新着記事

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

なんとそんな効果も!あなたが知らないビタミンCの7つの働き

文/緒方文大昨今の「アンチエイジングブーム」により、老化を防ぐ作用のある「抗酸化物質…

古い家と蔵が居並ぶ栃木市「嘉右衛門町」を逍遙する【日本の古い街並み紀行 第3回】

写真・文/石津祐介栃木県の南部、埼玉県と群馬県の県境に位置する栃木市は、江戸時代には…

歌聖・柿本人麿像から和歌と古筆の世界へ誘う《人麿影供900年 歌仙と古筆》展

取材・文/池田充枝宮廷文化の雅を代表する和歌の世界。三十一文字に託された表現美とその情趣は、…

綿麻楊柳の作務衣|風通しよく涼しく着られる夏の万能着

庭仕事などの屋外作業から、室内でのリラックス着まで、作務衣の人気は相変わらず高い。そこで、夏…

大阪の名門・北野高校の青春食堂は「下町甘味の両雄」【名門校のご近所食堂 第8回】

文/鈴木隆祐北野高校のある十三は、大阪中で愛される「下町甘味の両雄」が相並ぶ街…

富山県・魚津の町で魚三昧!訪ねて行きたい魚市場見学と美味処3軒

取材・文/関屋淳子富山県東部、富山湾に面する魚津市(うおづし)は古来、魚の産地としてその…

新発見の史料で判明!初代江戸城は「日本最強の要塞」だった

新発見の『江戸始図(えどはじめず)』から、徳川家康が築城した初代江戸城の実像が浮かび上がった。それは…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

残された時間は何をする?人生後半を輝かせるための3つの質問

年を重ねるにつれ、人生での後悔や、残りの時間をどう生きていくべきかが頭をよぎるのは、サライ世代共通の悩みかもしれません。

「今日1日を大切に過ごすことで人生は変わっていく」と語るのは、これまで20年以上も人生の最終段階の医療に携わり、数多くの人を看取ったホスピス医師・小澤竹俊先生です。

今回はそんな小澤先生の『2800人を看取った医師が教える人生の意味が見つかるノート』(アスコム刊)から、後半の人生を輝かせるための3つの質問をご紹介しましょう。

質問に対する答えは短くても構いません。回答を考えるだけでも、人生に肯定的になったり、何らかの発見があるかもしれません。

【Q1】最近、身近な風景や自然に心を動かされたことはありますか?

健康な時は、仕事や家事、趣味、人間関係など様々なことに追われて生きがちな私たち。同じような毎日の暮らしの中で、「何のために生きているんだろう」と思ってしまうこともあるでしょう。

でも小澤先生はこう語ります。

「私たちは自然の恵みをうけてこの世界に生きています。苦しみを抱えたとき、人生の意味がわからなくなったとき、身の回りの自然に目を向けてみましょう。

老年期には大切な人を失って、『自分なんて生きていても仕方ない』といった気分になってしまうこともあります。それでも自然の美しさや豊かさに触れることで、抱えていた悩みが小さく感じられ、人生の見え方は少しずつ変わってくるはずです」(小澤先生、本書より)。

【Q2】今日が人生最後の日だとしたら、どんな自分でいたいですか?

謙虚であること、遠慮すること、我慢することは、それぞれ異なります。この3つを混同させないことが後悔なく生きる秘訣と、小澤先生は説きます。

「感謝する気持ちは謙虚さから生まれます。謙虚さは心穏やかに生きていく上で必要ですが、遠慮や我慢をしすぎると苦しみに押しつぶされたり、大切なものを失ったりすることがあります」(本書より)

「仕事だから」「みんな頑張っているから」と休まない人や、「申し訳ないから」と公的な援助に頼れない人など、健康な人でも限界を超える遠慮や我慢をしてしまう人はたくさんいますが、穏やかに幸せに生きるために、そしてこの世を去る最後の瞬間に後悔を残さないために、ときにはそれらを手放すことも必要です。

【Q3】亡くなった家族や友人は、今、あなたにどんな言葉をかけてくれるでしょうか?

何かを相談して決めるというのは、あとあと後悔しないためにも重要です。

「悩んだときは一人で抱え込まず、信頼できる人に相談してみることです。生きている人でも亡くなった人でも、自然でも神様でも構いません。1人ではないと感じることができ、後悔することが少なくなります。また思いもよらなかった答えが導き出されることもあります」(本書より)

一人だけが責任を持って決めると、どちらを選んでもその人は必ず後悔することになります。誰かに相談することでより良い選択ができるようになり、後悔は少なくなるはず。

あなたの相談相手は誰ですか? 相談相手がいなければ、「亡くなったあの人なら、どうするか」と問いかけてみましょう。

*  *  *

以上、今回は『2800人を看取った医師が教える人生の意味が見つかるノート』(アスコム刊)から、人生後半を輝かせるための3つの質問をご紹介しましょう。

毎日ハリがない、忙しすぎる、仕事を辞めて生きがいがない、生きる上での決断や方向性に迷った時は、ご紹介した問いかけを思い出してみてください。

【参考書籍】
『2800人を看取った医師が教える人生の意味が見つかるノート』
(小澤竹俊著、価格:1000円+税、アスコム)

http://www.ascom-inc.jp/books/detail/978-4-7762-0933-1.html

文/庄司真紀

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. なんとそんな効果も!あなたが知らないビタミンCの7つの働き
  2. 異様な細胞「がん細胞」その8つの特異的なふるまいとは
  3. がんは生活習慣病!発病リスクを下げる生活上の心得とは
  4. あなたの発病リスクは?医師が教える「遺伝子検査」でわかること
  5. なぜお金持ちは長生きする?健康と経済の共通点から導く「健康長寿の…
PAGE TOP