新着記事

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

綿麻三重織ケット|軽く柔らかな肌掛けで寝苦しい夜も快適に

快眠は、快適な寝具があってこそ。ことに寝苦しい夏場は、寝具の持つ役割が大きくなる。こ…

夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.25】

◎No.25:夏目漱石の剃刀文/矢島裕紀彦ロンドンの夏目漱石は、計5回の宿替…

予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?

文/中村康宏がんは日本人の死因トップで、3人に1人はがんで死にます。つまり、あなたの…

夫婦から息子へと受け継がれた「マツダ ロードスター」ある家族の物語

高知県南国市。田畑が広がる緑豊かな住宅地に松村一亀(かつき)・倫子(のりこ)さん夫妻の自宅はある。ガ…

墨汁も半紙も使わない水筆書道|乾けば何度でも使える水筆用の書道セット

水と筆があれば、墨汁を使わなくても書道の練習ができるセット。半紙の代わりに使うのは「水写布」…

インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)米CNNが「2018年に訪れるべき18の場所」の1つに選…

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

定年後の生活リセット術を実践指南!『定年男のための老前整理』【印南敦史の定年本イッキ読み8】

文/印南敦史

定年を迎えてからというもの、自分の家にいるだけなのに、居心地が悪く感じたり、居場所がないような気がする――。そんな方は決して少なくないはずだ。また、なにかをしたいという気持ちはあるのに、なにをしていいのかがわからないという人もいるかもしれない。

そんな男性には、ぜひとも「老前整理」をしていただきたいと主張するのは、『定年男のための老前整理』(坂岡洋子著、徳間書店)の著者、板岡洋子さんである。

しかし、そもそも老前整理とはなんなのか? この点について著者は、「人生の節目を迎えたときに頭と心の整理とともにモノの整理をすれば、次の暮らしが見えてくる、というもの」だと答えている。

感覚的には、少し前に流行った「断捨離」に近いかもしれない。しかし違うのは、定年という節目に、残りの人生を見なおすことを目的にしている点だ。

ところで著者が老前整理の必要性を感じたことには、大きな理由があるのだそうだ。老前整理を提唱する「老前整理コンサルタント」として著者の原点、つまり在宅介護の現場にいたことがきっかけだったというのだ。

きっかけは、体の自由が利かなくなっているにもかかわらず、モノにあふれて生活している“要介護”の人たちと多く接してきたこと。その結果、「気力・体力ともに充実しているうち、すなわち老いる前に、きちんと整理することが大切なのだ」という考えに至ったというのである。

たしかに、そのとおりかもしれない。体も動かせないのに、使わないモノにただ囲まれているだけの状態は、どう考えても不健全だ。しかし整理が目的になるのであれば、「なにをしていいのかがわからない」という状態からも脱却することができるだろう。理屈ではなく、「やってみる」ことが大切なのかもしれない。

ただし、著者のいう「モノを減らす」とは、テクニックの問題ではない。「小物を活用して効率的にモノを詰め込む」というようなことではなく、考え方なのだ。

しかも重要なのは、自分が納得して手放すこと。誰かにいわれたからそうするのではなく、これから充実した人生を送っていくうえで、「果たしてそれはどうしても必要なモノなのか」を、自分でしっかり判断していくことが大切だということだ。

つまり、本書のいう「生前整理」は、必ずしもモノだけの話ではないのだ。自分自身のなかで「これからどのように生きるべきか」「どのように生きたいか」が明確にならない限り、「必要かどうか」の取捨選択ができないということ。今後の人生を見つけていくこと、それ自体が老前整理なのである。

もちろん、「そういわれても、自分がなにをやりたいかなんて、すぐにわかるものじゃないよ」と反論したくなっても不思議はない。しかし、それでいいのだ。なぜなら著者もいうように、突然、まるで悟りを開いたかのように道が決まるわけではないのだから。

目に映るモノひとつひとつと向き合い、「必要なのか、不要なのか」を判断していく。そんな作業を繰り返していくうちに、自分のやりたいこと、やり残したこと、希望する暮らしなどがおのずと明確になってくるというのである。

しかし、それでも「どうしても捨てられない」というような壁にはぶち当たってしまうことはあるのではないだろうか?

著者によればその原因は、「いつか使えるかもしれない」「やはりもったいない」「後から『捨てなければよかった』と後悔しそうだ」「なおせばまた使える」といったようなこと。しかし、それらがどれも現実的でないことは、誰の目にも明らかだ。

だが、それでも判断に迷ってしまうことはあるものである。そんなときには、決断力を養うために5W1H、つまり「What(なに)、Why(なぜ)、When(いつ)、Where(どこで)、Who(誰が)、How(どのように)」による問いを投げかける習慣をつけるべきだと著者はいう。

【What】 これは、なに? (洋服? 時計? 実際に使っている?)
【Why】 なぜ、取っておくの? (便利? 素敵に見える? どうしてこれが必要なの?)
【When】 いつ、必要なの? (着るの? 使うの? “いつか”はいつ?)
【Who】 誰が、使うの? (私が? 家族が? 誰が使うの?)
【How much】 いくらしたの? (高かった? 安かった? いまの価格は? 価値はあるの?)

以上の5W1Hで自問自答すれば、自分自身とモノの関係が明確になっていき、要・不要の判断もつきやすくなるということだ。

*  *  *

本書が提案する老前整理は決して難しいものではない。それどころか自分の考え方や好みを反映させやすいだけに、老後の取り組みとしても最適である。結果的に、好奇心を刺激させられることにもなるだろう。老前整理、なかなか侮りがたい。

【今回の定年本】
『定年男のための老前整理』
(坂岡洋子著、徳間書店)
http://www.tokuma.jp/bookinfo/9784198637545

文/印南敦史
作家、書評家、編集者。株式会社アンビエンス代表取締役。1962年東京生まれ。音楽雑誌の編集長を経て独立。複数のウェブ媒体で書評欄を担当。雑誌「ダ・ヴィンチ」の連載「七人のブックウォッチャー」にも参加。著書に『遅読家のための読書術』(ダイヤモンド社)『プロ書評家が教える 伝わる文章を書く技術』(KADOKAWA)『世界一やさしい読書習慣定着メソッド』(大和書房)などがある。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 元国税調査官が教える「やってはいけない老後対策」とは
  2. オレを認めて臭、根性臭…「加齢臭」がする話し方とは?
  3. 大人同士だからこそ叶う「晩婚/シニア婚」の素晴らしい点3つ
  4. W杯史に残る快挙!日本サッカーの転機「ベルリンの奇跡」とは
  5. 『終わった人』中途半端なプライドが生んだ醜すぎる定年男の物語【印…
PAGE TOP