新着記事

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

画像では見えませんが、ブレーキにはポルシェ用のブレーキポッドとローターが奢られています

【私のクルマ遍歴】スカイラインとカローラレビンを売却し、ついに出会った、BMW『E36』の高性能チューニングカー『M3』(後編)

程度の悪さのおかげで、遠慮することなく未舗装路も走れたそう

【私のクルマ遍歴】“ダルマセリカ”から始まり、カローラレビンにチェイサー。トヨタエンジンの気持ちよさにこだわった青年期(前編)

洗剤

「風呂の残り湯は使わない」「毎日洗濯しない」|令和時代の洗い方

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

新居で心機一転!意外と多い「引退後に引っ越し」したくなる6つの理由

引退を機に心機一転、引っ越しを考えているという方は多いはず。緑の多い場所に移り住んだり、思い切って海外という手も。

アメリカでの調査では、引退者の64%が「今後最低1回は引っ越すだろう」と答えているそうです。そして引退後の引っ越しは動機も様々です。

そこで今回は、米国カリフォルニア州立大学・心理学部教授のケネス・S・シュルツ氏監修の『リアイアの心理学 定年の後をしあわせに生きる』(日経ナショナル ジオグラフィック社)を参考に、引退後に引っ越しを決意させる6つの理由についてご紹介します。あなたにもあてはまりそうなこと、ありませんか?

■1:子供たちが出ていったから

子供の学校や教育環境のために住まいを決めていた人は、子供たちが独立したらその土地にいる理由もなくなります。また子供用に大きな家に住む必要がなくなり、家の住み替えも視野に入ってくるでしょう。

■2:いまの家を売って現金にしたいから

引退後の収入減に備えて現金を持っておきたい人には、家の売却も選択肢の一つ。土地が高騰している地域では、家を売却して資産を増やすことができますし、物価の安い地域に移ることで生活費を抑えることができます。

■3:結婚あるいは離婚したから

以前のパートナーと一生住むことを考えて選んだ住宅や街。結婚、離婚をした場合、転居するのは妥当な選択といえるでしょう。精神的にも新しい人生を始めやすくなります。

■4:健康状態が変わったから

暖かいところで体を緩めたい、空気の綺麗なところで病気を治療したいというのは、切実な動機になります。引っ越し先を決める際は、温暖な地域であれば、夏は暑すぎないか、地方の暮らしは災害や洪水などの心配はないか、など細かな点も確かめましょう。

■5:住宅関連の出費を抑えたいから

庭の手入れや家の修繕など住宅は何かと維持費がかさみます。賃貸にしたり、もっと手狭で自分で手入れできる範囲の家に住み変えるのは、長い引退後を生きる上で重要な分かれ道になるはずです。

■6:家族の近くに移りたいから

家族が近くにいることで、助け合い生活を豊かにすることができます。子供夫婦が働く街に移り住んだり、二世帯住居にして生活費、住居費を削減することも可能です。

* * *

以上、引退後に引っ越しを決意させる6つの主な理由をご紹介しました。

もし健康上の理由などで引っ越すなら、どんなに魅力的でも家族や友人が気軽に来られないところは選ばないようにしましょう。時間や利便性の低いところは結局足が遠のき、景勝地でも孤独に陥るだけです。

引っ越しはこれまで慣れ親しんだ場所を手放すわけですから、不都合もあります。しかし、漠然と考えているだけでは決断を下すことはできません。転居費用、税金面、住んだ場合に起こることを想定することから始め、短期間、賃貸で暮らしてみるのもオススメです。

身軽になった利点を生かして、最良の決断をしたいですね。

【参考文献】
『リタイアの心理学 定年の後をしあわせに生きる
(S・シュルツ監修、藤井留美 訳、定価 2,800円+税、日経ナショナル ジオグラフィック社)
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/product/16/010500050/

51pWKAn29qL._SX415_BO1,204,203,200_

文/庄司真紀

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 働く女性の約4割が「保有資産なし」、日本はおばあちゃん大国時代に突入!女性 たちは定年後をどう生きる? 働く女性の約4割が「保有資産なし」|女性たちは定年後をどう生きる…
  2. 人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策 今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000…
  3. 人生の節目で人とモノとの関係を考える『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』 「断捨離」の生みの親が考える「人生100年時代」のシンプルな生き…
  4. 『定年後は「写真」に凝って仲間をつくろう』 「とにかく撮ってみる」から始めよう!|『定年後は「写真」に凝って…
  5. 定年後を独立独歩で生きるための指針|『60歳の壁 定年制を打ち破れ』 定年後は独立独歩の仕事で生きる|『60歳の壁 定年制を打ち破れ』…
PAGE TOP