の記憶が困難になったとしても、昔の記憶や一旦身につけた技能などは失われませんから、好きな趣味を続けることができます。無趣味な人よりも趣味があったほうが脳が衰えにくく、認知症になっても進行しにくいのではないでしょうか」(本書より)

■記憶障害を予防するにはどうすればいい?

さて、この記憶障害を防ぐにはどうしたら良いのでしょう。それには海馬の衰えを防ぐことです。

「海馬を積極的に鍛えるためには、いろいろなところに出かけることをオススメします。海馬は記憶に関係するだけでなく、空間認知にも関わっています。私たちは、自分のいる場所や空間を把握したり、目的地に達するための道順を頭に描いたりするときにも、海馬を使っています。

つまり、私たちは移動するたびに、海馬を使っているのです。場所、空間の情報をたくさん使う人ほど海馬が発達しているというデータもあります」(本書より)

車の運転は年々難しくなりますが、街を散歩するなど、積極的に外に出かければいいそう。また見知らぬ土地を訪ねて楽しめる旅行もいいでしょう。

頭の中で空間や場所の情報を処理しようとするだけでも、海馬を働かせることができるそうです。

*  *  *

以上、会話が認知症予防に良いとされる3つの理由について、武蔵野大学薬学部教授・阿部和穂さんの著書『認知症 いま本当に知りたいこと101』よりご紹介しました。

認知症の予防のために積極的におしゃべりして心の交流をすること、自分が楽しいと思う趣味をすること、そして旅行で空間認知を鍛えること、この3つが日常生活での認知症予防の鍵と言えそうです。

【参考書籍】
『認知症 いま本当に知りたいこと101』
(阿部和穂・著/
 野田節美 ・イラスト、 本体1500円+税 武蔵野大学出版会)
https://goo.gl/h3vGuC

文/庄司真紀

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. プレシニア(40代後半~50代)が考える定年後の働き方
  2. 「老後の生活や年金」「台風・豪雨・洪水」「あおり運転」|令和元年…
  3. 60代以上の二人暮らしのシニア夫婦、毎日夕食を一緒に食べる夫婦は70%超 60代以上の二人暮らしのシニア夫婦、毎日夕食を一緒に食べる夫婦は…
  4. 認知症の高齢者の増加とともに深刻化しているゴミ屋敷問題! 最悪の事態を招く前にすべき対策とは… 認知症の高齢者の増加とともに深刻化している「ゴミ屋敷」問題|対処…
  5. 「もしかしてウチの親は認知症?」と思ったときにとるべき対策とは?|『親の認知症に気づいたら読む本』 「もしかしてウチの親は認知症?」と思ったら、まず最初にすべきこと…
PAGE TOP