新着記事

鶏肉とじゃがいものローズマリーグリル

【管理栄養士が教える減塩レシピ】春だけじゃない!秋も旬のじゃがいもを使った料理2品

副業

年収800万円以上のビジネスマンの約2割が副業している!|副業での年収は「100万円以上~499万円以下」が最多

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(11/18~11/24)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(11/18~11/24)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(11/18~11/24)牡羊座~蟹座編

【ビジネスの極意】「報連相」「CC文化」が招く弊害

【ビジネスの極意】「報連相」「CC文化」が招く弊害

マスクディスペンサー60|マスクを1枚ずつ取り出せる専用収納箱

岐阜県内(美濃国)には明智光秀伝承が数多く残る。写真は恵那市千畳敷公園内にある「明智光秀産湯の井戸」。

【今から待てない『麒麟がくる』!】大河ドラマファンの編集者が明智光秀が主人公の『麒麟がくる』に期待する理由を語り尽くす Part1

【夫婦の距離】妻孝行のつもりは夫だけ。「旅行は女友達と」が妻の本音~その2~

【夫婦の距離】妻孝行のつもりは夫だけ。「旅行は女友達と」が妻の本音~その2~

【夫婦の距離】妻孝行のつもりは夫だけ。「旅行は女友達と」が妻の本音~その1~

【夫婦の距離】妻孝行のつもりは夫だけ。「旅行は女友達と」が妻の本音~その1~

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  2. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  3. 写真手前が「ラム串五本セット」1000円。レバー、ショルダー、ランプ、ネックの炭火串焼き。左上「よだれラム」800円。羊のすね肉をロール状にして麻マー辣ラーのタレに漬ける。“赤の泡”と好相性。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

引退後に不安を感じるのは当然!不安解消のためすぐできる5つの方法

生き方の調整を迫られる引退。それまでの人生を形作ってきた社会的構造から、未経験の領域に足を踏み出すのですから、不安を感じて当然です。

リタイア後の生活を順調に繰り出すためにも、この不安に振り回されないようにするのが得策。そこで今回は米国カリフォルニア州立大学・心理学部教授のケネス・S・シュルツ氏監修の『リアイアの心理学 定年の後をしあわせに生きる』(日経ナショナル ジオグラフィック社)を参考に、不安解消のためにすぐできる5つのことをお伝えしていきましょう。

■1:何が心配なのかをひとつずつあげてみる

不安は未知のものへの恐怖から生まれます。不安な気持ちに襲われたら、ひとまず何が心配なのか1つずつ挙げてみましょう。

心配な要素を明確化させることで、漠然とした不安な感情にのみこまれずに、問題に対処することに気持ちが向かいます。

■2:財政状況を洗い出してみる

老後の資金繰りが不安という人は、具体的な事項を書き出してみます。プロの手を借りて財政状況を洗い出してみることも一案。

今の状況をまず把握することで、自分でコントロールすべき対象がわかり、心の落ち着きを取り戻せるはずです。

■3:カフェインを遠ざける

不安を抑えるには摂取を避けたいものがあります。その一つがカフェイン。刺激性があるので、不安なときは、鎮静させたい体内システムの働きをかえって加速させ、不安度を高めてしまいます。

■4:運動する

運動することで脳内物質エンドルフィンの分泌が促進され、心身の乱れが整ってきます。定期的に運動する人は不安障害になるリスクが25%少ないという研究結果もあります。

ハードな運動ではなく、中程度の心地よく汗をかく運動がおすすめです。

■5:人と接触する

米ノースカロライナ大学の研究では、愛する人と手を握ったり、抱き合ったりすると心拍数と血圧が目に見えて低下するという結果も。

人は社会的な動物なので、誰かと一緒にいると心が落ち着き、不安が解消されてゆきます。引退を機に、家族関係や夫婦の絆を見直してみると良いでしょう。

*  *  *

以上、リタイア後の不安解消のためにできることを5つご紹介しました。

不安によるストレスの強さによっても、対処法は変わってきます。「時々不安になる」というなら上記の5つを試してみましょう。時間がたてば自然に解消されてきます。

しかし不安障害という状態は、専門家の治療が必要になります。不安が高じて生活の質が落ちていると感じたら、専門家の助けを借りること。

不安の克服には時間がかかります。お金を使う、アルコールに頼るといった、その場しのぎの解決策ではなく、長い目で取り組みながら、安定した精神状態で新しい生活を切り開きましょう。

【参考文献】
『リタイアの心理学 定年の後をしあわせに生きる
(S・シュルツ監修、藤井留美 訳、定価 2,800円+税、日経ナショナル ジオグラフィック社)
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/product/16/010500050/

51pWKAn29qL._SX415_BO1,204,203,200_

文/庄司真紀

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. https://serai.jp/wp-admin/post.php?post=381371&action=edit 脱サラをしてバーを開業した男性の成功例|さらば! サラリーマン …
  2. 人生の大きな節目「定年」の支えに|『100年後まで残したい 日本人のすごい名言』 「初心忘るべからず」の本当の意味、知っていますか?|人生の大きな…
  3. 生活は口のなかに表れる|『口がきれいだと、健康で長生きできる』 唾液が少ない人は要注意!口がきれいでない人は、長生きできない
  4. 定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』 定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方
  5. 働く女性の約4割が「保有資産なし」、日本はおばあちゃん大国時代に突入!女性 たちは定年後をどう生きる? 働く女性の約4割が「保有資産なし」|女性たちは定年後をどう生きる…
PAGE TOP